旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



今日の野外活動、白鳥山(1286.9m) -2014.6.11(水)

白鳥山頂小屋に至る -2014.6.11(水)
                                   白鳥山山頂小屋に至る  2014.6.11(水)

今日は富山新潟県境で栂海新道上に位置する白鳥山を歩いてきました。 おっさん一人じゃ寂しかろうと、同行してくれた情けある岳人は金沢のF本女史。 アプローチ僕よりずっとずっと長いのにつき合ってくれてさんきゅう。 写真日記的に備忘録です。

シキ割り先、一部ですがまだ夏道に残雪あり。 スリップと踏み抜き要注意。
シキ割りから上は夏道一部残雪あり -2014.6.11(水)

金時の頭から山頂方面
金時の頭から山頂拝む -2014.6.11(水)


村山治夫氏終焉の地で手を合わせ山頂へ。
山頂小屋までこんな近い所で、、、と自然の厳しさ改めて思い知る。 そして心感涙。


変わらずさっぱり小奇麗な山頂小屋2階
変わらずさっぱり小奇麗な山頂小屋2階 -2014.6.11

下山し、熱っつい湯に入りたかったので久々小川温泉へ。 
ちっちゃな車の助手席で主人を待つ大っきなわんちゃんかわいかったです(#^.^#)
ご主人待つわんちゃん -2014.6.11


梅雨に入ってることに加えどうも不順な天候続く中、下山時ほんのしばらく小雨に降られましたが、雨具をつけることはなかったです。 そして、同行者比較的無口な人なので、山中に静かに身を置き山と向き合う事ができました。 男も女もそうでしょうが、話しをうんうんって黙って聞いてくれる人ってうれしいものです。 F本女史には感謝申し上げます。 改めてありがとうございました。 


で、帰り蛭谷の北山さんちで買ってきた厚揚げで酔いを漂うわけであります(#^.^#)
北山さんちの厚揚げ -2014.6.11(水)
喉越しの良いとても品のある逸品です。



この記事に対するコメント

昨年で毛虫嫌いになった当人。
なんだか今年は沢山居ませんか?
怖くて木々生い茂るところに行けないんです。
早く育って「蛾」になってくれないかなぁ~です。

白鳥・・・、1回行きたいなぁ~・・・。
【2014/06/11 18:01】 URL | 雪舞幹事長 #puV7Bxxc [ 編集]


♪雪舞ちゃん
今年多いのかどうなのか僕は分かりませんが、
自然の中に非自然的な人間が入って行くんだから、そりゃ我慢しなきゃ。
白鳥山、響きほど派手さのない一山ですが四季折々良いフィールドです。

【2014/06/11 18:27】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


幹事長の言ってるのはチャドクガでしょう。
あれは本当に厄介です、やられたら半月はひどい目にあいます。
KNBでやってる旬景富山の浜谷さんも番組でひどいと言ってました。
普通は民家の庭の椿に多いんですが山にもいるようです、私も一度家の庭でやられました。
ところでF本女史ってあのマニュアルの車に乗ってる人でしょうか?
【2014/06/11 20:48】 URL | 山の歌 #EExJr7xM [ 編集]


♪山の歌さん
雪舞ちゃんの言ってるのきっとそうでしょう。そして備えあれば、ですね。
F本女史以前、マニュアル,ブルーのミニクーパーでした(^^)

【2014/06/12 05:54】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/986-dc8c7c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)