旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



今日の野外活動、大汝山(3015m) -2014.5.19(月)

大汝山から別山、剱岳方面 -2014.5.19(月)
                    大汝山(標高3015m)山頂より別山、剱岳方面   2014.5.19(月)

今日は休み回りに天気バッチグーということで、今シーズンまだ立山に行ってなかったこともあり雄山神社詣でに出かけました。 敢えて板は持たずに。 初詣でののち富山県最高峰である大汝山標高3015mまで。  

ピッケル片手にアイゼンつけサクサク時折カツカツ音鳴らしの雪面登行に、雷鳥の声。 あー立山だな~と感じました。 そしてや~にゃんとも良い天気(快晴ほぼ無風)で天空夢心地散歩、2ヶ月ぶりの山は静かで大いなるオーラを持って迎え入れてくれました。 これだから山はやめられませんのよ、おほほ(*^_^*) 

登行時一ノ越で一本立ててたらあらま、みくりがいけ温泉のみさきちゃんがやってきた。 休憩中に山崎カ~ル滑りに来たとのこと。 で雄山山頂まで一緒に。 三ノ越からは雪をまとった富士山も見えていました。
三ノ越からの富士山 -2014.5.19

雄山山頂、みさきちゃんと -2014.5.19(月)

彼女が山頂真裏からドロップ、急斜面滑ってくのを見ながら僕は富山県の最高峰大汝山へ。 ん~いいね~やっぱ山は、取分け雪山は。 眼下には黒部ダムもはっきり見えていました。
大汝山、山頂にて -2014.5.19(月)
大汝から黒部湖 -2014.5.19(月)

大汝山からの今日の雄山山頂方面
大汝山から雄山 -2014.5.19(月)

下山しみくりで一休み。 道中前後しこの日みくりで連泊という東京の三倉氏にみさきちゃんとしばし山談義。 三倉さんそしてみさきちゃんにはゴチになりました、ありがとうございました。
三倉さんみさきちゃんと。みくりがいけ温泉にて -2014.5.19(月)
みくりのピザ -2014.5.19
みくりのソフト -2014.5.19

多勢でわいわいな山も良いが、それでは山と、そして自分との向き合い度低下。 山が精神世界メインな私にとっては時折単独行がよろしい。 究極は雪山単独テントor雪洞泊かな。 余談ですが、カッパもそうだが靴もゴアテックスのはずがいつの間にやらシミテックス。 新しいのほしいなぁ(-.-)



この記事に対するコメント

♪花がちらちら咲く日には剱 立山 黒部も春さ~♪

しゅんちゃんの便り・・楽しみにしてますよ

お忙しいでしょうがたまには息抜きで山登って下さいネ。(^^)
【2014/05/20 08:58】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


ひとり心からっぽにして山に向かう。そこに山友との出会いが。
無から有の世界へ。お互い同じ気持ちで山に向かい合ってることが何よりも喜び。山も人もますます好きになる。そんな気持ちがすごく伝わってきました!
下界からも今日の山はいつものよりずっと眺めてました!
【2014/05/20 18:37】 URL | hシェフ #- [ 編集]


「単独は危ないから、やめなさい」ってよく言われるけど、
ソロにはソロの良さもあって、完全にはやめられませんね~(*^_^*)
こちらも余談ですが、私は今シーズン、カッパと靴を新調しましたー
諭吉が飛んで行ってしまいましたわ~(泣)


【2014/05/20 20:23】 URL | わだっし #- [ 編集]


♪まめちゃん
あらなつかし♪ゆきちゃん日本海味噌バージョン(*^^)v  
山は僕の、息抜きつか支え、宗教だから、まだまだ行きまっせ~(^^)
まめちゃんの、山の全国行脚、楽しみです。

♪hシェフ
山に入りてただ静寂の中に身をおきたくて出かけました。
hちゃん、やっぱ童心からの同心、読まれてるね~ オラの気持ちが(笑)
久しぶりの山歩き、期せずしての再会、静かな語らい、良かったよ(#^.^#)
山に対する、、、何か共通するものがあるなしの結果だと思いますちゃ。
あっ、みくりのソフトはもち、ピザ,も一回食べに行ってみたいです(^^)

♪わだっし
おっとご無沙汰、実力派のみ許される山行続けてることと思います(*^_^*)
僕は、本来山と云うのは1対1(自分と山の)と思っています、
夫婦とかそれ以上の複数行は、山域の難度or癒しそしてレクレーション的意味合い大かと。
とか言って、女の人がいれば花が咲いたようでうきうき、うれしいですが(*^_^*)
・・・と、ゆきち様とのトレードなれど、カッパと靴新調、、、いいな~((+_+))

【2014/05/22 18:06】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/982-544a87d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)