FC2ブログ
旅のしおり
プロフィール

Author:黒部のシュンちゃん
還暦を過ぎました。思えば遠くへ来たもんだ。人の命はいつか果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおりはさむよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。
適当におつきあいください。
since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



後北アルプスに遊ぶ
  
  鹿島槍ヶ岳近景-430
                             今日の鹿島槍ヶ岳(早大小屋付近より)

2年振りに栂池スキー場から天狗原(てんぐっぱら:標高2204m)に出かけました。相棒は、yamanoutaさん(てだれ)。スキー山行である。当初は白馬乗鞍岳(2436m)を目指してたのですが、この時期栂の森駅からの登行となるため、天狗原に到達したのが昼を過ぎていたのと、天候急変の兆しに、我らフィフティーズは天狗原で行動停止とました。(^^ゞ大人じゃん。・・・って本当は久しぶりに標高2000mを大きく超えた世界に入り込んだので、おいら息が切れ切れ、もーいいーわーってことなんじゃわな。結果天気は晴れ後くもり一時小雪だった。

まずは、天気に恵まれ眩しい位というか本当にその明るさが眩しい世界
青い空に真っ白な雪、澄んだ空気の中に身を置き、ただただ登ります
(日焼け止め忘れたことを反省)
yamanoutaさん急登をスキーで登る
yamanoutaさん-500


八方尾根の向こうに鹿島槍ヶ岳(2889m)五竜岳(2814m)
鹿島槍五竜-950


杓子尾根近景
どこか剱岳早月尾根を思い起こさせる
杓子尾根近景-950


天狗原から白馬乗鞍岳への壁中上部
なだらかそうに見えるが、山頂まではまだ230mの標高差を残す
白馬乗鞍岳への壁


GPSログⅠ
青:ゴンドラ 赤:スキー登行 白:スキー滑降
スキー滑降は距離9.2km標高差1400mを楽しめた
ログⅠ

GPSログⅡ
登りは適当に林道をカットして進む
帰りは軌跡をとりたかったので林道に沿ってゲレンデまで下がる
自然園駅上部でも一部雪はもなかで時折ブレーキかかり不安定な滑り
まあ、そこは登りの絶景に免じることにしましょう
ログⅡ


下山後来馬(くるま)温泉風吹荘に立ち寄った
熱く湯量たっぷり、肌にまろやかでとっても温まる湯だった
ボディーソープシャンプー付で、400円というのもちょっとリーズナブル
初めての湯だったが、これからのお気に入りになりそう
来馬温泉風吹荘


久しぶりに後北アルプスの巨人たちに見入った。惚れ惚れした。すばらしかった。
   ↑これちょっと小泉元総理の大相撲でのコメっぽいか(*^_^*)

そんなこんなで思いの外早く家に帰り、荷を片付け、洗濯機回し
さぁ~笑点見よーって思ったら、ありゃりゃー、いっちゃんKNBだった。。。な~ぜ~?
そぉっかー今日は祝日やー ってことは天地人もないんや~ あ~ぁ


山というものは 「歩いて登り、そして歩いて下る」 これがあくまで王道だと考える
しかし、スキーという道具はやはり楽しいし、速い
これが使える山であれば、登りもさることながら下がる時は正に異次元的である
人って歳取ると "赤ちゃんがえり" する人が多いと聞くが
雪国に住む山屋にとっては特に、神様が白いプレゼントくれる限定期
この、山でのスキー遊びっても、実にたのちい~よ~。。。。。ばぶばぶばぶぅ。。

子供の頃、近くのスキー山で暗くなるまで寒さ忘れ真っ白雪だらけになりながら遊んでて
「いつまで遊んどらけ~もうご飯やよ~」って姉ちゃんやおふくろが迎えにきた
・・・・そう、山スキーって遠いあの頃の気持ちに少し戻れるのだ。




この記事に対するコメント
有難うございました。
今日は、体調悪くご迷惑をおかけしました。
最初からもうちょっとペースを上げれば、白馬乗鞍まで届いたかもしれません。
まあでも今日の体調ではあの斜面を滑り降りる勇気はとてもありませんでした。
次回は(いつ)体調をととのえ万全で行くように心がけます。m(_ _)m
【2009/02/11 20:14】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪yamanoutaさん
忙しい中、急なお誘いに同行していただきました
それにしても、今日の後北アの絶景すばらしかったですね
スキーがどうこうではなく、本来の山歩きを堪能できた様に思います
あっそれとあの来馬温泉、いかったなー、気に入りました。
【2009/02/11 20:40】 URL | 管理人 #- [ 編集]

きれいかぁ!
すばらしい雪山の景色やね・・・でもきっと肉眼だと数十倍感動の景色がひろがっとるとやろうなぁ

八方尾根は学生の頃生まれて初めてスキーに連れて行ってもらった思い出の場所でした

いきなり一番上まで連れて行かれて雪まみれで一日かけて降りてきたなぁ・・・あぁ31年前・・・がしかし天気悪かったからこんな景色は見れんかった(残念)

生きとるあいだにこんな景色に出逢いたい!

ところで俊ちゃん3、30年くらい前そんなにアウトドアやったかね?
【2009/02/13 14:02】 URL | kurume by 3144 #- [ 編集]

Re:きれいかぁ!
♪kurume by 3144 さん
!(^^)!どもで~す。
そうだね、写真と「生」じゃーまたかなり違うねー
S所ちゃん東京時代、八方スキー場に出かけたことがあったんやー

> いきなり一番上まで連れて行かれて雪まみれで一日かけて降りてきたなぁ・・・
> 生きとるあいだにこんな景色に出逢いたい!
・・・罰ゲームみたいな滑降だったんやね、文字通り目が点だったことでしょう
・・・でも今となりゃ、いい思い出じゃん(*^_^*) 
・・・絶景も拝まにゃならんから、今度、復習に来られや~(^^ゞ

東京から帰り就職後は、職場や学校時分の友達と年に1,2度はゲレンデスキーや山に行ってたは行ってたけど、自ら進んで行くことはなかったなぁ、付き合い程度嫌々行ってた様なものでした。何でこんな辛い思いして登るんだろうってね。本格的に登山を始めたのは今高校生の長男が嫁に宿った時からですから、30歳半ばからなのです。
しか~し、山というのもいいぞ。
【2009/02/13 18:03】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/96-4eb8dc0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)