旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



今週の野外活動、二幕 -2013.12.23(月)

千石城山1 -2013.12.23(月)
                           千石城山,冬道をゆく   2013.12.23(月) 天皇誕生日

11年前の丁度今日、お母様を亡くされた元ちゃんの復帰山行を花じいと私で企画し大辻山に出かけたのですが、今日は、酒呑老子夫人がおられなかったものの、その時の “歩き” メンバーで久しぶりに山に入りました。

千石城山6 -2013.12.23(月)

千石城山2 -2013.12.23(月)

千石城山4 -2013.12.23(月) 




千石城山 -2013.12.23(月)

千石城山5 -2013.12.23(月)


天候くもり眺望少しあり、山頂休憩時は微風だったものの上下山無風というしっとり落ちついた条件。 雪量はやや少ないもののトレースのしっかりした冬道を歩き、山頂では師走の喧騒上から見下ろしゆっくり話しができました。 おまけに、地元・どいひろ夫妻が上がって来られしばし歓談。 楽しい時間をありがとうございました。

みんな、自分そして取り巻く環境あれこれあれど、11年経ちてここにこうして集えた。 山を想へば人恋し 人を想へば山恋し 幾年経てども 逢いたい人がいる。 心地良い山行をありがとうございました。 個人的には今シーズン、スノーシュー事始め、そして、昨日は最年長、今日は最年少な山歩きでした(^^ゞ 



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/941-095c5b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)