旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



赤禿山・・・(1158m、糸魚川市)
  
  kちゃんのラッセル
        kちゃん先頭をゆく・・・一定のリズムをきざむとてもきれいなラッセルだった


先月の新田山に続き、nyamaさん(てだれ)お勧め山スキーに向いている頚城の山ということで、赤禿山(あかはげやま)に行ってきました。天候回復の予報が報じられてたので昼頃には雪は止むと期待してたのですが、あらら・・・残念。サラサラの軽い雪を楽しめたものの、下りはガスもかかりやや視界不良という山行となりました。



出立前に装備の確認
雪山に入り込んで行くには、ビーコンは必須装備です
なんて、ゾンデは持ってるものの
高価なビーコン、自前は持っていないわたし。。。
装備の確認


スノーシュー、かんじき隊の登攀
今日は登りも下りもスキーの方にどうしても部があったのですが
終始トップを行くt田さんのペース配分良く、一定のペースを保ち健闘
スノーシューかんじき隊の登坂


スキー隊の登攀
時折現れる急斜面に、ルート工作しながら進みました
「男、○和!」と声がかかり。。。ありゃりゃ
止むに止まれずnさん。。。継続ラッセル~ってなシーンもあり
スキー隊の登攀


途中のリーゼント野郎は凍りついてた
このコース下りに一度だけ現れる
はっきりした登り返しの小ピークにある大木が人の横顔に見えた
山ではこういう擬似的造形木が結構ありますね
リーゼント野郎


山頂証拠写真
急登を登り切った所の方が山頂らしい山頂だったけれど
その時GPSは真の山頂まで、あと116m前方を示していた
一時は、やめよ~か~となったが
今後スキー山行以外まず来ることがないと思われたので
そうするとその先は登り返しに細尾根ときてるので
きっと行かないだろうと思ったので、今回行っとくことに。
山頂記念赤禿山


山頂より急坂を下り幕を張り休憩
寒いのと雪も舞うよな天気だったので、nさんの幕を使用しホッと一息
みなさんのおいしいものを今回もたくさんいただいた
今年初顔合わせの方もおられ、酒も燗してお神酒代わりに少~し(*^_^*)
雪山では、温かい料理や酒は、心身共にあっためてくれる
休憩の様子赤禿山
赤禿山お神酒も少し


天候の回復を疑わなかったものの、ありゃりゃ。。。回復せずその上にガスも出てきました
締まりかけた先日来の雪の上にパウダーな新雪が20㎝程度(時折30㎝以上)あり
樹林は埋まりきっていなかったが、スキーも、ときおり走った。たのぴーヽ(^。^)ノ 
下山時ガスもかかる


わたしのほかのスキー参戦者である、iちゃんnちゃんのスキーダ~ンス
こうやって改めて見ると、iちゃんの板もワイドだ
彼の目方からすると、去年2月のあの牛岳でもがんがん浮き、板は走ったこと間違いなし
nちゃんは、テレマークである
スキー隊ダンシン・グ~



先日の新田山 登り:沿面距離約 3,5km 累計標高差+550m 下りの登り返しほぼなし
今日の赤禿山 登り:沿面距離約 3,9km 累計標高差+650m 下りの登り返し約 50m

今回の赤禿山、植林された杉の成長と温暖化がひじょうに気にはなりますが、山スキー入門編には適した山だと今回行ってみてそう思いました。そして、富山も新潟(糸魚川)もひら場には雪はないものの、少し入ると雪はたんとあり、天気には恵まれなかったものの静かに降りつむ新雪が、気温の低さも手伝ってとても気持ちの良い一日でした。次は天気の良い日に訪れてみたい。

帰りは、姫川温泉の朝日荘さん(川をはさんでここは長野県)の岩風呂でさっぱり&温まり帰りました
露天風呂では、カップルとニアミス~ 今日悟った。。山も風呂も行って見なきゃわからな~い、と。





この記事に対するコメント
赤禿山
心配してたより、雪の量も多かったし、雪質も良かったですね。
先日の新田山以来のスキーですべりが心配でしたが、
途中から、少し要領が分かってきました。
山スキーを始めて、初めて楽しいという感覚を味わえました。
今度また、どこかに一緒してください♪
【2009/02/02 08:06】 URL | #EExJr7xM [ 編集]


今回も楽しかったようですね(^0^)
ちょい、家庭的にもたもたがあり、参加出来ませんでした。すみませんm(_ _)m


【2009/02/02 10:14】 URL | banchi #- [ 編集]


♪yamanoutaさん
今回量はともかくとにかく雪質はv-218サイコーでしたね~
要領つかむと、板にも乗れるし、恐怖感もどこへやら、ですね
それにしても、すげー上達振りに、驚きました!
また山スキー行きましょう、こちらこそよろしくです。

♪banchiさん
天候は下山まで回復しなかったのですが
雪質とっても良かったってのが、今回の特筆すべき点でした。
また、スキー組にとってはなんでもないのですが
スノーシューかんじき組は下山時めっちゃ速かったと思います。
今度またご一緒しましょう、楽しみにしていま~す。

【2009/02/02 17:25】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/93-d72f143b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)