旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



燕岳初冬(標高2763m) ・・・2013.11.10(日)
  
  燕岳山頂にて -2013.11.9(土)
            燕岳山頂(標高2763m) 槍ヶ岳をバックに   2013.11.9(土)

初冬の燕岳に出かけました。 この山この処カイザーベルク穂高から登山口まで12㌔歩いての12月ってのが2度続いてたのですが、久しぶりに中房温泉まで車を入れての山行…らくち~ん(^^)  そして今回は天候にも恵まれ9年ぶりに山頂に至ることができました。 同行あやこ。 

少しでも長く山旅に浸りたく、金曜夜に道の駅白馬まで車進めプチ宴会、のち車中泊。 朝ぼっとしながら1/3残るアプローチ車走らせ中房温泉登山口へ。そして登山開始。 今シーズン初めて雪を踏み、キンと締まった空気とても気持ち良かったです。 

合戦小屋からはほぼ雪道になりました。
合戦小屋 -2013.11.9(土)

と、燕山荘が見えてきた。
燕山荘が見えてきた -2013.11.9(土)

槍ヶ岳も見えてきた。寒冷前線迫り天候悪化が近いからか、峰々が大きく間近に感じた。
槍も見えてきた -2013.11.9(土)

日陰一部凍っている中、燕山荘に到着。
燕山荘到着 -2013.11.9(土)


受付済ませ荷物置いて、山頂に向かいました。 すぐそこに見えるが30分ほどかかる。
で、山頂に至り、まずは、で乾杯です(^^)
燕岳山頂、まずは乾杯 -2013.11.9(土)

あやこに、山頂表示に、向う正面に立山・剱岳が見えていた。
"とやまもん” は何処行っても、ついつい立山剱を探してしまう^^;
あやこ、燕岳山頂、立山・剱 -2013.11.9(土)

ことば要らない絶景、飽きない山岳風景が飛び込んくる。や~良い日だった。
燕岳山頂付近より -2013.11.9(土)


テン場の様子、そして燕岳山頂。
テン場の様子 -2013.11.9(土)


山頂から戻ってもまだ2時過ぎだったか?
遅い昼メシ、、、早い一杯(^^)
遅い昼メシ早めの一杯(^^) -2013.11.9(土)
 
で、ひと眠りしてから夕食いただきました。
夕食 -2013.11.9(土)

好物の杏仁豆腐。美味しかった(*^_^*)
好物な杏仁豆腐 -2013.11.9(土)

夕食を共にした方々。 若者二人とは消灯近くまで呑み話しし翌日は一緒に下山。
夕食共にしたメンバー -2013.11.9(土)

下山前にケーキセットいただく。僕はモンブラン。 山で過ごす時間は、いい。
コーヒーケーキセット 2013.11.10(日)

ではそろそろ行きますか。
出立前に -2013.11.10(日)

燕山荘にて-2013.11.10

下山は雪からしっかりな雨の中となりました。

下がって登山口の風呂でさっぱりし、同行の若者二方を穂高の駅まで送り、白馬まで北上し、林檎舎で蕎麦をいただいて帰黒の途に就きました。
白馬・林檎舎 -2013.11.10(日)


久しぶりに車中泊含めれば2泊3日旅の中に身をおいた。 あ~いい山旅だった。



この記事に対するコメント

燕山頂写真・・お二人の間に見える槍がかっこいいですね。

あやこさんは12本歯デビューでしたか・・・おめでとうございます。
私も持っていますが未だ一度も使ったことが無いんです(>_<)

もぉ~そろそろ冬眠ですわ(笑)
【2013/11/11 16:40】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


山小屋で杏仁豆腐にケーキって・・スゴイですね^-^

自分もそろそろ冬眠かな!?
【2013/11/11 22:34】 URL | 熊三 #- [ 編集]


こんばんは。高脂血症気味な道産子です。
過日は大変お世話になりまして、本当にありがとうございました。おかげさまで、晩御飯から晩酌、温泉まで 楽しい山行となりました。お疲れのところ穂高までお送りいただき、本当にありがとうございます。
今日の寒波、これはこれでテンションがあがってしまいますね。次はスキーでしょうか。また山で、お会いしましょう。
【2013/11/12 01:05】 URL | onuki #1AF3n.6w [ 編集]


♪まめちゃん
ここはなんつっても槍の存在感が素晴らしいです。 連れは12本爪アイゼンデビューでした。 おっかなびっくりだったと思いますが、細心のバランスもってすれば、この上ない安定感体感できることに満足そうでした(*^^)v  冬眠? 冬こそ山に遊んでもらいましょう(^^)

♪熊三さん
おっ、山屋で料理上手な熊三さんそこにきましたか。 でしょ、でしょ~!! それが売りでもありますが、おしゃれな山小屋ですここは。 え~っ名前通り冬眠ですか? おんもで遊びませう冬も、せっかく雪国に生まれ育ち住んでんだから(*^_^*)

♪onukiさん
おーあの時の道産子さんですね。こちらこそお酒呑めないのにつき合わせてしまい申し訳なかったです。 onukiトーク楽しかったよ。 “コンサドーレ” が道産子の逆さ読みから来てることも分かったし(^^) この歳んなっても雪が降るのはうれしいんだけれど、ひらばの寒さは、、、堪えるねぇ(笑) 技術足元にも及ばないでしょうがスキーで再会なんてのいいねぇ、またお会いできる日楽しみにしています。
 
【2013/11/12 04:06】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


燕山荘の夕食で同席させて頂きました50代夫婦です。いろいろな山のお話ありがとうございました。我々のような山歩き経験の少ない者にとってはとても参考になり、楽しかったです。また是非どこかの山でお会いし、お話しできればと思っています。下山は初アイゼン(6本ですが)さらに、みぞれと雨でぐしゃぐしゃになり大変でした。おかげで二人とも現在筋肉痛と格闘しております。これから雪のシーズンはスキー等で体を鍛えて、また来年の夏場には今年の槍ヶ岳に続いて、できれば剱岳に挑戦(無謀?)したいと考えております。朝日岳にも機会を見つけて行って見たいです。是非いろいろな情報を教えてください。よろしくお願いします。
【2013/11/12 08:57】 URL | ひらま #- [ 編集]


♪ひらまさん
袖振り合うも多生の縁、小屋で隣に座っても話さない時は話さないものです。 やはりご縁なのでしょう。 こちらこそ楽しかったです。 そして、お二人が真摯に山と向き合っておられる姿を会話から感じました。 山に向かひて常に謙虚でなければいけません。 すばらしいと思いました。  出会えて良かった、そう思った夕食時でした、こちらこそありがとうございました。 

と、筋肉痛でしたか、、、下がりて楽しむ山の余韻なり  いいじゃないですか。 ちょっとうらやましいですよ(失敬)。 スキーで足腰の筋肉維持し、来年は剱岳ですね。 その前に春山スキーなどどうでしょう。 情報はあれこれ差し上げられると思います。 何なりと問い合わせ下さい。
 
【2013/11/13 19:43】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


たびたび恐れ入ります。あの晩のコーヒーとみかんの美味しさ忘れられぬまま、今週末は紅葉の丹沢でリハビリ登山してこようと思います(私もひらまさん同様、久しぶりの筋肉痛です)。
来月のスキーに向け、ガーミン社のGPSを検討しています。
またいろいろ、山にスキーにご教示くださいますと幸いです。
ちなみに、汚れた&撥水性が落ちたレインウエアには、こちらが楽ちんでオススメです。機会があればいちどお試しください☆

http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_nr_seeall_1?rh=k%3Agrangers+2in1%2Ci%3Asporting&keywords=grangers+2in1&ie=UTF8&qid=1384411900
【2013/11/14 19:40】 URL | onuki #1AF3n.6w [ 編集]


♪onukiさん
おっ、9年使い込んでるとは思えなかった、あの第三ベンチで見た卸したてのよな撥水性誇ってた雨具のメンテナンスグッズ、紹介ありがとう。 実はとても気になってたんですよ(*^_^*) あとで見てみますね。  

そうですか、今週末は丹沢に、リハビリ兼・・・(>_<) 紅葉愛でに出かけるんですね。 僕はとにかく山に入る人は好きです。 そして、スキー山行はもち、雪山にGPSは必須・・・もしもの時のビーコンやゾンデより・・・使用シーン多いです。 必ず装備しなきゃいけませんよ。 つけ加えればGPS、無雪期ならば共同装備でも良いですが、雪山では個人装備の様相極めて高しです。
 
【2013/11/15 20:25】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/927-53fdfeb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)