旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



朝日岳(2418m) -2013.8.26(月)

朝日、ご来光-130826(月)
                           朝日岳山頂からのご来光   2013.8.26(月) 5時18分 

所属する山岳救助隊のパトロールで朝日岳(標高2418m)を歩いてきました。 所属している以上出来る事で少しは奉公しなきゃです。 今回は同行希望者がおられ楽しい業務遂行となりました。 そして帰り来れば両日朝日岳方面異常無しに加え、素晴らしいご来光を久しぶりに拝むことができた、一石二鳥的パトロールになりました。 写真中心にサクッと現場の様子です。

朝日岳山頂より黒部川扇状地方面。 向こうに陰朝日岳が現われた。
朝日岳山頂-130826(月)

朝日岳中腹より、朝日平、朝日小屋を見る。
朝日岳中腹より朝日小屋-130826(月)

初日居合わせた方々。 馴染みの顔ぶれの中に、薬師岳遭対協のシノドクターがおられたのには驚いた。 レアなこともありならばとちびちび飲りながらよもやま話しに花が咲きました。その昔、K端さんにドクターからワインゴチになった早乙女岳での真相も聞きおっと&成る程でした(*^_^*)
居合わせた方々-130825(日)

小屋スタッフの「カールおじさん」みすずとりょうこ。こいつら二人すばらしくいいよ !(^^)!、いい味出してるしよく頑張ってる。 また番頭トモに男子たちも無口ながらこれまたよくやっていた。 どなたにでも気軽に来てね、とは言えない中上級者向け玄人好みな登山道ではありますが、みなさんぜひ!小屋に行ってやってくださ~い。 
カールおじさん・みすずとりょうこ-130826(月)

好きな秋の高山植物、タカネマツムシソウ
タカネマツムシソウ -130826(月)

役目で伺ったとは言え、小屋番清水さんには今回も世話になりました、ありがとうございました。 そして山にはもう確実に秋がやって来てますし、下界今日は朝は涼しかった様ですが、下がり来ればありゃだんだん暑くなってくるじゃない(-.-) 、、、おいおい季節逆戻りかいな~な感強しな本パトロールでありました。



この記事に対するコメント

清涼な感じがあふれ出てます!
普通に行くと小川温泉の付近に車を停めるんですか?
どうもイマイチ富山県側からの登り方が解からないので二の足が・・・。
泡の魔力に負けて小屋ストップ!
ココの魔力にも負けてみたいものです。(笑)
【2013/08/27 06:32】 URL | 太田雪舞 #puV7Bxxc [ 編集]

ご来光
先日野口五郎小屋に泊った際、今夏初のご来光シーンを撮ろうと稜線へ。
しかし山頂方面や近くには誰も居ないんですw
最近の登山者はご来光には興味が無いのでしょうか?
【2013/08/27 12:09】 URL | こば #AN32Su.E [ 編集]


2枚目の写真、面白いですね。

いつの日か・・・

誰かと・・・

こういう写真を撮って・・・

「私達、結婚しました」なんて葉書を出したいものです^^;

元祖クァールおじさんでした。
【2013/08/27 12:18】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪雪舞ちゃん
おっさんには似合わないもったいない、透明で清涼感たっぷりなご来光でした。富山側は小川温泉駐車場に車を停めます(スノーシェッドいくつかやり過ごし最後のトンネル出てすぐの橋を渡るとほぼ同時に左180°ヘアピン曲がり下がった大駐車場の邪魔にならない所が良いでしょう)。雪舞ちゃん泡の魅力に惑わずそのまま山頂に至れるか(笑)興味あるとこだなぁ。 と、ゆかりちゃんが「雪舞ちゃんに電話してよ~(^^)」って、早く小屋に来るのを首長くして待っておられましたよ。

♪こばさん
登山(山)が、修験者のものであった古来から、レジャー化、その頃まではまだ山は精神世界で(も)あったのでしょうが、のち、スポーツ化・ふぁっしょん化(-.-)した昨今、ご来光を拝むという行動パターンは、今は昔になるのかも知れませんね。 人も品が落ちたものです(あくまで個人的見解です)。

♪ラガーちゃん
おっ、クァールおじさんっすね(*^^)v  写真誉めていただきありがとうございます。デルモお二人に立ち位置指定し撮らせていただきました。 こういう神がくれた至福の一瞬は、人間がカラーで写り込むより、この方が大自然の一部になり、且つ、存在感が伝わるのではないかと、そう考えたわけです ・・・ってそんなこと考えるって言うより、即心がそう思った次第です。 はがき待ってま~す!(^^)!


【2013/08/27 19:09】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/899-9b4524e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)