旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



白馬、杓子尾根 ・・・2013.5.4(土) みどりの日

春、白馬に遊ぶ -130504
                             春、白馬に遊ぶ    2013.5.4(土) みどりの日

GW後半2日目5/4、好天予報に背中押され、杓子尾根(標高2020mまで)に出かけました。 前日立山山崎カ~ル滑ってきたひろりんに、今回この指とまれ~な「山崎ガール」ユキコ、なぎら健壱から毒取り去ったよなおちゃめな語録楽しいヒロシ(はっぱちゃん)に、ヨガの先生で “スナックすず” のママすずちゃんというメンバー。

スキー滑降に傾倒しがちなる山スキー登山という世界。 私としては、春本番GWは、出来るだけ長時間山中に身をおき、山々眺めながらランチタイム、と言ってもちびりちびり飲ってる呑んだくれでありますが・・・ゆっくりまったり山を楽しみたくで、今回好天味方につけ実現した運び。 写真中心に備忘録です。

出立時よく交わす会話に、暑いかなぁ寒いかなぁがありますが、今な、スマホ用語掛け、ヒロシが女子に「機内モード」…「着ないモード」で行きますか~なんてダジャレとも本心とも取れる大人な会話交わし出発です(*^_^*) 
ほな行きましょう。
ほな行きましょう-130504

猿倉台地から長走沢中間部、右が杓子尾根
猿倉台地から長走沢中間部、右が杓子尾根-130504

猿倉台地まで真っ黒ワンちゃんも上がって来てた。さっすが4足歩くの速えーでした(笑) 
近寄りワンちゃんかわいいね~とか云いながら、実は連れてるオネェさん見てたのでした(*^_^*)

猿倉台地より見る、左が小日向のコル。鑓温泉方面がやはり人気の様です。
猿倉台地より見る、左が小日向のコル。鑓温泉方面がやはり人気 -130504

トラバースぎみな急登クリアし、ほっと(^^)
急登越えて-130504

本日の終了点近しの頃
本日の終了点近しの頃 -130504

おつかれちゃ~ん(^^)
おつかれちゃ~ん(^^)-130504


コル上まで一滑りしランチタ~イム
コル上まで下がりランチタイム1-130504
コル上まで下がりランチタイム2-130504

本日の食卓。今回は一鍋だけ共同装備としたのですが、結果、麺祭り(*^^)v
本日の食卓 -130504

ユキコの一鍋。 キノコ鍋、のちうどん投入の図。
ユキコの一鍋 -130504

続いて、マルちゃん製麺投下
マルちゃん製麺投入 -130504

ユキコお手製なホタルイカとすずちゃん
ホタルイカにすずちゃんのグラサン見て、バルタン星人思い出した。
ホタルイカとすずちゃん -130504

良い子はあーんしてくださ~い。 おじちゃんはいい人でちゅよ~(^^)
良い子はあーんしてくださ~い -130504

みなが持ち寄ったものも少しずついただいた。ごちそうさまでした。 ひろりんの男メシ焼きそばも美味しかった。 そして、この日は雄大な白馬エリアの山岳パノラマというお金じゃ買えない天然スパイス、すばらしかった(^^)


ランチタイムの後に集合写真
ランチタイムの後に集合写真 -130504

白馬大雪渓と合流の頃
白馬大雪渓に至る頃 -130504

白馬大雪渓と合流し、馬尻方面を見上げる
白馬大雪渓と合流し、馬尻方面を見上げる -130504

無事帰る
無事帰る -130504

と、同行ヒロシくん撮影編集なる動画完全版で目の備忘録(帰ってからも面倒なのにさんきゅう)。

身内的には「動画ですよ♪」が笑えた(^^)


帰りは、白馬八方温泉でまたまたゆっくり。 肌つべつべんなりそな湯が心地良かった。 「つべつべ」って標準語だと半世紀以上思ってたのですが、方言らしいと判明。 ヒロシに言わせればそれは、「つるつる」と「すべすべ」の合成語ではないかと。 ん~説得力あるな、ストンと落ちました。 後、何買うでもないんですが、GW情緒味わうべく小谷道の駅に立ち寄り帰りました。 道の駅は大そうなにぎわい。 高見沢似なご婦人にも会いました(*^_^*)  あー自分の描くGWの山スキーを楽しめた。 みんなありがとう。


この記事に対するコメント

まったり~♪山中ランチ&宴会ヶ岳
よいよい~\(^^)/ですね(^^)v
それも気心しれた
良き仲間と…(^^)v

この日…風、きつくなかったですか?
雪倉岳は、ブリザードでしたー(-_-;)
【2013/05/06 01:51】 URL | みい #- [ 編集]


♪みいさん
GWらしいゆったり感のある山スキーになりました(*^^)v
天気が良くて、仲間がいて、初めて叶いますね、こうゆーのって。
若いもんがつき合ってくれ、ありがたやありがたやと改めて思いました。
と、この日この界隈3.4本吹きましたが、終日ほぼ無風若しくはそよ風程度でした。
まぁ雪倉岳は、強風で名を馳せる地ですからそれで普通でしょう(>_<)
ツボやかんじきと違ってスキー履いてると耐風姿勢取るのも大変だったでしょうね。

【2013/05/06 05:21】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

円卓?
スキー滑降を目指しても、歩きが遅いので‘ゆっくり’になってしまいます^_^;

写真&動画から楽しい雰囲気が伝わってきました。
雪のテーブル、円卓なんですね!
もしかしたら初めて見たような気が・・・
【2013/05/06 21:04】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


ホタルイカとすずちゃんのサングラスのコラボ!?
確かにバルタン星人(笑)!!!!爆笑です。
酔っぱらいながらも、そんなショットを撮っているなんて、さすがです。

いや~楽しい山スキーでしたね!
ピークハントせずとも、山に囲まれ大はしゃぎしてお腹いっぱい。
楽しかったですね。
【2013/05/06 21:13】 URL | ゆきこ #- [ 編集]


♪ラガーマンマンさん
若者と違い、ゆっくりゆっくり登り行くのが品があって良いです(^^)  安全確保を常に意識した言動の上で、より楽しくです(*^^)v 僕は、7,8人までだったら、みんなの顔が平等に見え、あれこれ手が届きそして会話もできるので円卓が好きです。

♪ゆきこ
写真はいわゆる遠近法の産物だよ(^^)  そして、ほろ酔いだったからまだまだ、よ・ゆ・うー(*^^)v  ゆきこの鍋美味しかったよ。 準備から調理までありがとう。 白馬の山並みも楽しめたし、楽しかった。 あっ!ゆきこの滑り、やっぱ安定しててきれい、さすが。 すばらしかったよ(*^^)v 

【2013/05/07 05:53】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


フライパンからジュージュー聞こえる焼きそば・・見ているだけでソーズの香りが臭ってきそうで、お昼前にこの画像見たもんだから口の中唾液の洪水です。

みなさん・・最高!って雄叫び上げてられますが
最高の山スキーでしたね。

羨ましい限りですぅ~(*^^)v
【2013/05/07 11:41】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


♪まめちゃん
山って、何食べても大概美味いんだけれど、やきそばっての、そそられるよね~ 音響効果あれば5倍増~(*^^)v  ゆっくり山に身をおけたことが、僕は何よりうれしく、加えて滑りも楽しかったです。 まめちゃんも、来シーズン山スキーデビューしましょう。 ご一緒しますよ、あれこれお任せ下さいです。

【2013/05/07 19:44】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/853-3aeda9cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)