旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



三田原山、涸沢ルート(外輪終点標高2347m) -2013.4.28(日)

三田原、標高2180m登行中-130428(日)
                             三田原山、標高2180m登行中  2013.4.28(日)

GW第1弾、、、2弾ないかも知れませんが(-.-) 三田原山に出かけました。 標高差1000m、青い空に白い雪、ダケカンバの造形美も手伝い快適登行。 雪もターンの際足裏に力入れれば10㌢ほど潜るものの、総じてストップ雪ではなくまずまずで楽しめました(^^) 現場の様子写真中心に備忘録。

標高1340m、ほな行きましょう(^^)
三田原、標高1340m、ほな行きましょう(^^)-130428(日)

涸沢に入り標高1400m登行中
三田原、涸沢に入り、標高1400m登行中-130428(日)

ワイラビゆきこも元気です(^^) 標高2200m
三田原、ワイラビゆきこも元気。標高2200m-130428(日)

標高2280mより、向こうに天狗原、金山そして焼山
三田原、標高2280mより、向こうに天狗原、金山そして焼山 -130428(日)

外輪終点、標高2347mに至る
三田原、外輪標高2347mに至る -120428(日)

外輪標高2347mにてハイパチリ
三田原、外輪標高2347mにてハイパチリ-130428(日)
左から、ガイド役、この山域誰より造詣の深いのりさん。重厚な身づくろいに滑りさすが、良い意味で唯我独尊、存在感抜群(^^)  simosimo・・・東京から参戦。今回も驚異の “リッター3” でやって来た。すばらしいモチベーション。華麗なテレマークターンいくつも決めてた。  もう何年も前から知ってるのに最初から最後まで初めて通して山をご一緒した長崎さん。軽快身軽、僕も見習わなきゃと思いました。  長崎さんのお連れの土井さん(漢字違ってましたら云って下さい)。洗練されたスキーの足前板さばきすばらしかった。   そして山スキー同好会「White Rabbit 通称ワイラビ」で山スキーを共にし、冬期限定活動なやはり山岳同好会「ハレルヤ」・・・ここはスキー持込み禁止、で一緒なゆきこ。パウダー用ファット板から、今回は馴染んだエランのツアー用の板。板・雪の感触確認しながらでしょう、ちょっと戸惑いながらでしたが、変わらずなかなか安定した滑りを見せてくれた。

三田原山、本峰方面
三田原山本峰方面 -130428(日)

標高2100mまで下がり休憩中
三田原、標高2100mまで下がり休憩中 -130428(日)

マダムゆきこ現わる(^^)
三田原、マダムゆきこ -130428(日)

僕はいつもの手弁当
三田原、僕はいつもの手弁当-130428(日)

下山時、涸沢標高1600m休憩中
三田原、下山時涸沢標高1600m休憩中 -130428(日)

無事帰る
三田原、無事帰る -130428(日)

MyGPSログ  
標高差1000m、アップダウンほとんどなく開けたバーンの多いスキー向きなルートです(^^)
三田原ログ -130428(日)
※ 赤:登り 白:下り1(ここで昼休憩) 黄:下り2
※ 山は自己責任で歩きましょう。


下山し、今日はほとんど汗かいてないのでお風呂なし&食堂巡りもパス。 帰りはここの処お約束な新井の道の駅に寄り帰りました。 この時期おらが里では立山が開き、多くの岳人が3000mの世界に入っていますが、山スキーに限って云えば、この三田原山涸沢ルートの様に、大きく広くゆったりした世界の方が春スキーを満喫できる様に最近思います。 もちろん天気に恵まれればですが。 GWに入り最初の山スキー、ん~連休中これでもういいかな~って位楽しめ、満足満足!(^^)! 

そして、実は今回私やらかしちまいました(>_<) 朝、朝日インターから1台の車で出発し高速に乗ってすぐのこと、集合地に停めて来た自分の車に靴忘れてきた事に気づきまして、親不知ICでUターン。 ふりだしに戻る、だったんです。 みなさん大変ご迷惑をおかけしました、ここに改めてお詫び申し上げます。 なのに同行のみなさん、イヤな顔一つ見せずフォローしてくれました。 今日一日楽しく気持ち良く過ごさせてもらいました、ありがとうございました。

帰って荷を片付け洗濯機回し風呂でさっぱりしホッとした時、前日に発生した白馬大雪渓での雪崩事故で、1名死亡2名遭難か、と伝えていた。 他にも八ヶ岳や富士山、北ア・杓子岳でも相次いで山岳遭難死亡事故が発生。 同じく山に身を置く者として 「君死にたまふことなかれ」 であり、自分も十分気をつけなければと改めて思いました。
 

※標高はmyGPS値より。
※写真、持ってったカメラのレンズにもやが若干入っておりクリアさに欠ける様です。



この記事に対するコメント
美しい!
うわー、今日行って来られたのですか~v-10

私は残念ながら下界で仕事をしており、
晴天と高岡からも見える立山連峰を観ながら、
「今日は最高だろうな~」と指をくわえておりました。

ここのダケカンバの風景は綺麗ですよね~(^.^)
【2013/04/28 21:33】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪ラガーマンマンさん
ラガーちゃん今日仕事でしたか(@_@;) 今日は「山3日分」の価値ありに匹敵する好天日やったよ~  天気はもち稜線に見上げた時、雪煙上げてた稜線も至ればそんなに荒れてもおらずでハイキング登行楽しみ、そして滑りもまぁまぁ楽しめました。 ここの景色ホントいいっすね。 ここだけの話しですが、スキー山行ならGWは立山エリアよりこういった山域が、おおらかでゆったりしてて好きです。

【2013/04/28 21:49】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


マダムゆきこの後ろに見えるミスターが・・・(汗)
【2013/04/28 21:51】 URL | #- [ 編集]


♪#さん
おっと~気づかれましたか~ マダムからは「いや~ん」と言われたんですが、トリミングするのが面倒なのでそのまま掲載したのでした(>_<)

【2013/04/28 21:57】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


最高の天気ですね~。
GWは山には行けませんので、
みなさんのレポで行った気になってます^^;
【2013/04/29 07:33】 URL | ごえどん #- [ 編集]


♪ごえどんさん
休日の多様化云われもう20年も経ったでしょうか? そうですか、ごえどんさんGWは仕事なんですね、承知しました。 後出しジャンケンじゃないですが、いろんな方のレポじっくり参考にできますから、尚更充実した山行が現実のものになりますよ、きっと!(^^)!  久しぶりに山・・・特にスキー山行、ご一緒したいものです。 実現の暁にはひとつよろしくお願いしまーす(^^ゞ

【2013/04/29 18:42】 URL | #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/850-f0830567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)