旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



久しぶりにいい天気だった -2013.2.26(火)

久しぶりのご来光-130226(火)
 久しぶりのご来光で一日が始まった(^^)  2013.2.26(火)
        おひさまの陽射しで温もり感じる朝でした。

黒部市内より僧ヶ岳 -130226(火)
                      黒部市内山沿い集落より僧ヶ岳(1855m)  2013.2.26(火)

黒菱~大地~初雪 -130226(火)
                      黒部川河口付近より、黒菱~大地~初雪  2013.2.26(火)

放射冷却現象で朝は冷え込みましたが、今日黒部は一日いい天気でした。 
山道具、外と南側の窓越しに干しただけで心うきうきとは単純~(^^) 


山岳景色のあとにすみません。 今日の車中での昼メシ、手弁当。 
今日の昼メシ -130226(火)
                           こいつも僕の山グッズ

山道具(衣食住)は行く山のTPOによりそれに対応するものを持って入りますが、今日日のランチジャーもなかなか優れモノです。 昔は丸くて重くてってのが主流でしたが、今はいろんなのが出てます。 軽いし保温力もまずまず。 握りメシが凍りつくよな高所でも日帰りならこれ使えます。 

姉が嫁に行った山間部の家では、もう昔の話ですが、山で生計立ててた吉次郎爺さんは、アルマイトのでかい弁当箱にぎっしりご飯詰め込んだ日の丸弁当に、昼は割り箸なんざ立たなくよく折れたと話してたのを思い出します・・・山中に箸になるものは山ほどあるし、そうやって食べてたんですね。 

山って、特別なものじゃないんだよ、って最近そう思います。 行く前にあれこれ思案準備も大事だけれど、山に入ってからあれこれ頭を使いましょう。 そしてどうしても機能・耐久性的に値のはるものもありますが、よーはあんまり山、山と身構え四角張らず気負わず、使えるものはその辺にあるもの何でも使いましょうという話です。 



この記事に対するコメント

同じ日の車中での昼メシ・・・
ここまでは私と共通していますけど、

奥さんの美味しそうな弁当VSスーパーの日替わり弁当
美しい山岳景色VSスーパーの搬入場景色

大きな違いです^_^;

山の弁当で思い出しましたけど、
以前NHKのサラメシで、北海道大学のヒグマ研究会(だったかな?)に代々伝わる‘ビニベン’なるものが紹介されていました。

ビニール袋にご飯(2合くらい!)とおかずをそのまま入れて、
袋の上から握りながら食べてました。

何と豪快なっ!と物凄く印象に残っています。
【2013/02/26 22:29】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪ラガーマンマンさん
おっラガーさんも車の中でお昼でしたか。ごぼうサラダが共通項でしたね(^^) スーパーの搬入場景色にってのはやはり街中らしいです。 ぼくは天気に誘われ新川牧場まで上がって、山と富山平地・富山湾に、好天にクロカンスキーハイク楽しむ人々眺めながらでした(^^ゞ  “ビニベン” 豪快ですね(^^ゞ 一度やってみようかな、周囲の人がどういう反応するかも見たいしなんて。 あっ僕の弁当は家内じゃなくて私が作ります、適当行き当たりばったり、冷蔵庫開けてのあり合わせです^^; 

【2013/02/27 06:36】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/824-be61f327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)