旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



赤禿山(1158m,糸魚川市)スキー山行 -2013.2.24(日)

只今撤収作業中 -130224
                   山頂下の平で昼休憩し、只今撤収中 赤禿山  2013.2.24(日)

日本列島冷蔵庫冷凍庫、今世紀最強レベルの寒気が北日本に入ってると言ってる中、粉中毒者4名は、賞味期限近いふかふかパウダー求め赤禿山(標高1158m)に出かけました。 前日一陣が入ってるので内心トレースありとほくほく余裕顔で現場に入り歩き始めてみたものの、あれ~( 一一)完全リセットされてるじゃない。 がっかりな僕と、ウハウハ顔なイナリン。 巨人ファンと阪神ファンが一緒に野球中継観てるのごときでありました。

さて、現場は気温が低い上に終日ほぼしっかり雪。 特に登行時尾根に上がれば暴風雪、、、おいおい(-.-) でしたが、寒さも手伝い登行はさくさく。 2時間半でいつものお約束な山頂直下広場に到達。 下りは標高1000mから左(上から見て)に進路取り、賞味期限迫っているふっかふかを惜しむように堪能。 で、標高540mから再びシール登行にて峠まで。 そこでシールはがしさて楽ちん滑りと思ったものの、あれっ行きのトレースもうないじゃない(>_<)  時折歩行&斜面カットしながら無事下山。 今日の赤禿山、雪は深く滑りは軽く良かった。 …が、雪の降り方は2月も終わろうとしている今の時期にしてはすごかったし、そして殊の外寒かった。 以下写真中心に備忘録。 

山之坊集落への歩くのもままならなかったアプローチ道 -130224(日) 登山口に到着-130224 鉄人イナリンがゆく、赤禿山 -130224(日)

  大峰峠で一服 -130224

尾根に上がると暴風雪 -130224 時折深雪ラッセル(標高1000m)-130224 山頂下の平で登行終了(標高1110m)-130224

尾根に上がりしばらくして、東京からの3人パーティーが追いついて来られ、ラッセルのお礼を言われ先行。 のち前後しながら登る。 お互い様とは言えありがとうございました。 で、山頂下の平で登行してゆかれる3人見送りながら僕らはひとときの休憩所設営し昼休憩・・・もう標高差はどれだけもないが、急登にちっちゃなアップダウンもありまた全員登頂経験あるので今回山頂はパス。 

しばらくして、ラガーちゃんにh羽さんの高岡ペア含め、長野の「チームこば」の兵どもが到着。 幕増設し一緒に休憩。 沢山美味しいものいただきありがとうございました。 こばさんらとは下山一緒に行動。 大阪の、みいさんまっちゃんは急遽本日参戦叶わずだった様で再会叶わず残念。

昼休憩1-130224 昼休憩2-130224 只今休憩中、赤禿山 -130224(日)

チームこばさんの6人パーティー -130224 合同昼食会1-130224 合同昼食会2-130224
こばさんが、僕がお気に入りなカメラ…FUJIFILM X10…を購入されたと聞き嬉しかった。 
いいカメラです。 描写も恰好も、そして温もりある道具を持つという楽しみもある。


一時の安らぎの場撤収し、いざと辺り見ると雪の量は確実に増えていました。 
あっという間に雪は増えていた -130224

気をつけてしばらく来た尾根板走らせ、標高1000mから北東斜面へドロップ。
なかなかな深きパウダースノー味わい、やや複雑な地形こなしながら下がる。
何見てるかと言うと(標高830m地点)-130224 ゆきこが飛んでいた(標高830m)-130224
みんなどこ見てるかとゆーと、ゆきこの大ジャンプ。 上手く下りたもんだ。 
写真は、やらせに後からわざわざ寝ころばせて撮ってます(^^) 

ボトムでシール貼り大峰峠まで標高差130m距離1.3㌔程登り返し・・・僕は一時シールトラブル。 養生して皆を追いかけました。 峠で待っててくれたみんなと合流し、再びシール外し帰りました。 
シール貼り登りに入る(標高540m)-130224 無事下山-130224
                                                      無事

今回の軌跡 赤と紫:スキー登行 …下り 峠からは滑走  青:スキー滑走
赤禿山スキー山行ログ -130224
※山は自己責任で。

      今回の鳥瞰図的イメージ
      鳥瞰図的地形イメージ、赤禿山 -130224

はっぱちゃんの動画で様子紹介。



吹雪の中の今回の赤禿山。 深くて軽い雪に乗れたのはもちろんうれしかったけど、同時に、同行者も口にしてましたが、登行時津軽三味線の音に乗せてさぶちゃんの風雪流れ旅が頭の中でエンドレス的にぐるぐる回り、暴風雪に叩かれれば叩かれる程燃えたことが、ん~いかったな~(*^^)v、僕の心を満たしてくれた、、、どっぷり山に浸れた、登山した、そんな感大きい、個人的にかなり好みなスキー山行となりました。 きびしい山の中でひととき過ごす、これも僕の密かな山の楽しみ。 好きなこと、人それぞれですね。


※ 標高値、距離は、myGPSより。



この記事に対するコメント

こばさん・初心者アルピニストさん・ラガーちゃんと遭遇されたんです。

寒そうだけど楽しそうですね。

【2013/02/25 15:19】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


♪まめちゃん
な~んも約束してないのにお会いしました。 
寒いほど、燃えるよ~(*^_^*)

【2013/02/25 17:38】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

いい雪でしたね
思いがけずお会い出来て嬉しかったです。

トレースに雪避けタープ、ありがとうございました。
鉄人イナリンさん、葉っぱさん、ゆきこちゃんにも宜しくお伝えください。

無事に下山(特に下りの運転^_^;)出来て良かったです。

‘山屋さん 吹雪いて喜ぶ 素手シュンちゃん’
お粗末さまでした。

【2013/02/26 01:15】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪ラガーマンマンさん
こちらこそ、再会うれしかったです。 そしていい雪でしたね。 休憩時は美味しいものたくさん頂戴しありがとうございました。 そうそう、帰りの148までも恐かったですね。 体全体に力が入り運転してないのに右足ブレーキ踏んでるアクションしてました(>_<)  おっ、なかなかな句ありがとうございます(^^)  みんなにもよろしく伝えまーすなんて、僕のブログ見てみんなラガーメッセージ伝わるかと^^;

【2013/02/26 07:29】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

楽しかったですぅ
斜面も広いし、久しぶりのパウダースノーで楽しかったですぅ。
今回は、こばさん達を驚かそうと内緒で参加。
みやちゃんから、シュン達が先行したよって聴いてて、なんとか会えたらいいなぁと
思ってましたが、いかんせん登り遅いので。

かえって、寒い中の長い宴会になってしまって申し訳ありません。
でも、会えて嬉しかったです。

下山した後、車で国道まで下るのに、車も滑降モードでスピンしたり、トラブルで約束のお風呂にいけませんでしたよ。


【2013/02/26 09:00】 URL | 初心者アルピニスト #- [ 編集]

お世話になりました
12月以来の再会、嬉しかったです♪
また、防寒シェルターのお陰で楽しいひと時も過ごせ感謝感謝
また何処かでお会いできるのを楽しみにしています。
【2013/02/26 16:08】 URL | こば #AN32Su.E [ 編集]


♪初心者アルピニストさん
久しぶりの再会うれしかったです。 その上にあれこれ沢山ゴチになりました。 ありがとうございました。 今回、そうですか、サプライズ登場だったんだ。 吹雪でしたが、北東斜面はなかなかな深く軽く、滑るにはよかったですね~(*^_^*) 歩く速い遅いは関係ないっすよ。堂々とわが道を行きましょう、山なんてそれでいいんですよ、気にしないでください。  そーそ、ホッとし帰る道も恐かったですね。 村の人は車で行き来しないんだから(^^)  ぼくらもおっかなびっくりで148に出(>_<)、風呂なしで直帰しました。 またお会いしましょう、よろしくお願いしまーす(^^)

♪こばさん
栂池以来でお会いできうれしかったです(^^)  X10使われてることも!(^^)! いいですよね~あのカメラは。何か血が通ってる感じがして。 こちらこそまいう~上等ななマトン頂戴した上に、四方山話におつき合いいただきました。 次どこでお会いできるか分かりませんが、滑走テクはもち、山と向き合う、静かながら確かな言動と仲間を思うハート、そばで見てて実は感動しておりました。さすがです。 
またご一緒したいです。 ありがとうございました。

【2013/02/26 19:19】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/822-aebba25f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)