旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



大地山(1167m)・・・ハレルヤ2月例会 -2013.2.17(日)

大地山からの初雪山 -13.2.17(日)
                           大地山頂からの初雪山(1610m)  2013.2.17(日)

所属する山岳会 “ハレルヤ” 結成9周年、活動10年めとなる2月例会。 大地山(朝日町)に行ってきました。 好天に加え気温低くで…この日の富山市の最低気温氷点下5.1℃ …青空の下、足元軽いパウダースノー、目を上げれば雪の造形美に白き峰々と、楽しみながら登ることができました。 そして、両翼広げこちら大地に壮大な尾根のばす、神が造りた芸術的とも言える初雪山のステキな姿を今回は拝むことができました。

出立前に -130217(日)
朝、章ちゃんが見送ってくれた(^^) 10人でさて行きましょう。

たまちゃん先生、急登もすいすいラッセル。
急登ラッセル-130217(日) 元ちゃんからアイスクリーム(^^) -130217(日)
久しぶりにすぐには尾根に取りつかず、ツリーウォーク楽しむ。 のちしばらく急登行き軽い雪にうれし身悶えしながら標高450mで尾根に這い上がる(^^) 621P超えた所で一服。 と、元ちゃんからアイスクリームが(*^^)v これにはちょっと驚いた。 冷たくてスゲー美味しかった。ありがとうございました。

鍋平(標高980m)登行中-130217(日)
好天の下、鍋平(標高980m)を軽快にラッセルしながらゆきます。 あー気持ちいい(*^^)v

山頂をはっきり確認できる頃から雪のフラワーロードにうっとり(*^_^*) 気温が低かったので、この日は取り分け景色が素晴らしかった様に思います。 みな思い思いにそれを楽しみながら登行です。 遠くに剱岳、そして、山頂に近づくに連れ初雪山が初雪山たるステキな顔を見せ始めます。 それがここ登る時の僕の密かな楽しみでありモチベーション保つ重要なポイントでもあります^^; 
雪のフラワーロード行く(標高1000m地点)-130217(日)山頂が見えてきた-130217(日)
晴天の中登る -130217(日)僧ヶ岳、負釣山、遠くに白山バックに酒呑老子氏 -130217(日)
標高1070m地点より剱岳-130217(日)標高1100mより初雪山-130217(日)
相ノ又トンネル抜けて樹林帯に入り鍋平までの雪の付き方はそこそこあり藪に難儀するということはありませんでしたが、ダムサイト出立時より今年の雪の少なさは明白。 鍋平以高山頂間、例年より1.5m程度雪が少ない状況でした。

山頂着。 しばし山岳風景眺め休憩です。
大地、山頂休憩時に by元ちゃん -130217(日)

大地山頂からは、黒部川扇状地の形に平地の積雪状況が手に取るように分かります(*^^)v
大地山頂より黒部川扇状地 -130217(日)

ゆきこゆきと遊ぶ-130217 マーちゃん軽い雪に、一瞬埋まる -130217
若いもんは元気、楽しそ(*^^)v  僕はツボ深ラッセルで登り返すのが億劫でパスですが(>_<)

大地山頂集合写真-130217(日)
いつ見てもすばらしい白き屏風をバックにハイパチリ。

2年前烏帽子山頂で初めてお会いした魚津の森くんと、ぴったり山頂で再会。
森くん,moto8さん-130217(日) 無事帰りました(^^) -130217(日)
                  下山は621P手前コルよりくろべ平経由にて下山。 無事帰りました。

今回の軌跡。 赤、登り。 黄、下り
大地myログ-130217の
※トンネル付近ログ一部暴走。 あくまで山は自己責任で。


参加されたみなさん、お疲れさんでやんした。 
帰ってビールがとても美味しかったものと思われます。 また行きましょう。

参加者 本間(元)、堀、玉野、秀永、志鷹、池田、稲荷、周戸、斉藤、飯田(世話人) 計10名
      ※ スノーシュー9名、アルミかんじき1名(池田)
見送り出迎え 秀永章史 下山時だんごいただきありがとうございました(*^_^*)



この記事に対するコメント

 初めての大地、この時期には珍しい好天に恵まれて大展望を満喫できました。雪の量は少ないとのことでしたが、少雪ならではの山頂に残る木々の霧氷を近景に眺める初雪山も、またなかなかのものでした。皆さんが大地・初雪山に惹かれるのもよく分かりました。

 今回はたまたま前日の夜から腹をこわしたこともあってか、登りはかなり厳しいものがありました。それも少しづつ復調し、無事登頂、下山できて本当に良かったです。

 今度は、残雪期(3月、4月?)に夏道コースで行ってみたいと思っています。

計画・運営・同行頂いた皆さん、ありがとうございました。
【2013/02/18 13:34】 URL | 酒呑老子 #- [ 編集]


お疲れ様でした。

白木峰以来でhシェフともお会い出来、思いがけない山行になりました。
シェフの相変わらずの美味しい料理、御馳走様でしたm(_ _)m
ユキさんのパウンドケーキも美味しかったです。

またどこかでお会い出来る時を、楽しみにしております。
【2013/02/18 18:00】 URL | クマ #- [ 編集]


♪酒呑老子さん
や~なかなか好条件な大地でした。 ありゃ前夜から腹痛でしたか(>_<) そりゃいけません。 でも、老子の標高1000mからのロングスパートすばらしかったです。 中盤付近はつらかったのでしょうが、終始、粛々淡々と登られる姿カッコ良かったです。 見てて、大地、初雪が 「あなたはすばらしい岳人、ちゃんと登頂させたげるよ」 って約束してくれてる様にぼくには見えました。 山頂に雪がない時は眺望ないので今一つですので、途中から雪に乗れる残雪期、加えて夢創塾まで車が入る時に登ってみると道中また違った趣がありますからこれまたお勧めです。 今回も一緒に歩けてこちらこそ楽しかったです。 ありがとうございました。

♪クマさん
ジャスト!お互い山頂に至った時会うなんてすごいタイミングだよね。 今回は初雪山日帰りの予定だった由、さすがすばらしい脚力、モチベーションです。 若い人が山歩いてることはすごくうれしいよ。

あっち…どっち(笑)で見たけど、このところ料理、特にお菓子作りに凝ってるんだ。 hシェフご存じの通りだけど、ユキコも料理上手だよ~ 今度クマさんのんまいもん山で披露、ごちそうくださーい。 個人的には杏仁豆腐希望(*^_^*)  あっ、写真も撮っていただき、ありがとうございました。  

【2013/02/18 19:24】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


しゅんちゃん、ども!酒呑老子様はあれで腹をこわしてたんですか?!驚きです。
今回は自分が大ブレーキとなってしまいました。というか最近どうもみんなの安心保険になってるようです。みんなの背中がだんだん小さく”見える化”阻止に向けて頑張ります!
クマさん、お久しぶりですっ!料理に凝ってるのにスリムとは羨ましい限りですっ!
しゅんちゃん!ゆっこちゃんの料理がだんだん上手くなっているのには、一役かってると思いますっ。料理の話しは真剣に聞いてくれますが、その他は適当にいなされてますっ!(笑)
【2013/02/18 21:53】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
シェフ、今回は前半足も口も少~し飛ばし過ぎたね~(笑)  山は速さじゃないよ、順位じゃないよ~  釈迦に説法だけど、大切なのは山と向き合い、山神様の掌で人間なんぞがちょっと遊ばせてもらってるという謙虚な気持ちと言動だよ・・・おっ言うね~^^;  でも慢心は僕ら中高年には最後命取りになるよ。 名門 「U高山岳部」 出身ってことに恥じないようこれからも山に入りましょう。 高校時代合唱部だった僕には憧れだよ、山岳部出身ってのは、今思うと。 どうやってもOBになれないもん(-.-)  今度大地か黒菱あたりで雪洞泊どうでしょう。 静寂とローソクの灯りに癒されるよ。

【2013/02/18 22:45】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

雪洞
良いですねぇ~。
雪洞とかイグルーとか掘ってみたいですっ!!

では今度、杏仁豆腐持って行きます(^-^)


hシェフさん
>料理に凝ってるのにスリムとは羨ましい限りですっ!

それは多分、嫁に苦労させられてるからかと・・(汗)
冗談ですよっ!f^_^;;)
【2013/02/19 22:22】 URL | クマ #- [ 編集]


♪クマさん

雪洞、作るのに時間かかるけど、いいよ~
雪山の世界がまたひとつ広がります、ロマンチックやし(*^_^*)

【2013/02/20 13:32】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/819-667eb0ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)