旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



野外活動、アンリの頂上(908m)下見 -2013.1.13(日)

標高560m付近最初の急登をゆく堀くんとたまちゃん -130113(日)
                  標高560m、最初の急登を行く、堀くんとたまちゃん -2013.1.13(日)

三連休2日目は、翌週に迫ったハレルヤ山行の下見。 上市、大倉山の露払い的アンリの頂上(標高908m)へ。 ハレルヤでは上下山の足並みそろえる為にスキーの持ち込みは禁止してるのですが、今日は僕だけスキー登山とさせてもらいました。 堀くんたまちゃん、さんきゅう(^^) 以下、さくっと写真にて備忘録です。

アンリの頂上着 -2013.1.13(日)
アンリの頂上着。 CD使って908m表示がされてました。

アンリの頂上にて -130113(日)
ハレルヤ黒部3人組。

骨まで食べれたhシェフのブリ大根 -130113(日)
堀シェフ作、ブリ大根。 
いつもながら控えめながら絶妙な味付け、完成度高し、
骨まで残さず食べれてとても美味しかったです。 さんきゅう。


アンリの頂上ログ -130113(日)
帰りは尾根に忠実にコルまで下りドロップ
・・・な~んてカッコいいもんじゃありませんが^^;

ほぼ無風な静かな山頂では、大倉山はもちろん、落ち着いた剱岳の雄姿に、大日岳、薬師岳など北アの巨人たちが静かに迎えてくれました、 あとは、来週晴れると良いのですが。




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/803-44f7566d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)