旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



迎春 - 2013(H25) 元日

新年あけましておめでとうございます。 今年は久しぶりに山の中(燕山荘…標高2700m)で新年を迎えました。 年末も年始ももう何年もずっと山に入ってますが、年越しと言うのは7年前のエベレスト街道以来のことでした。 

小屋入りの日の稜線上では、お約束ではありますが西から吹き上げる風速優に30m超えてたと思われる猛烈な風の洗礼を受け久しぶりに身が引き締まりました。 耐風姿勢とるも尚も吹っ飛ばされそうになるは、少ないまつげは真っ白に凍り付くは。 この日の気温氷点下18℃。 ひらばも寒いは寒いが、やっぱこの季節この標高の寒さはハンパなかったです。 と言っても今回のメンバーほとんどが日頃から山と係わる者たちでしたので、恐いもの知らず向こう見ず行き当たりばったり遭難予備軍ではなく、恐さ知ってるからこその慎重さ落ち着きある山行を結果終える事ができました。

燕山荘22-130101
                                     年越しをした燕山荘にて   2013.1.1

元旦、燕山荘 出立前に-2013.1.1
                                       元旦、燕山荘前にて  2013.1.1
                   
いい再会にいい出会いもありました。 「燕」という字も書けるよになりました(*^^)v すぐに忘れそうですが(-.-) 以下備忘録写真日記です。

12/30(日)
宮城ゲート手前駐車場(標高755m) → 中房温泉(標高1465m) (泊) ※ 距離13㌔ 標高差710m
         中房温泉4.5-濡れた衣類処理ししばし寛ぐ -121230
中房温泉1-121230 中房温泉4夕食-121230 
中房温泉2社長にフットワーク軽いハマショウ、ナイスガイだ 中房温泉3イクミ&ヒロシ-121230

  中房温泉5ヒロシ&ハマショウ-121230 中房温泉6周さんと-121230 中房温泉7裸のつき合い盛り上がる(^^)-121230


12/31・大みそか 
中房温泉(標高1465m) → 燕山荘(標高2700m) (泊) ※ 距離5.5㌔ 標高差1360m
第一ベンチ(標高1675m) -121231
合戦小屋(標高2380m) -121231
燕山荘(標高2700m)着 -121231

燕山荘1-121231 燕山荘2-121231
燕山荘3燕山荘赤沼社長に入ってもらいパチリ-121231 燕山荘4社長vs社長-121231
  燕山荘5ヒロシ髪の毛フェチ?-121231 燕山荘6ハマショウ&イクミ-121231 燕山荘8飲めない御酒を飲むゆうきくん-121231

燕山荘9晩餐会始まる-121231

燕山荘11従業員紹介-121231
燕山荘12イングリッドの兄と同級生の黒部の林さん-121231 燕山荘13朝日小屋清水さんも紹介され挨拶される-121231

燕山荘14-121231 燕山荘15-121231
燕山荘16ハマショウ&ゆうき、若いもんは美しい-121231 燕山荘17大阪中尾さん&京都浜谷さん-121231
燕山荘18僕らに、周戸さん越後ご夫妻山下祐輝くんと-121231

燕山荘19チラ見したサブちゃん風雪ながれ旅-121231 燕山荘20 年越しそば御神酒が振る舞われた-121231


元日 
燕山荘 → 中房登山口 → 宮城ゲート駐車場  ※ 距離18.5㌔ 標高差2070m  
燕山荘21-130101

燕山荘23(朝は水作りから)-130101 燕山荘24(雑煮も振る舞われた)-130101

下山時合戦小屋-130101


下山後、最寄りの風呂でさっぱりし静岡に帰るikumiを穂高駅に送り、小谷まで戻り軽く夕食。 後、黒部に帰りました。 や~自然牙向く高い山で迎える新年はやはり格別なものがありました。 いい思い出がまた一つできました。 同行の朝日小屋清水さんのおかげでいい思いさせてもらった。ありがとうございました。 そしてシュウさんとの再会に越後ご夫妻に神奈川のゆうきくん、燕山荘の社員で黒部の林さんとも出会え楽しくそして嬉しかった。 ありがとうございました。 また留守を守ってくれたイングリッドさんきゅう。 ではみなさん良い正月をお過ごしください。  

※ 標高、距離はMy GPS値より。 お会いしたみなさん写真はお好きにお使い下さい。




この記事に対するコメント

しゅんちゃん、あけましておめでとぉ~すっ!
今年もよろしく願いますっ!
すんごいとこ行ってきたんですね!なじみの面々も(老若男女に渡っ・・・おっと失礼)
マイナス18℃に突風、体感温度もはんぱなかったでしょう!
こんな強烈にインパクトのある新年なんてそうめったにめぐり逢える
ことじゃないですよね!
さすがしゅんちゃん、まさに”芸シュン!”ですね!
【2013/01/02 08:08】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
や~ひっさしぶりに、寒かった風強かった、、、、でもやっぱ楽しかったー(*^^)v 再会に新しい出会いもあり、そんでもって、標高2700m外氷点下18℃吹雪という状況の中の山小屋で、新年のカウントダウンするという、貴重で贅沢な体験は、より非日常的で良かった。 呑みながら箱根観ながらんなるけど、ぼちぼち年越し山行の様子写真アップするね~

後先になったけど、シェフ、あけましておめでとう。 
今年も適度に、おやぢパワーで遊びましょう(^^)  よろしく~

【2013/01/02 08:35】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

お疲れ様でした!
俊さん、先日は大変お世話になりました!
私は未だに燕山荘に停滞中です。
昨日は縦3m、横1.5m、高さ2mの穴を掘ってテント張りました(笑)


今日はここ一番の吹雪です。
小屋でまったりしてます。
また、どこかでお会い出来ますように!

獅子の男より。
【2013/01/02 11:05】 URL | 山下祐輝 #- [ 編集]


♪山下祐輝さん
おっ、獅子の男・山ちゃん改めゆうき! まだ燕山荘停滞中なんや(*^^)v いいね~  僕らが下がった昨日、あの吹雪く超低温下テント泊したんだ。やるね~ ひとつまたスキル上がったね(*^^)v  で、今日が一番の吹雪なんだ。生命の存在すべてを否定する世界だね、そこは(>_<)  年越しの一泊二日こちらこそ楽しかったよ、さんきゅう。 おいおい中房温泉からの様子写真アップするから楽しみにして・・・ちょっと危ないのもあるし(*^_^*)  
あっ!下山したら、このブログでもいいし携帯へでもいいから無事下山の連絡されたし、よろしく(^^)

【2013/01/02 13:29】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

レベンジ?
謹賀新年
あれは6年前でしたね。やはり吹雪の燕山荘登山でした。ビールとワインを少しだけ飲んだせいか次の日体調が悪くなりご迷惑をおかけしたりしました。そして中房で2泊し温泉を楽しみましたね。翌年私と増田さんはリベンジして快晴の山頂を踏みました。今回ももしかして・・・○○男かしら?  
昨年の暮れの26日から28日まで燕岳に行ってきました。27日は風が強いものの360度の展望を楽しみながらの登山でした。楽しそうな越年登山良かったですね。晴れた燕岳ご一緒しましょうね。今年もよろしくお願いいたします。
【2013/01/02 20:47】 URL | bambahaha #- [ 編集]


♪bambahahaさん
ジャスママ、明けましておめでとうございます(^^)  年が明け6年前となったあの時の燕山行、なつかしいです。 あの時の中房温泉での2泊、ゆっくりまったりできて癒されたこと思い出します。 あの翌年リベンジされたんだ(*^^)v そして昨年も僕らの直前に出かけておられたんですね。 何度行っても良いところですね、あそこは。 と僕らは、下山に余裕を持ちたく今回も戸開けたとたんの荒天にあっさり山頂踏まず下山してきました。まぁ最初から登頂に拘りなかったのですが(笑) 機会がありましたらまたよろしくお願いいたします。 それと増田さんはお元気でしょうか。 よろしくお伝えいただければ嬉しいです。

【2013/01/03 06:29】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


大晦日の夜はワインやおつまみをたくさんご馳走になりありがとうございました。京都のHと共にお礼申し上げます。また写真も掲載していただき嬉しかったです。ケロリンの横でなくよかった(^^;)。行き帰りの道中は吹雪いて大変でしたが、シュンさんのおかげで山荘での年末年始は楽しく過ごすことが出来ました。一期一会を大事にし、今夏は是非清水さんの朝日小屋を訪問したいと思います。どうもお世話になりありがとうございました。
【2013/01/03 21:17】 URL | 大阪のN #- [ 編集]


♪大阪Nさん
こちらこそ大みそかお二人でゆっくり静かに過ごされたかったでしょうに、一つのストーブ囲んだ縁と言いますか、袖触れ合うも他生の縁と言いましょうか、静かな空気の中ではありましたが、お二人の関西の「ノリつっこみ」、テンポあり楽しかったなぁ(*^^)v  こちらこそありがとうございました。 上下山時折吹雪かれましたしあの標高じゃ寒くて一つの動作こなすのも大変でしたが、中房も燕も宿は良かったですね。 今度の夏はぜひ朝日小屋にお越しください。 高山植物の宝庫です。 連絡下さり日が合えばご一緒しまーす(^^)  今年も良き山旅お続けください。 ありがとうございました。

【2013/01/03 23:50】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


シュンさん、年越し楽しかったですね。
ありがとうございました。

この先何年か経って振り返ってもきっと心に残っている山行でした。

今年も朝日だけでなく、たくさんお会いできますように

写真もたくさんありがとうございました。
ぜんぶスッピンですみません・・・
でもいくつかいただきたいと思います。


っていうかケロリンの写真載せたんですね・・・

【2013/01/05 10:26】 URL | ikumi #- [ 編集]

今年も宜しくお願いします
あけましておめでとうございます。

山での年越し、夢ですが気温氷点下18℃に加え強風ですか・・・^_^;
修行の足りない自分にはまだまだ厳しい世界です。

外が寒い分、小屋の中は暖かさと人の温かさ、そしてアルクホールの効能を十分に感じられたのではないでしょうか!

本年も宜しくお願いします。

【2013/01/05 13:37】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪ikumi
大自然のきびしさにほんのちょっとだけ触れることができた山行だったね。 静岡の山岳会で今回以上のことこれから一杯いっぱい学んでちょうだい。 人は人とのみ山を歩くんじゃないよ、人は山とも対話しながら歩くんだよ。 山神様の大きな手のひらの上でなでなでしてもらいながら、山神様のご機嫌観ながら少~しだけ遊ばせてもらうんだよ本来は。 、、、それが山というものだと僕は思ってます、なーんて(^^)  写真好きに使ってちょ。 今回も遠路ありがとう。 また山に入りましょう。

♪ラガーマンマンさん
おめでとうございます。 なんとかなるもんですよ、寒くても。 でもはっぱちゃんが、もしここで大火災起きたら一体どうなるんやろね、なんて言うもんだから寝られなくなって ←ウソです( 一一)  少しマジに考えたりしました。 ラガーちゃんと一緒にそういう状況におかれたらとにかく泥酔して二人で痛み感じずに丸焼けになりましょう(*^_^*)  新年早々縁起でもない話してすみません、こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。

【2013/01/05 20:40】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/798-1323c391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)