旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



10日振りに晴れ、眺望良ろし(^^) -2012.12.13(木)

今日の僧ヶ岳(標高1855m) -121213(木)
                             今日の僧ヶ岳(標高1855m)   2012.12.13(木)

今日12/13の黒部は10日振りに良い天気になりました。その間に平地にはまとまった雪が降り積もりそして寒い日が続きました。あー灯油がどんどん減ってくよ~(>_<) 写真は市内高台よりの今日の僧ヶ岳(標高1855m)近景。子供の頃から親しんだオラが町の山ってところでしょうか。 久しぶりにこの山の素顔見たような気がしました。 見る角度によってはなかなか凛々しいじゃない、とも思いました。
そして、黒部自宅付近から見る僧ヶ岳は、滑川以西富山県東部から見る、北アの貴婦人、薬師岳にちょっと似ています。 でそんな感じな、自宅からの烏帽子山 ~ 僧ヶ岳(ど真ん中)~ 右にちょっぴり剱岳、の今日の夕景です。この後もっと焼けましたが写真に収めること叶わず(-_-メ)でした。
自宅より烏帽子山~僧ヶ岳~頭だけ剱岳 -121213(木)


こんな景色見てると思い出すのが、東京での学生時代、黒部出身と云うと「冬は大変だろ!」とか「ダムの近くか?」、極端なとこでは…からかいも含めてでしょう、「電気来てるの?」とか言われ、出身地を言うのがヤだった頃が一時ありました。 都会にあこがれる多感な頃だったんですね、今思うと。 時が経ちふるさとに住める喜びを今は感じます・・・近所づき合いはとても苦手ですが( 一一) そして、外車や超高級車には品川や横浜、神戸ナンバーが似合うように、でかい四輪駆動車には、松本飛騨新潟そして富山ナンバーが似合う。 山に身を置く様になったこともあり、出身住まい「黒部です」は、いいおやぢなんに今はちょっと嬉しかったり・・・ミーハ ^^;



この記事に対するコメント

そうそう、黒部出身と言うのは相当気恥ずかしいものがありました。
「日本のヒマラヤか」と言われたり。
せめてもの抵抗というか、出身聞かれると、イントネーション変えて言ってました。
くぅ”ろ”べ、ではなく、”く”ろべ、って感じに、”く”にアクセントおいて、”ろべ”は軽く流す感じ!!(恥ず)・・・山手線で田舎から出てきた友達が、大きな声で富山弁丸出しだと、顔から火が出るくらい恥ずかしかったですわ!(笑)
【2012/12/13 21:07】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
おっ、シェフもそういう思いありましたか。 若い頃って都会にあこがれたね。 で方言分からないよにせめてイントネーション関東風にだね^^;  田舎から出てきた友人、さて、誰なんだろう(笑)  

と、9年前12月に2人で僧ヶ岳登ったね。 鉱山道の傾斜の大きなトラバース道が氷雪で危ない思いしたこと思い出します。 あの頃は若かったね~ 体も気持ちも(^^ゞ

【2012/12/14 06:39】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


黒部と聞くとダムを想像しちゃいます(^^)
山ばかりっていうイメージ確かにありました。
山を始めて最近そちらに行く様になりましたが
前を向くと海、振り返ると立山が一望できる
国道筋は大きなショピングセンターがあり
移動手段さえ持てば、なんと住みやすいところなんだと思ってました・・
この冬の大雪を少しばかり体験してスキーやる者にとっては
直ぐにゲレンデに行けると羨ましく思うものの・・日常生活では
大雪は困ったものだと痛感しました。
お年寄りにとって長年住んだ地だから当たり前かもしれませんが
都会に住むお年寄りがそちらに移ると生活やって行けないのでは?

黒部のシュンちゃん・・・素敵なネーミングです。
都会のシュンちゃんだったら・・お付き合いしてないかもです(笑)
【2012/12/14 09:07】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


♪まめちゃん
そっかー黒部って響き、ダムで山ばっかっていうイメージかぁやっぱ。 そしてそれってこれからも変わらないもんかもね。 でも黒部市ってのは、海抜0mから標高2696m・唐松岳・・・多分・・・まで、山あれば海もある街なんですよ。 山海のういんまいもん沢山あるよ(^^) 

雪はやはり日々の暮らし、特にお年寄りには手強い相手です。 まっそれが山にたんと蓄えられて、水不足というのは富山にはまずないけど。 都会の方が田舎暮らしにあこがれてこられても山間部での雪との格闘なかなかつらいっしょね。

ネーミングほめていただきありがとう。 都会のシュンちゃんにはどうひっくり返ってもなれないよ、ご安心くださ~い(^^ゞ

【2012/12/14 19:00】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/790-1efffcfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)