旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



山友の画展、ほか - 2012.10.21(日)

ekoちゃん画展1-121021(日)
                               「祈り」  引き込まれるすばらしさでした。  
                   ※ 写真にはスポットライトの反射にもやなども写り込んでいます。

ちょうど10年前の春(2002年4月)、大地をご一緒したのがご縁での山友、ekoちゃんが今年も画展を開かれたので、今日午後訪れました。 ん~だって芸術の秋やもん!です、、、って、あんまその辺繊細じゃないのであれなんですが、そしてことばで上手く言えませんが、なんか・・・やさしいものが伝わってきました。 モチーフはもちろん全部山です。 ekoちゃんの作品は年々、優しさ柔らかさが増してってる様に思います。 マイペースなとこもあるけど(失敬!)それでこそ芸術家でしょう、そして彼女が持ってる女性らしい深い部分が画にちゃんと現われるのでしょうね。

ekoちゃん画展2-121021

ekoちゃん画展3-121021

ekoちゃん画展4-121021


と、居合わせた来場者の中に、9年前の残雪期に白鳥山をご一緒した方々がおられたので、ekoちゃん共々ハイパチリさせてもらいました。 あれから結婚されママになってる方もおられました。 落ち着いたらまた山に行きましょう。 あっ僕がよぼよぼになって歩けなくなる前に頼んますちゃ^^;  ・・・もうお一人おられればあの時のメンバー全員だったのかな?
ekoちゃん画展5-121021


話しは前後しますが、今日の午前中、一年前のバイク事故の現場に行きました。 あの時と同じルート、八尾から峠越えで利賀入りしました。 写真中央奥からまっすぐこっち側に空へジャンプ&ダイブしたのでした(>_<)  現場で落ちたとこ覗き込むと今だ足が震える、すくむ感じが少しありましたが、これであの時のことを払拭し前に進める、そんな気持ちになりました。
一年前のバイク事故現場-121021(日)


そして今学祭やってる息子1の所へ。 一応何らかの形で参加してる様でした(^^ゞ 人に揉まれてやっと半人前。 勉強も大切ですが、社会勉強も集中的にやって、きたる社会人暮らしに備えて下さい。
法科大学祭-121021


本日別動隊のイングリッドにメロディは、押切もえ見たいで、上の写真の所にならんでたのですが、僕は、押切もえって神田うのとあまり区別つかんし、つーか趣味じゃないので、早々に退却。 で、お昼はお気に入りな、支那そばや 翠月へ。 今日はsara(オフロードバイク)で出かけてたのですが、待ち時間僕の後ろの方VMAX(YAMAHAの大型ロードバイク)に乗っておられる方・・・40代後半かな?  山程ではないにしても他人・・・取分け女性には分かりにくい、マニアックな世界にいる者同士、お互い控えめながら話し弾みました!(^^)!  で、美味しくいただき、ekoちゃんの画展へと向かったのでした。
支那そばや- 121021(日)
                                              塩ねぎラーメン


柄にもなく絵画に親しみ、心豊かになり、帰黒。 ガソリン入れsara拭いてやり帰宅。 今日はバイク走らせながら時折とてもいい甘い香りがした・・・キンモクセイ?コスモス?・・・ でも、同じくらい、ガソリンの匂いにオイルの焼ける匂い、いいね~(^^ゞ  さて、洗濯もんも干したし腰にモーラステープも貼った。 そんでもって芋焼酎のお湯割り飲んで、あーまんぞくまんぞく~ (^^ゞ   

あの世は知らないけど、生きてるって、いいね!



本日の走行距離 : 224.0km  燃費 : 37.6km/ℓ




この記事に対するコメント

うわーっ、暖かい絵ですね!
これは何処でやっているのですか?

個展は撮影OKなんですね。
以前、知り合いの画家さんが出展していた場所でカメラを出したら即注意されました^_^;

バイク事故から1年経ったのですね。
長かったのか、短かったのかはシュンさんが思うこと。
私はただ回復されて良かったと思うだけです。
もう白いシーズンもOKですね。

押切もえが来てたのですね(^^)
私は実物を見てみたい気も・・・
泊りだろうか?今から散策してみようか・・^m^
【2012/10/21 21:43】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


ご来光の絵、すばrしいですね!
臨場感が伝わってきて自分も絵の中にいるようです!

奈落の底、こわぁ~、ほんとに、よくあんなところから這い上がってきたもんです!

おぅ、立派になられましたね!!
【2012/10/22 07:39】 URL | hシェフ #- [ 編集]


もぉ~すっかりあの時のことはお忘れで前だけ見て進んでいると思ってましたが
>これであの時のことを払拭し前に進める、そんな気持ちになりました。

生きている限り、辛いことも悲しいこともあるけれど、生きているから楽しいことも嬉しいことも沢山ありますよね。
シュンちゃんと出会えて楽しい1年でした。これからも遊んで下さいネ♪

山友さんの絵・・写真と違い、優しいとってもいい感じの絵ですね。
自然の素晴らしさが分かっている人にしか書けない絵なんでしょう♪
こんなに器用に書けるのが羨ましいです。見ていてホッとしますね!

少し照れている息子さん・・頼もしいですね(笑)

【2012/10/22 09:44】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


♪ラガーマンマンさん
ぬくもり感じる作品が多かったです。 これ立山町吉峰の風呂の近くの「ガーデンプレイス吉峰」の彼女のアトリエでやってます。。。つーか今日の午後6時までですが^^;  写真は画伯の許可を得ての掲載。 普通はダメでしょうね。 

バイク事故から一年。 このシャバに帰ることがでいたのはラッキーだと思います。 しばらく、思うようにならない不自由な体で生きてみて、障害者や高齢者、弱者の気持ちが少しですが分かりました。 白いシーズン、OK!です。 ご一緒しましょう。 スキー技術教えてくださいね。


押切もえ、昨夜、散策されましたか~(笑)


♪hシェフ
でっかいその画、静なる中に、見る者をそのキャンバスに引き込む迫力がありました。 

事故現場は昨年より草木が大いに茂っていました。 這い上がるのには苦労しましたが、あん時ゃ必死(@_@)  なんもかも忘れ顔に爪ん中真っ黒になり上がりました(-_-メ)  完全に元の左足腰にはやはり戻りませんが、ここまで回復でき、ぼくは十分満足です!(^^)! また山に行きましょう。


♪まめちゃん
事故の記憶はたぶんいつまでも忘れないと思います。 ぼくもまめちゃんと知り合えてうれしいです。 生きてるからだよね、やっぱそれも!(^^)! きんぎょさんに行きますよ~ その時は事前に連絡しますね。  

画伯ekoちゃん自身が山を歩いておられるからこその、そこに行った者でなければ描けない、そんな作品が多かったです。 そしてとっても癒しになったなぁ(*^_^*) 

息子は現在大学の学生会長をやっているので、学祭とかは率先して参加しなければならない立場なんすよ。 実行委員会のメンバーに教職員の方々始め多くの人々と接触しなければならなかったようです。 高校時代まで引っ込み思案だった彼が、今回は少したくましく感じました ← こういうの親ばかって云うんでしょう(*^_^*) 

  
【2012/10/22 17:59】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/769-2739a0d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)