旅のしおり
プロフィール

シュンちゃん

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



剱岳(標高2999m)早月尾根日帰り山行 - 2012.9.24(月)

剱岳山頂にて -2012.9.23(日)
                    剱岳(標高2999m)山頂にて ※後ろが立山  2012.9.23(日)

剱岳(標高2999m)へ日帰りで行ってきました ・・・馬場島より早月尾根ピストン。 
早月尾根日帰りは9年振りの事でした。 以下備忘録です。 

このルート、標高770mから山頂2999mまで、単純標高差約2230m。 私のGPS値からですと、その累計標高差は2430m。 そのほとんどが胸突き八丁で加えて気が遠くなるほど長い。 そしてつまりはその分下りはややこしい急坂を下がり続けなければなりません。 ドMな方にぴったしなコースです。 同行はラガーマンマンさん。 文字通りラグビーで鍛え上げられた強靭な肉体もつ40代。 胸なんかぴくんぴくんです(*^^)v

今の自分の体力・脚力を確認しにゆく様な今山行。 言い換えれば年寄りの冷や水的山歩きです。 ラガーちゃんが早くに出ましょうと言ったのに、自分は4時集合で5時に歩き始めりゃいいやない、なんて言ってたのですが、結果ラガーちゃんの言う通りにして良かったです、ありがとうございました。 で、早朝2時に馬場島を出立しました。 

最初は降っていなかったのですが、標高1400m地点から雨具を着ました。 悪天予報でという事でしょう、昨日小屋に止まった登山者のほとんどの方が登頂を諦め下山して来られました。 で後も淡々と歩を進めるものの先を歩く僕の足が、標高2000mで一時止まり迷惑をかけました(ごめん!)・・・どこがどうという訳ではなかったのですが、何か歩くのがイヤになったというか。。。今まで味わった記憶のない不思議な感覚・現象でした。 今思うと「なんやったんやろ~」って感じなんですが、要は寝不足からくる集中力不足ではないかと思います。 

さて、小屋手前の新しい尾根道、木の根に少し泥々でしたが以前の道より僕には歩き安かったです。 で、へろへろという訳じゃないのですが、先のロングコースを考慮し、5時間以上かけて早月小屋に到着。 小屋入口の温度計見ると8℃。 立ち止まって少しすると、、、寒い(>_<)  小屋主ケンちゃんが、温かいお茶を自ら入れて下さり腹から温まり元気回復(*^_^*)

小屋を後にし標高上げるに従いやはり寒さが襲ってきました。 風がないとそうでもなかったのですが、吹かれると途端に体の芯まで冷える。 程なく我慢できず雨具の下にフリースを着込みました。 秋山の怖さを肝に銘じながら、そして男2人旅ならではのここでは言えないような○○話しに花が咲き(*^_^*) 前進。 あっ、あくまでモチベーション維持の為です(笑) で、岩場に入り稜線に出て強風にさらされしばらくゆくと山頂に至りました。 11:40 登頂。 9時間40分かけての登頂でした(前回までは5時間台でしたからやはり歳には勝てないですね)。

標高2900mクサリ場1-120923 標高2900mクサリ場2-120923 標高2910m付近下がる -120923

僕らの登頂からしばらくして別山尾根から来られた静岡の方の話しによると、早めに登頂された人の話しだと山頂は今日みぞれが降ったとの事でした。 山頂付近は強風という事もあり体感温度は氷点下だったと思います。 山頂で凍える中、10年前の秋分の日の下山時すごいあられが降り、一瞬で辺りが真っ白になりとても怖かった事を思い出しました。 

剱岳山頂、ラガーちゃん1-120923 剱岳山頂、ラガーちゃん2-120923
孤高の岳人、ラガーマンマン。  カッコいいねぇ~   実は凍えてる?

      剱岳山頂、ラガーちゃんと-120923
      なぜか僕らがいた30分は、眺望もまずまずあり天候比較的穏やか、
                     寒かったですが、雨には降られませんでした(*^^)v
      社がない山頂はレアかも(-_-メ)

2600m標識地の様子 -2012.9.23
標高2600m標識(実際は2570m)の様子。 すでに紅葉が始まっていました。

伝蔵(早月)小屋のケンちゃんと -120923
15:10 小屋まで下がると、ケンちゃんに「飲んでかれ」と言われ、沢山よばれました。
世話になり、ありがとうございました。 で長居し過ぎて午後5時10分小屋を後に。
間違えることのない道ですが、長いし雨で滑りやすいので一歩一歩気をつけて下がりました。

標高2000mで日没 -120923(日)
18:00 標高2000m標識地にて日没。 
雨が降ってることもありますが山は夜の訪れが早い。

みかん休憩 -120923
19:00 標高1800m標識地にてみかん休憩。
ラガーちゃんが重いのにずっと担いでくれていた。さんきゅう、美味かった(^^)

その後も足元ややこしい+ぬかるんだ急斜面が、ヤんなるほど続きます。 真っ暗な土砂降りの中、雨具かぶり、ヘッデンが照らし出す一点のみを見続けてただただ下がるというのは、日中の降っていない時に歩く時の倍時間がかかるような感じがしました。 でも真面目に歩けば(笑)いつか終わりはやってきます。 21:35 登山口到着。

闇を背負って登り、闇を背負って下りた、実に19時間35分に及ぶ山行はこうして終わった。 一日の行動時間としては最高記録だと思います。 記録も記録だが、記憶に残る、ある意味充実の山歩きになりました。 そして、今回で15回目の登頂となった剱岳。 もう55だしこれで日帰りなんて山行は止めにしようと思います(^^ゞ



この記事に対するコメント

雲上の人

この写真良いですね・・こんなとろこに姿勢正しく笑顔で立ってるなんて凄いです。

憧れの早月・・レポよろしくお願い致します♪
【2012/09/24 14:27】 URL | まめちゃん #- [ 編集]

いい写真
本当に、いい写真ですね!(^o^)

被写体は勿論、背景・カメラもいいのでしょうけど、
撮り手も素晴らしいです^m^

お疲れ様でした。

PS スマホからのコメントアップ、認証で何度も蹴られました。
自分の使い方がオカシイのでしょうかねぇ?
【2012/09/24 15:00】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪まめちゃん
正に雲上人でした。。。寒かったけど(>_<)
写真は、シャッター切ったラガーちゃんの腕前でしょう(^^)

♪ラガーマンマンさん
今回はありがとうございました。
そして、すばらしい写真もありがとう(^^ゞ
スマホからの・・・
どうしてなんでしょうね??
こちらに心当たりは、、、ないなぁ( 一一)

【2012/09/24 16:28】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

連投失礼
スミマセン、時間からすると書き込み途中に投稿したようですね^_^;

いや~、お疲れ様でした。
そして私の記録更新(昨年の19時間)の場に立ち会って頂きありがとうございました(^o^)

寒いし、長いし、でもあの状況で山頂に立てて良かったです。ありがとうございます。

早月小屋でのお二人の山ヤ同士のお話も興味深く聞かせて頂きました(酒を呑みながらでしたけど^_^;)


今時の‘孤高の岳人’は、股間に手を入れてポーズを取るみたいですね。
‘股間の岳人’と訂正しておいて下さい(^^ゞ

先輩に対して失礼ですが、
あれだけの長い山行になると後半はその人間性が出ると勝手に思ってます。
暗い雨の中も黙々と淡々と歩かれるシュンさんこそが岳人だなぁ~と思いながらご一緒させて頂きました。

また同行願います。あっ、早月尾根ではないですよ^m^
【2012/09/24 18:22】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


何だか感動しました。
簡単に行って帰られたのかな?
と、思っていました。
仕事でも無いし。プレッシャーも与えられて無いし。
でも五十五歳でやり遂げた心の真ん中にある強さ
みたいなもの。
素晴らしいパートナーに恵まれたのも幸運でしたね。
見習いたいです。
【2012/09/24 20:30】 URL | ねぎ #- [ 編集]


21時35分!(驚!)
当人は、もう寝てる時間です。(笑)
【2012/09/24 23:07】 URL | 太田雪舞 #puV7Bxxc [ 編集]


なんとまぁ~富山人は何をするのか(@_@;)
呆れると共に驚きであり尊敬致します。

劍登山は早月尾根に拘るのが分かったように思えます。

ラガーちゃんとのコンビ楽しそぉ~ですね。
両人ともに人を気遣う優しい方々だから・・こんな悪条件でも登れたんでしょうネ
私達夫婦だったら早月小屋にたどり着くまでに離婚しているでしょう~(>_<)

シュンちゃん・・完全復活・・今シーズンのBC楽しみですね。
疲れた時にシュンちゃんの笑顔が忘れられません。疲れも取れるし・・凄い安心感があるんですよね。きっとラガーちゃんもそぉ~だったんではないでしょうか?
【2012/09/25 09:23】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


♪ラガーマンマンさん
ラガーちゃんと2人だから今回の状況下でも山頂に至れた、今そう思っています。 3000mのロングコースに必要なモチベーションの維持、ラガーちゃんすごいよ。 内心折れそうになった時元気をもらったよ。 体育会系の底力を感じました。 ありがとう。

孤高の岳人は股間で指先の血流を戻す。 おっ!と思いましたが、理にかなってる様に思います。 体の芯やもんね(*^_^*) ともあれ、岩場抜けた稜線からは、取分け寒かったね~ 

早月の小屋主ケンちゃん、シャイで口下手だけど、ハートあるねぇ。 僕は独特な芦峅衆の匂いが好きです(*^_^*) まぁすすめられるままに飲んじまい、ころころに酔っちまいましたが(笑) 亡き丸山さんの話しも聞けたし、ケンちゃんの武勇伝もお聞きできたので有意義なひとときでした。 長い時間つき合わせすみませんでした。

ラガーちゃんすばらしい岳人ですよ。 こちらこそまたご一緒願います。


♪ねぎちゃん
そう、今回は仕事でもなし、プレッシャーもなしな、いわばフリー山行。 自分が、自分と山とだけ向き合えた山歩きでした。 体力脚力に加え、気力精神力伴わなければこの歳だとこのコースは日帰りで、登頂し下山できないものだと思いました・・・早月小屋でチト長居しすぎたこともありますが、上がった以上は何としてでも下りんならんし(>_<)、、、 が正直なところかな^^;  ラガーさんといういいパートナーがいたことも大きな力でした。 仲間はありがたいね。

♪雪舞さん
ぼくもいつもはその時間はもうねんねの頃です^^;

♪まめちゃん
とやまって、近くにこういう山があるからしょうがないんっすよ(-_-メ)  ホントはやりたくないんですよ^^;  剱岳で僕が一番好きなのは、自宅→馬場島→(早月尾根)→剱岳山頂→(別山尾根)→剣山荘(泊)→(別山尾根)→剱岳山頂→(早月尾根)→馬場島→自宅  です。 これだと交通費かからないし、山頂に2度至れます。 そして早月尾根日帰りより、3割程度楽です。 

ラガーちゃんとの山歩きは、常識+陽気な変人(ごめん!)的でとても楽しいし、あの体育会系にはどこか底力を感じ頼もしいです。 早月小屋に着くまでに離婚届け~?! いつもザックに装備されてたりして~(@_@) んなことないわな、失礼。

今度の冬から、まめちゃんもぜひ山スキー始めましょう。 登山に入り込んだ時よりもっとはまりますよ。 楽しいよ~!(^^)! 
 
【2012/09/25 20:33】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


しゅんちゃんっ!!
今度しゅんちゃんにあったら手を合わせて拝ませてもらいますっ!(爆)

闇を背負って登り、闇を背負って下る~~~、ん~~平成の修験者さまですね!!
これこそ、好山病の極致!?・・・病みを背負って登り、病みを背負って下るとも!

冗談はさておき、ふたりとも凄すぎます!山に対するひたむきな情熱に拍手!!!
【2012/09/25 21:03】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
剱岳・早月尾根日帰りって、例えれば、海抜0メートルから朝日岳山頂までの標高差を、日帰りで往復するに匹敵します。 寄る歳波、てっぺんに立てば心臓は3000m超えるしで、やっぱきつかったです(>_<)  そういうシェフも病気みたいなもんでしょ^^;  また一緒に歩きましょう。

【2012/09/25 21:30】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


山頂の写真、初対面(大辻山)の時の写真より身軽そう!(笑)

精神的にも肉体的にも、10年若返った感じ。
【2012/09/25 23:04】 URL | 酒呑老子 #sADubaXA [ 編集]


♪酒呑老子さん
おっとうれしいことおっしゃってくれますね~  しかしその実態はと言いますと、初対面の時に比べこの山でか過ぎるので、僕が小さく見える訳でして、確実にあの頃より成長しております(-_-メ)   精神的にも少しは思慮深く成長したように思っておりますです、はい(^^ゞ   老子の様にと思っているのですが、その背中まだまだ先遠くです。 精進しようと思います。

【2012/09/26 07:24】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


俊さん、
やっぱりすごい!!
【2012/09/26 07:33】 URL | ikumi #- [ 編集]


♪ikumi
年寄りの冷や水だよ^^;

【2012/09/26 07:36】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

ただただ
ヤマ素人のおいらからするとただただ心配するのみ

しかし劔に立ってるシュンの姿を誇らしく思うなり!
【2012/09/27 21:43】 URL | クルメの3144 #- [ 編集]


♪クルメの3144ちゃん
いやはや心配かけ、ごめん!
  
3144ちゃん僕には真似できないランナーやん(^^ゞ  
膝の具合は最近どうなんでしょう? 
ぼくら体のあちこちにガタくるお年頃だね、でも、 
お互い好きなことは止められんから、やわやわ使い、 
少しでも好きなこと長く続けよーぜ~(^^ゞ 

九州に台風近づいてます、被害出ない事祈ってます!

【2012/09/28 15:05】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/760-34a1296d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)