旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



お盆避暑山行、立山縦走 -2012.8.15(水)

大汝山、たまちゃんと-120815(水)
                 立山・大汝山(標高3015m)山頂にて、たまちゃんと  2012.8.15(水)

高校の同級会で徳島に帰ってた、たまちゃんが帰省?してきたので、避暑山行としゃれこもーぜ~ と荒天予報の中ではありましたが、立山に出かけました。 彼と二人で山に入るのは2年前の風吹山以来かな? そして彼に歩く気もちろんありだったわけですが、僕のその辺のメーターはエンプティ状態^^; 密かな狙いは 「歩かない山、温泉と飲みで過ごそう」 でした。 

8月14日(初日)
昼前に今日の宿雷鳥荘に着き、真っ昼間から自炊場陣取り、昼食兼ゆるゆる宴会モード。散歩もしそして湯につかる。 温泉へ慰安旅行に来た様なもんです。あーちあわせ~ でのち夕食もしっかり。 ・・・と、翌日の予報見ると晴れやない(+_+)  あっちゃ~(>_<) 

地獄谷の様子-120814 雷鳥沢テン場の様子-120814
地獄谷の様子                      雷鳥沢テント場の様子
近づけないと言われると逆に行きたくなる。     夕陽が差しコントラストがステキでした。

立山(富士ノ折立~大汝山~雄山)-120814 かけ流し展望風呂-120814
立山                            かけ流し展望風呂、ん~気持ちいい
富士ノ折立(2999m)~大汝山(3015m)~雄山(3003m)

雷鳥荘夕食-120814 食後のコーヒータイム-120814
上品な味で美味しくいただきました(^^)        山ならではの静かで至福の夕暮れ時

ぼくは見なかったが、ひととき満天の星空が広がっていたらしい。 ん~ロマンチック~(*^_^*)


8月15日(2日目)
という事で入れたカロリー燃やさんにゃ~もあり、翌2日目は立山縦走の旅(^^ゞ (雷鳥荘→一ノ越→雄山→大汝山→富士ノ折立→真砂→別山→剱御前小舎→雷鳥荘) に出ました・・・山屋の性でしょう(-.-)  晴れの予報だったもののやはり山の天気です。 結果前半は冷たい雨に降られ、元ゴアテックスながらすっかりお互い「シミ(沁み)テックス」な雨具に(笑)、「これ以上の冷房は勘弁してほしいよナ~」 などと話す一幕もありました。 

大汝休憩所1-120815 大汝休憩所2-120815
大汝休憩所は、真夏でもストーブ大活躍でした。  
お盆&夏休みで、小学生も結構入山していた。 寒いし後悔してるかな。。。

大汝休憩所を出ると雨は止んでおり、あとはガス(T_T) 雲上ならぬ雲中を黙々と歩を進めました。 剱御前小舎(標高2750m)に至り、中の休憩室ではコンロ使えないのと降ってないので外でランチタイム。 風避けを考慮してもありますが、雲で剱岳見えないものの、そっち方向向いてるから不思議です(笑)。 この日から剱沢に警備に入るという山岳警備隊のK籐くんに会いしばし話す。 元々さわやか系な彼だが、山の中に居ると、よりいい顔してるね~ (写真撮り忘れすみません)
真砂岳から別山への縦走路-120815 剱御前小舎にて-120815
縦走路、ガスのほんの切れ間に。          剱御前小舎でねばった甲斐あり
                                視界が開けてきた上に青空ものぞいてきた。

剱岳が姿を見せ始める-120815 剱岳見参-120815
剱岳もその雄姿を見せ始め、ほんのしばらくでしたがその圧倒的な全容を見せてくれた。

雷鳥坂下る-120815  雷鳥坂上部より富山平野方面-120815  富大ワンゲルN村に再会-120815
帰りのバスの時間も気になり雷鳥坂を下がりました。 途中富山平野がきれいに見えていました。 と、あん時世話になった富大ワンゲル、N村と再会。 静岡出身あの時2年生だった彼女、あの時は38㌔を担いで北又からの急登・イブリ尾根を登り切り朝日小屋に至っている。 スリムでさわやかなその見てくれほとんど変わらないものの、モノホンな山屋に成長したようです。 そして今4年。 就職も決まったのだと言っていた。 彼女と別れてから、雷鳥荘で預かってもらってた荷物回収し、ちょっとだけ重荷を背負い室堂ターミナルへ。 程なく心地良い疲れと共に車中の人となり帰途につきました。
 
さて、今回の山、夕に朝に温泉に浸かり加えて据え膳上げ膳。 たまちゃんとは久しぶりにゆっくり話せた。 そして、山も少し歩いた。 身体的にも精神的にもゆったり過ごすことのできた、いいお盆山行となりました。 「軽井沢に行くことないね~」 とたまちゃんが言ってましたが、立山って、宿泊先の選択によっては、山に登らず純粋なる避暑地として利用するというスタイルもまた良いようです。  



この記事に対するコメント

立山に来られるとは珍しいですね。
でも、♨、ビールと聞いて一安心(^^)
ちなみにご存知かと思いますが立山三山とは浄土、雄山、別山ですよね~♪
【2012/08/16 08:14】 URL | taki #Td3YGNOs [ 編集]


♪takiさん
立山界隈よく行くは行きますが、最近は個人的にはスキーと温泉と飲み中心でしょうか(笑)  あっ立山三山て浄土山が入ってるんですね。  ぼくは思い込みでずっと、雄山、真砂岳、別山だと思ってました、あっちゃ~ タラ~です^^; 訂正しときまーす。

【2012/08/16 08:23】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


あの時のって、かぼちゃいっぱい持って行ったときですよね!
覚えてます、すごい小さくてかわいい女性でした。

で、私は何にも手伝わなかったから、申し訳ないな~って思ってました。

元気そうで何よりです。私も会いたかったな~
【2012/08/17 06:37】 URL | ikumi #- [ 編集]


お盆に良い山で過ごされてますね。富山県はいいな
あの大雨の後、立山は寒かったんですね。

温泉にお酒・・そして旧友再会
まったりとした時間と爽やかな風を感じる登山でしたね。
【2012/08/17 08:05】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


温泉なら参加します!(笑)
【2012/08/17 09:58】 URL | 太田雪舞 #puV7Bxxc [ 編集]


しゅんちゃん!剣も見えて良かったですね!!
それにしても豪華な食事、一瞬温泉旅館かと思いました!(笑)
玉ちゃん先生も嬉しそうでなによりです!!
中国、いって来ました!万里の長城、負釣山くらいありますね!四合目くらいでリタイヤです。また行ってみたいです!
【2012/08/17 20:44】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪ikumi
そう、あん時のパンプキンメンバーの一人です。 そしてikumiと同じ静岡の出だったね。 彼女38㌔背負ってたってことは、自分の体重の、おそらく、、、80~90%を担いで、ただでもきついあの急坂登ってったことになるね。 恐るべし脚力体力精神力です。 

♪まめちゃん
山と海とたんぼのほかは、これといってな~んもないのが富山ですから(笑) 複数ではたまに一緒に山に行くたまちゃん先生ですが、今回は二人だったのでゆっくりあれこれ話すことができました。 お盆のゲリラ的大雨の頃から、山小屋の人たちは夜は 「寒い寒い」と言っておられます。 なかなか丁度ってのがないですね。

♪雪舞さん
承知しました~ 

♪hシェフ
今日はダメだなーと思ってたら、ありゃりゃ剱岳かお見せてくれました。 いつ見ても圧倒的な迫力でした。 雷鳥荘の夕食、見た目も味も品がありとても良かったです。朝はバイキング形式で好きなもの好きなだけ、、、これまたよろしでした。 整形外科医という職業柄多忙な日々を送るたまちゃんには今回の立山、良い慰安になったように思います。 万里の長城、 “アンリの頂上” と違いそんなに登り下りあるんだ。 今度ゆっくり話し聞かせてくださーい(^^) 
【2012/08/18 17:10】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/746-0ee4cf8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)