旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



学校登山引率Ⅲ・朝日A中学校 朝日岳(2418m) -2012.8.1(水)

朝日岳山頂に至る-120731(火)

今夏の学校登山のしめくくりは、朝日A中の朝日岳登山でした。 例年ならば富山県側、小川温泉から10㌔山ん中、北又小屋からピストンというのが習わしなのですが、湯の瀬北又線の林道崩落という自然災害の為、今年は新潟県側蓮華温泉からとなりました ・・・蓮華温泉 → 朝日岳山頂 → 朝日小屋(泊)、で翌日再び蓮華温泉に帰り来るというもの。 

ここの登山道、標高差は北又からより小さいものの、距離が1.5倍程度、沿面距離片道12.5㌔というロングコース。 加えて、歩き始めに滑りやすい木道中心の下りが瀬戸川まで標高差約300m続く上に、その後も難度の高い足元複雑なアスレチック的登山道が続きます ・・・帰りの暑い中最後に登り返さなければいけないってことは肉体を確実にいじめてくれます。 ん~この真夏にはキツイの一言です。 中2で部活ガンガンやってる生徒にしてみれば足元、バランスさえ気をつければなんなくこなせますが、半分くらいの生徒には、ただただきつかったと思います。 夕に昼に先生にこっぴどくあれこれ怒られてたけど (先生は指導的立場での考え意図があってのことからでしょうが) 、僕からみれば単純に 「よーやったぜおまえら!」 でした。 若いってすばらしい、よくがんばった。 例年の北又ルートからと違って、より記憶に残る山行(学年)になったね。

白高地沢-120731 カモシカ坂登りきる-120731
五輪尾根トラバース道をゆく-120731 吹上のコルへの様子-120731
吹上のコル-120731 朝日小屋に到着-120731


       下山開始-120801

澄んだ空気の中まずは登る-120801 朝日岳中腹登る-120801
朝日浴びる、立山・剱-120801 朝日岳山頂に至る様子-120801
青ザクから花園三角点遠くに蓮華温泉-120801 蓮華温泉に帰り着く-120801

花園三角点のわたすげ-120801 木陰がうれしい夏の登山道-120801



 月夜の晩だった-120731  3時半の小屋前-120801  ガッパさんゆかりちゃんと -120731
 

帰ったら、前夜に続き夕飯がカレーでした。 ん?( 一一)と思いましたが、夏にカレーって合います、美味しくいただきました。 そういやぁロンドンオリンピック見てなければ、おっとこのところ「梅ちゃん先生」 も、とんと観ていない。 話しについていけるだろうか、心配です ^^;

 

この記事に対するコメント

おかえりなさい!ずっとどうだったのか気になっていました。でも無事任務完了のようでよかったです。私の山行も含め、長かったですね(笑)
私は最近、俊さんといった山行のことをよく思い出します。
本当に素敵な時間だったなぁ…。素晴らしい休暇でした。
ありがとうございます。
下界は暑いですよ!ゆっくりと体を癒してください。どうぞ、お疲れの出ませんように…。
【2012/08/01 21:27】 URL | naho #- [ 編集]


♪naho
にゃんとか無事帰りました(笑)。 100人以上の方のペースメーカーとして先頭を歩く重責からか、今は、体より精神的に心地良い疲れ=解放感です。 といっても、ペース作るのは主に歩きはじめから1時間程度、あとは各グループ少し間隔をおいて歩かないと休憩もままならない大部隊ですから、できるだけバラける様に意識して進みましたが。 一緒に歩いた山行がとてもすてきな時間だったなんて、うれしいこと言ってくれるねぇ。 でもそれは 「大自然、山」 がすばらしいからなんだよ。 ただそれだけのことなんだよ。 山は大いなるホスピタルだね。 よる年波、少しだけ休んで養生しようと思います、さんきゅう(*^^)v

 
【2012/08/02 07:09】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


下界組はずっと心配してました。
登りではいろいろ有ったようですが、無事下山できて本当に良かったです。
ご苦労様でした。
【2012/08/02 08:00】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪yamanoutaさん
A中もすごいことやったもんです。 ぼくらサポーターは当日までそして当日、正直、あれこれいろんなことを考え、そして役目役目に応じて現場で判断し行動したつもりです。 ただ、サポーター諸氏にも反省点はあるでしょう。 例えば、野球の名プレーヤーが必ずしも名監督足り得ないように、 「自分が歩けることと、人を引率するということ」 は、必ずしも一致しない、というか、人を引率することの難しさ、自分のグループをまとめ切れなかった方もおられたようにお見受けしました。 歩き方(スピード)始め、服装靴ひも水分補給等のアドバイス、声かけ、細かな健康観察etc.etc.、それらをもう少しきっちりしてやれば、最後のレスキュー隊の負担をもう少し軽減できたのでは、と私は思います。 ともあれ、結果良し、ということに安堵、終始しますが。
 
【2012/08/02 09:13】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


朝日、こどもたち無事下山何よりです。
梅ちゃん先生、僕もどんどん録画が貯まっていってます。

【2012/08/02 11:30】 URL | わがや かわじり #- [ 編集]


♪わがや かわじり さん
先日は立山山頂でども。忙しそうで何より、そして、朝日のこどもら無事に上下山し、何よりでした。 梅ちゃん先生、今朝観たら案外すっと入っていけた、と言うか何処から見ても観れる、そんな脚本みたいですね。 さて、今からクーラー効いた部屋で安堵のお昼ねしようかです(^^) またの再会、楽しみにしてまーす。

【2012/08/02 13:16】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


しゅんちゃん、お疲れ様です!!
多くの市町村学校が立山に行きますが、きっと何倍も大変なんでしょうね!
朝日町民の郷土愛とか気骨をすごく感じます!朝日岳って特別な山なんですね!

最後に三百メートルの登り返し・・・いまからワクワクというより・・・膝ガクガクです。(汗)
【2012/08/03 07:20】 URL | hシェフ #- [ 編集]


子供たちの笑顔や、皆さんの笑顔を見ていると、楽しい山行だったんだな~と思ってましたが、写真では分らない苦労もあったみたいですね。
とにかく無事下山出来たことおめでとうございます。

山の素晴らしさは写真だけじゃわからない、苦労して登った者だけが味わえる喜び、達成感・・A中の生徒さんも実感できたんでしょうね。
教室にいても得られない素敵な思い出を心に刻んだことでしょう。

あぁ~9月・・登れるのかな?体力ないんですよ。

シュンちゃんお疲れ様でした。
【2012/08/03 08:44】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


♪hシェフ
立山と朝日岳では、引率の仕方が違います。 前者は高所順応対応指導が主であり、後者は長く難度高い道をどう上手く目的地まで歩かせるかがポイントになります。 それにしても、A中の朝日岳に対する想いは特別なものがある様に僕も今回感じました。 hシェフ明朝からやったよね。 M心十分満たしてくれるものと思います、気をつけて楽しんできて。 報告待つです(^^ゞ

♪まめちゃん
結果無事下山できほっとしています。 “事件は会議室で起こってるんじゃない、現場で起きてるんだ!” なんてドラマのセリフがありましたが、生徒たちには今回の登山、生きた学習になったものと思います。 

9月、お任せ下さい。 ゆっくりゆっくり上下山です(^^)

【2012/08/03 17:33】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


しゅんちゃん!いってきました。
超ロング。また登りたい、一度登ったからもういい、どちらかを選べと言われたら迷わず後者でしょう!(笑)
行きは、九時間弱、帰りは遭対協のT田さんと下りて来たのですがT田マジックともいうのか白出沢でたっぷり一時間昼食をとったり、景色を楽しんだり、のんびり下りてきたように感じたのですが、六時間三十分で蓮華に着きました。
複数の登山を組み合わせた感じで、一つ一つリセットしながらゆっくり楽しむって趣きでした!でも北又があいたらまちがいなくそっちから行きます!(笑)

中学登山、最後尾は十二時間かかったということですが、ほんとよく頑張った思います!!
【2012/08/06 07:40】 URL | hシェフ #- [ 編集]

お疲れ様でした。
 蓮華温泉からとは暑い中お疲れ様でした。

朝日岳~白馬岳を巡って時計、反時計回りで登りましたが、きつくて大変なコースを
中学生の集団で大変だったでしょうね。

元気な子ばかりじゃなかったと思います。
気を遣ったでしょうね。
お疲れ様でした。
【2012/08/06 10:21】 URL | なかむら #lVjAIwTo [ 編集]


♪hシェフ
お、お疲れさ~ん(^^ゞ  さまざまな登山道がミックスしたロングコース、m心十分満たされたでしょ。  と、さすがトミちゃん。 ペースづくりが上手いねぇ。 中学生登山の大部隊、列がとてもとても長くなるのと、やはり最後となる弱い生徒さんがおられ、どうしても時間がかかります。 しかし、歩き通したことは絶賛に価しますね。

♪なかむらさん
蓮華を終始点にあのエリア歩いて来られましたか。 天気に恵まれ良い山行になったものと思います。 中学生にとって蓮華からの朝日岳(小屋)というのは、とてもつらかったと思います。みんなよくがんばりました。宝物になったと思います(^^)

【2012/08/06 21:31】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/741-f707304e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)