旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



学校登山引率Ⅱ・黒部O小学校 立山 -2012.7.30(月)

O小、立山登山-1-120730(月)

連日になりますが、学校登山引率で立山に行ってきました。 月曜日の登行ということに加え天候に恵まれ、山荘を出た全員が立山の山頂に立つことができました。  ん~やっぱ越中富山のこどもら、やるね~  児童のみなさん、お疲れちゃん。  今日はいい夢見てゆっくり休んでくださいね。

そろそろ行きましょうの頃-120730(月) 

今日は行列なし-120730(月) 一ノ越山荘下に山頂を目指します-120730(月)

雄山神社見ながら昼食中-120730(月) 川尻ガイドに山頂で再会-120730(月)

雷鳥の母子ら-120730(月) 下山時の三ノ越はひとだかり-120730(月)

雪渓をゆく1-120730(月) 雪渓をゆく2-120730(月) 夏山スキー練習?-120730(月)

登山の世界では、かなり短い距離ながら、なにせ標高が高いので空気は薄い。 そんな異次元な世界に送り込まれた児童たちにとっては 「あと何分~?」 「いつんなったら着くん??」 というつらい苦行だったでしようが、じっと耐えて足を一歩一歩前に出せば必ず目指す所に着くんです。 人生にはもっともっと耐え難い試練が待っているんだよ。 そんな時は立山登山をちょっとでもいいから思い出してください。 つらいけれど友達と声かけ合いながら励まし合いながら山頂に至った時の、達成感・満足感、さわやかさ、心地良さもね。
  



この記事に対するコメント

シュンちゃん!連日の引率お疲れちゃんですぅ~

この子たちは一生忘れない思い出になったでしょう!

そして朝日岳ですか・・良い山行となりますように・・
【2012/07/31 09:56】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


O小学校PTAのムラですw
お疲れ様でした。

しかし、山、スキー、ご近所さん、いろんなつながりがあって世間は狭いですね~♪

ありがとうございました。
また、ご一緒しましょう!
【2012/07/31 20:21】 URL | ムラ #- [ 編集]


♪まめちゃん
ここ富山では、立山登山(登頂)は、子どもらにとって小学生の時のすばらしい思い出になります。 これいったいいつ着くん?つらかったけれど着いたぜ~! っいうM的達成感、現代の子供さんには不足してますから、このことは心の引き出しにしまい込まれ、いつまでも深く頭の片隅に刷り込まれるようです。

♪ムラさん
立山引率、お疲れさんでやんした~(*^^)v
ご近所に居ながら、世代が一回り以上?違うと、同じよなことやってても、すれ違いと言いますか、会うことないものですね。 今回は共通の知り合いがいたりして、楽しい話し、ありがとうございました。 こちらこそこれからもよろしくお願いします(^^)


【2012/08/01 19:22】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/740-a5dfe85b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)