旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



夏山事前パトロール2012(行動編) -2012.7.10(火)

パトエリア概念図-120707
                       今回の夏山事前パトロールエリア概念図  2012(H24)年

例年は朝日小屋・2回目の荷揚げの週で、今まで参加したことのなかった夏山事前パトロールに今年参加しました。 私の行程は当初、栂池から入り3泊4日で、栂海新道下がり海(日本海・親不知)までの予定でしたが、大雨警報出る荒天により2日目白馬山荘にて沈殿を余儀なくされたので、結果、栂池 → 白馬山荘(2泊) → 朝日小屋(泊) → 蓮華温泉 となりました。 登山道の状況は、隊長以下常連隊員の話しによると、全行程において今年は今まで見たことないくらい残雪が多いとのことでした。 以下、百聞は一見に如かず、パトロール本隊の様子写真にて備忘録です。

2012.7.6(金) 栂池 → 天狗原 → 白馬大池 → 小蓮華山 → 三国境 → 白馬岳 → 白馬山荘
IMGP3765-120706.jpg IMGP3769-120706.jpg IMGP3776-120706.jpg

IMGP3777-120706.jpg IMGP3778-120706.jpg IMGP3780-120706.jpg

IMGP3786-120706.jpg IMGP3790-120706.jpg IMGP3794-120706.jpg

IMGP3798-120706.jpg IMGP3800-120706.jpg DSCF3188-120707.jpg



2012.7.7(土) 大雨警報出る荒天により、終日白馬山荘チン(つまり2泊)。 


2012.7.8(日) 白馬山荘 → 白馬岳 → 三国境 → 鉢ヶ岳(下) → 雪倉岳 → 小桜ヶ原 → 朝日小屋
沈殿後白馬山頂に至る頃-120708(日).jpg IMGP3805-120708.jpg IMGP3812-120708.jpg

鉢下、時折ガス-120708(日).jpg IMGP3816-120708.jpg IMGP3817-120708.jpg

IMGP3819-120708.jpg IMGP3821-120708.jpg IMGP3824-120708.jpg

鉢下、雪倉避難小屋への残雪処理作業中-120708.jpg DSCF3220-120708.jpg DSCF3221-120708.jpg

IMGP3830-120708.jpg IMGP3842-120708.jpg 

IMGP3851-120708.jpg 登山道崩壊地、足がかりだけ修復中-120708(日).jpg IMGP3862-120708.jpg

IMGP3863-120708.jpg IMGP3868-120708.jpg IMGP3869-120708.jpg

IMGP3873-120708.jpg IMGP3880-120708.jpg IMGP3886-120708.jpg



2012.7.9(月) 朝日小屋 → 朝日岳 → 吹上のコル → 五輪尾根 → 花園三角点 → カモシカ坂 → 白高地沢 → 瀬戸川 → 兵馬の平 → 蓮華温泉
IMGP3892-120709.jpg IMGP3901-120709.jpg IMGP3902-120709.jpg

IMGP3907-120709.jpg IMGP3908-120709.jpg IMGP3910-120709.jpg

IMGP3920-120709.jpg IMGP3922-120709.jpg IMGP3925-120709.jpg

IMGP3928-120709.jpg


尚、一日短縮な白馬大池 → 蓮華間組に加え、もう一日日程を延ばし、朝日岳より栂海新道を日本海(親不知)まで下がった別動隊もあり。 また、7/7(土)に上山予定のパトロール組は前述悪天候により今回中止となりました。 当世登山者目線を、常に心がけての今回のパトロール。 山の現場、体は疲れるが、やはりいい。



この記事に対するコメント

山が好きだから出来るのでしょうが、好きでも出来ないこともあります。

皆さんに頭が下がる思いです。

いよいよ夏山シーズン到来・・感謝しながら登りたいです。

ありがとうございます。
【2012/07/11 07:13】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


♪まめちゃん
登山する人にもいろんな、山との係わり方、嗜好・志向がありますが、僕の場合は、何事についてもそうなんですが、裏方というか、誰かのため、というのが好きなようです^^; つまり、好きでやってるわけですちゃ(^^ゞ  登山者が、安全かつ楽しく歩いてくれ、いつまでもここの山歩きがいい思い出になってくれればそれで良いのです。 な~んて、かっこ良すぎ~(反省)

【2012/07/11 07:26】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

感謝~♪
本当にご苦労様でした^-^

好き・・・だからできるのか・・・
いや!それでも、凄い事です^^
どんな事でも、裏方の仕事と言うのは。。。

感謝~♪ しながら、歩かないと・・・^^v

それにしても、残雪が多いですね~><
事故が起こらなければ、いいのですが。。。
もう、夏山・・・と思って、それだけをイメージ・・・
下調べなしで、入山... v-12

慎重に・・・安全に・・・山を楽しもう~!っと。。。v-221

【2012/07/11 13:27】 URL | みい #- [ 編集]


♪みいさん
みいさんありがとー(*^^)v  思い起こせば、大学時代に舞台の照明をやってたあの頃からでしょうか ・・・ スポットライト浴び、舞台に立つ役者さんやカッコ良くステージで歌い演奏するミュージシャン、見ててすごく羨ましくも思った頃ありましたが、自分の心地良い居場所をあの時代に見つけた様に今思います(^^)  人にはそれぞれ居場所っつーのがありますね、自分は裏方がいっちゃん好きでーす。  因みに女優の室井滋は高校の同級生です・・・おっと関係ないか~(笑・失礼)  

誰も遭難しようと思って山には入りません。 気がついたらもうアウトかも、ってのが常です。 山慣れたみいさんですが、下調べ&準備は怠りなくしましょうね(釈迦に説法すみません)。 山は歩くこと行為自体が一番大切、そこに山の真髄があるように私は思います。 お互い、気をつけて今年もいい夏山にしましょう。

【2012/07/11 18:43】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


お疲れ様です。
大変な仕事ですね。
しかもボランティアでしょう。
憧れてもやってはいけないことだと、勿論依頼来るわけ無いですけど間違えて来ても絶対出来ないから断ります。
一昨年からガイド検定狙ってましたがレベル低い割に金と時間が掛かり過ぎます。
そして自己防衛本能強過ぎの弱体組織感露呈してます。
共倒れを恐れているのでしょうか。
そうした中で地元岳連や関係者、遭対協には山をやる者として本当に頭が下がります。
ただ、一方では役得と自慢している感の否めない輩がいることも残念でたまりません。
組織には問題なくても個人には・・・。
どこの世界にも勘違いしている輩は居ますけどね(苦笑
ボランティアには国なり県が経費をきちんと支給し研修もしっかりやって欲しいと思います。
生意気言ってすいません。
【2012/07/12 11:00】 URL | taki #Td3YGNOs [ 編集]


よう歩いてますね。
完全復帰ですね。
これがもし晴れていたら最高の景色でしたでしょう。
羨ましい、環境と体力です。
【2012/07/12 17:01】 URL | トヨ #9t6TQUUo [ 編集]


♪takiさん
手を挙げれば誰でもが入れる組織・団体ではない、ってことご存じの上での投稿ですね。 しっかし、takiさんなら資格十分だと私は思います。 山に対する心技体そろってますもん。 “役徳”発揮ならば良いのですが、役得鼻にかけでかい態度取る人たまに見かけますね。 煩悩ちゃホント困ります。 そういう人こそきっちり山岳ガイド業メインにやっていただければそれで良いのですが。 あくまでぼくらは影の存在でいいのに。。。

♪トヨさん
晴れてたらいいでしょうね・・・、って僕らは晴れてようが荒天であろうが出にゃならん時は出ていかにゃならんのですが。  最近は、どうしてもって時以外は以前のように山に対するモチベーション上がらんのです。 今度の3連休も、床ずれするくらいソファーに横になって、FaceBookでもしてたいです^^;
 
【2012/07/12 20:04】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/733-fbd97805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)