旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



地井武男さん逝く -2012.6.29(金)


                                  ドラマ 北の国から

俳優、地井武男さんが亡くなられました。 最近では「ちい散歩」でおしゃれなファッションながら街中にほどよくとけ込み庶民的なところを見せておられました。 俳優・女優の中で常にトップ走るいわゆるトップスターさんというのは、その時代を象徴する代名詞となって後世語り継がれるのですが、それはほんの一握り。 そんな横で、何故か、しっかり忘れられずに人々の心に生き続ける、そんな役者さんもいますね。 前者が、裕次郎であり吉永小百合であり夏目雅子であれば、後者でぱっと浮かぶのは、余貴美子であり川谷拓三であり、そしてこの地井武男。 ぼくにとって彼はそんな存在。 彼の、役者としての上昇期や血気盛んな頃は知らないのですが、たぶん歳を重ねるごとにその存在感増し、観る人の心にそっといつの間にか入り込んでいった役者の様に思います。 僕の思い出の一番は、ドラマ「北の国から」 ですが、今宵は「ちい散歩」も紹介し、この名脇役を偲びたいと思います。

脇役なれど、人生の中では誰もが主人公。 おつかれさまでした。 
ご冥福をお祈りします。 訃報がつづく。









この記事に対するコメント

私もニュースを見てびっくりしました。

好きな俳優をあげろと云われても名前はあがらなかったかもしれませんが、訃報を聞いて寂しく感じました。

正に本物の存在感ある脇役ですね。
>‘脇役なれど、人生の中では誰もが主人公’

深いです。
【2012/06/29 22:30】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪ラガーマンマンさん
そうですよね、お元気なものとばっか思ってましたよ。
ぼくもびっくりしました(+_+) 
派手さ、渋さ、両方飛び抜けてすごいって俳優さんではなかったですが、
何か、いい(^^ゞ ・・・そんなお一人でしたね。

小さな物語でも
自分の人生の中では
誰もがみな主人公

さだまさしマニアなら知ってる、彼の歌
「主人公」からのパクリですが、いいことばですね。



【2012/06/30 07:02】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


当人のような若者?世代にも幅広く好まれた方だけに、寂しい限りです。
演技もそうですがバラエティや旅番組での「屈託のない笑顔」が見られなくなると言うのはなんとも・・・。
小野ヤスシさんもしかり。
生きてりゃ順番に行くんですけど、やっぱり寂しいもんです。
【2012/06/30 08:35】 URL | 太田雪舞 #puV7Bxxc [ 編集]


♪太田雪舞さん
そうですか、好きな役者でしたか。 
女子高生からも、ちぃちぃと呼ばれ好感もたれてましたし
幅広い年齢層から支持されてた、希有な役者さんでしたね。
そして、そう、小野ヤスシさんも逝かれましたね、さびしい限りです(-.-)

【2012/07/01 08:40】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/728-6cda35f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)