旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



朝日小屋、偵察山行 -2012.6.17(日)

夕日~前朝日方面-120617
                            僕の大好きな風景。 雪がたくさんある頃がいい。
派手さはないですが、懐深く大いなる里山という感じが、殊の外好きです。ガスれば地獄かもです。 

仲良くしてもらってる、北アルプス最北端の営業山小屋 「朝日小屋」 の3日間の偵察山行から帰りました。 例年なら6月第2週に小屋開けされるので、翌週となる当週は、もう何年も “静寂の朝日岳” と称し、たっぷり雪のある時に、この奥座敷訪れているのですが、今年はどうしようもない理由から小屋開けが3週間遅れの予定で事が進んでいます。 

また、昨年は2週間早く小屋閉めしてきたこともあり、つまり、小屋が無人だった期間が長かったので、2週間後に迫った小屋開けの前に、あれこれ小屋の状況を事前確認しておきたくもあり、今回の小屋入りとなりました。 有志によるプライベート山行ながら、 “社長” も同行なので、半職業的山歩き。 今山行に撤退ということばはありません^^;

で、降られながらただただ黙々と歩き (陽介は5合目で覚醒…謎・笑)、ぬれネズミで無事小屋入りし、とにもかくにも休み体温めたいとこですが、職人さんたち(関係者ですが)は、小屋に入ればもう活き活きです(^^) で、それぞれがそれぞれの得意とする分野で小屋の状況を確認、チェックし、ミッションを遂行。 様子、ちょっとだけよ、ですが報告です・・・と言っても僕は歩くことが本意ですので、小屋内部の様子はないですが^^;

小屋に着く頃-120616 10人の侍・・・山バカともいう(笑)-120617 時折視界しょっぱし-120617
ミッション、安全に下がります-120617 生きてて山に入れる。うれしい -120617 よねちゃん、元気やにか~ -120617

個人的には、昨秋のバイク事故から8ヶ月。 こんな大きな山を、それも残雪たっぷりなこの様な時期に歩けるようになるとは思いもしませんでした。 上下山通し、今回私はペースメーカー的役割を仰せつかりましたが、みなさん健脚でな~んの問題も無く帰還。 みなさんありがとうございました。 そして見方ひとそれぞれ、今山行については、はっぱちゃんbanちゃんとこでもどうぞです。

今、ミッション無事に遂行できたことに感謝しながら、ハイボール片手に、鉄は熱い内にという想いで日記書いてます。 アテは、アマンボのおひたしにススタケほっこり焼いて、そしてコシアブラに、好きなたまねぎのてんぷら(^^) ・・・ぼくにとってはこれら、何よりの贅沢です(^^)v

今シーズンは、白馬岳や蓮華温泉からのアプローチがメインとなる朝日小屋となりそうですが、みなさんぜひおいでください。 高山植物に料理サイコー、派手さはないですが玄人好み、大人な山域です(^^♪

最後になりましたが、6/17は、朝日小屋・前管理人、下澤三郎氏の祥月命日でした。 2000年に亡くなられて丸12年が経ちました。 私が朝日に初めて行ったのは、氏が亡くなられた一週間後の山開き登山会でしたので、従って氏のなにがしを私は直接存じ上げないのですが、すばらしい人物であったことは、後々語り継がれ続ける周囲の方々の話しから容易に分かります。 小屋を長きに渡り守って来られた先人に合掌です。 そして、ぼくにとっては、13年目の朝日がこうして始まりました。



この記事に対するコメント

一度、朝日小屋にはお伺いしたいなって思ってます。

シュンちゃんその時は、よろしくね(*^^)v
【2012/06/18 08:49】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


♪まめちゃん
ぜひおいでくださーい。 ご案内しまーす(^^)
あっ、僕が元気なうちに お願いしますダ~ (^^ゞ

【2012/06/18 13:45】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


お疲れさまでした~

雪の中から赤い屋根をのぞかせている朝日小屋!
残雪に覆われた朝日平!
素敵でしょうねぇ

今年の夏は、朝日小屋でシュンちゃんにお会いできるかなぁ~
【2012/06/18 19:50】 URL | わだっし #- [ 編集]


♪わだっしさん
一面ガスってる中、砂漠のオアシスよろしく、あの赤い屋根が見え来た時、やっぱ心に熱いものいつも感じます。 キツイけれど、一歩一歩歩けばいつかは必ず着くんだと。 労は必ず報われるんだと(*^_^*)  朝日平、個人的には残雪豊かなれば豊なるほど心燃え、そして落ち着きます ・・・ 変わりもんでつネ^^; 

わだっしさん、今年は小屋で会いたいですネ。 で、ガツン!と飲りましょう (#^.^#)
まっとるよ~ 

【2012/06/18 20:48】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


お疲れ様でした。
けっきょく今年は、朝日温泉側からはアプローチ出来ないのですか?
いずれにせよ。
去年行けなかったので、今年こそは行こうと思っています!
【2012/06/18 21:24】 URL | クマ #- [ 編集]


♪クマさん
おー久しぶりです。 元気にやってますか~

現段階では、小川温泉側からのアプローチは絶望的です、
最新情報は、朝日小屋さんのHPにて確認下さい。

でもまぁ逆に、蓮華温泉や白馬側から入る動機づけになると思えばどうでしょう。 
地元(富山)の人って、小川温泉側以外から登ったことないよ、って方、案外多い
ですからね。 余計歩けるから、M心、より満たされること保証しまーす(*^^)v
今年は小屋で会いたいですね。 まってまーす(^^)

【2012/06/19 06:35】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/722-966100e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)