旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



スキー研修会 in 立山 -2012.5.25(金)

立山8-120524
                       立山を背に浄土山へ向けスキー登行中  2012.5.24(木)

昨日の記事の続き、熱い内にです。 仲良くしてもらってる山岳関係者で立山にスキーに出かけました。 メンバーは、朝日小屋、清水さんに、山岳地の音と映像のプロであり、冬の剱岳や南米の最高峰アコンカグアにも登頂経験を持つ実力派ながら、一見今風スマートイケメンなオッジーの3人。 プライベートながら、 最寄りの山岳地帯 “おらが立山” でのスキー研修会といった処でしょう。 

5月も4週め後半な上に平日という事もあり観光客含め人の出は少なかったのですが、その分落ち着いて山と向き合いスキーを学ぶ事・・・つーか楽しむことが出来た様に思います。 また登行時のオッジーのサポートは、力があるのはもちろんですが、さらっとしっかり周囲の状況を確認され何つっても冷静、そしてすばらしかった、さすがです。 自分がもう15程若かったら一緒にがんがん歩きたいと思いましたがもう叶わずですね。

さて、雪質は一部氷化した所を突破しなければいけないシーンもありましたが、滑走面についてはほぼ上等なザラメにて良好。 そして、今回は前述山関係者での立山入りでしたので、山岳警備隊の詰所や室堂山荘にお寄りし、あれこれ情報交換したりもしました。 春まで最寄の所轄におりこの春から常駐となったK高隊員も元気そうでした。 そんなこんな、末席ながら朝日遭対協に籍を置く私にとって、今回はいろんな面で実のあるスキー研修会になりました。 清水さん、オッジー、ありがとうございました。 これ以上あれこれ書いてもなんなので、以下写真にて現場の様子紹介です。  


立山1-120524 立山2-120524 立山3-120524

立山4-120524 立山6-120524 立山7-120524

立山9-120524 立山10-120524 

立山11-120524 立山12-120524 立山13-125024 

立山14-120524

立山15-120524 立山16-120524 

立山17-120524 立山18-120524

立山19-120524 立山20-120524 立山21-120524

立山22-120524 立山23-120524 立山24-120524

立山25-120524 

立山26-120524 立山27-120524 

立山28-120524 立山29-120524 

立山30-120524 立山31-120524 立山32-120524 

立山33-120524 立山34-120524 立山35-120524

立山36-120524 立山37-120524 立山38-120524

先日来の蓮華白馬大雪渓、そして今回の立山、このところなかなかいいスキー山行が続きました。 同じ事何度も言ってますが、バイク事故やっちまった今シーズン、これだけ山を歩けるように、スキーができるようになるとは思ってもみなかったです。 さて、今シーズンはこれで板を置くことになるのでしょうか? ん~ それは僕にも分からない^^;


♪ 写真多数オッジーよりの提供です。 さんきゅう~ (*^^)v




この記事に対するコメント
立山最高~!!
ホント、完全に復帰だし・・・
復帰と言う言葉も、もう、いらんように思います^-^
 普通以上・・・^^v

立山・・・ホント、いい所ですね!
絶対、山スキーの毎年定番にしよう!と思ってます0^^0


しっかし、痩せましたね~^^
【2012/05/25 16:11】 URL | みい #- [ 編集]


♪みいさん
ちょっと山をかじった、登山者や山スキーヤーの中には、「立山なんて」 とか 「乗り物乗って2450mまで行く山なんて邪道じゃない」  などと言われる方もおられますが、なかなかどうして、「たかが立山、されど立山」です 。 開山から1300年超えたあの世界には、とても奥深いものが脈々と今も確実に息づいていることを折に触れ感じます。 実に神々しい世界です。 またおいでくださーい(^^)

見かけは痩せましたが、体重は、実は大きくリバウンド中でーす(ーー;) 

【2012/05/25 18:26】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


皆さん、笑顔での滑り!
楽しそうです(^◇^)

自分も変なネタを叫んでいる暇があったら、自然な笑みで滑るようにします^_^;

ゆかりさんと大品山で初めてお会いした2年前、
確か「今年から山スキーを始める」と仰ってたように記憶しているのですが上手ですねぇ~

ゲレンデは前からやってられたのですよね!?
【2012/05/25 19:00】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪ラガーマンマンさん
山に入ればもうみな、ホームって感じ出てますね~  多かれ少なかれ山に係わり生計立てる仲間たちですが、心から山スキーが好きであり、本業からちょっと離れたこともあり特に自然でいい顔になったんでしょう(^^♪  言い古された言葉ですが、山が純な心にさせてくれたのでしょう。 そういやぁラガーさん一行に大品でお会いしましたね。 彼女のお父さんスキーシーズン白馬の方でロッジ?されてたこともありたぶんこどもの頃からゲレンデスキーはされてたものと思います。 それに加えてこの冬は熱心でしたから、その賜物でしょう。

【2012/05/25 19:45】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/711-abb0fd88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)