旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



立山に行って来ました -2012.5.24(木)

立山(雄山)と雷鳥 -120524
                                       立 山 と 雷 鳥 
                   浄土山への途上標高2760m付近より  2012.5.24(木)

立山にスキーで出かけました。 
柔らかな好天にほぼ無風の中、あっち寄りこっち寄り、
急がずあわてず青空の下まったりしながら2本滑り終了。
詳細おいおいにかもです。




この記事に対するコメント

いい写真ですね!

雷鳥君、雄山見つめて何を想っているんですかね?
【2012/05/24 23:44】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪ラガーマンマンさん
雷鳥(レディーですねこの子は)さん、立山の山頂見上げ何に想いを馳せてるんでしょうか?  昨年朝日岳方面の雷鳥調査に入りましたが、あちらに比べ、ここ立山の雷鳥は人慣れしてますね・・・近年特に!

【2012/05/25 05:55】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


明日ここへ行く予定です。
緩んでいればステップで、ですが今年は緩まないですね~。
雷鳥、これから発情期に入ると益々人の目を気にせずやりたい放題(笑)
【2012/05/25 06:30】 URL | taki #Td3YGNOs [ 編集]


♪takiさん
おはようございます。 そうですか明日ここ方面なのですね、承知しました。 概ね雪は緩んでいますが、尾根に近い一部はやはり氷化したままです。 行き先にもよりますが、クトー必携でしょう。 これから発情期の雷鳥・・・がんがんやって(#^.^#) 生息数もっと増えてほしいです。 高所にはやはり雷鳥、似合います!

【2012/05/25 06:39】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


右っ側の岩肌も、仲むつまじい二頭の熊のようですね♪~!!
【2012/05/25 07:15】 URL | hシェフ #- [ 編集]


hシェフの見てるものが違いますね!!
さすが芸術家の目だ。
【2012/05/25 08:06】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


まだまだ、上から滑れそうですね。
【2012/05/25 11:42】 URL | 太田雪舞 #puV7Bxxc [ 編集]


♪hシェフ
そうですね、親子グマさんに見えますね~

♪yamanoutaさん
芸術家肌なhシェフならでは! ですね~

♪太田雪舞さん
この日も山頂目指し板担いで直登してる単独行者がおられました、
まだまだとはいかないでしょうが、もうしばらくはイケるでしょう(^^♪

【2012/05/25 12:29】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/710-3c83a6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)