旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



マイカメラライブラリー(一応完結編)&法事 -2012.5.13(日)

F4-120513-1
                                         Nikon F4-S
こんな好天な日曜日、特にこのブログ見てる山仲間のみなさんはほとんど山だったことと思います。 私と言えば外せない所用の為一日ひらばにおりました。 なのでみなさんの山行レポ楽しみに拝見しようと思います。

で、今日もまずは今はもう使っていないアナログカメラシリーズ、最終章であります。 ニコンF4で締めるくくる事にしましょう。 手にしたのは1990(平成2年)。 バブル崩壊直前ながら、お立ち台にワンレンボデコンなどというおじさんにとってはにゃんともありがたい光景がみられた、そんなまだ世の中浮かれポンチな時代でした(当時私は33歳でまだおじさんなりかけって頃でしたが)。 購入動機は、F3欲しい欲しいと思いながら悶々とする中、時代はF4に移行。 結婚もし少し余裕が出てきた頃だったので満を持し購入しました。 歴史やスペック、うんちくはここやここやここらでどうぞ

デザインは、車のデザイナーとして117クーペなど多くを手掛けていた、ジュージアローによるもの。 あの頃出始めだったAF(オートフォーカス)機能に、動体予測も可能と言うから、完全にそそられました~(笑) が、今じゃ考えられない位こいつは重い(掲載写真の50㍉レンズに電池入れストラップ付けた状態で実測1,910g)。 2㍑のペットボトル片手で持ち歩いてる様なものです。 ましてストロボやでかいレンズなど付けようものなら、三脚使用除けば腕の筋力アップ間違いなしです。 しかしながら、この「カシャカシャカシャカシャッ!」と決まりまくるこいつの連写音。 ん~もう昇天しそう、シビレまくります、今も。 そして百聞は一見に如かず、とにもかくにも圧倒的なこの存在感。 まさに軍艦といったすばらしい風格です。 私の、手放せなかったカメラNo.1です。
F4-120513-2 F4-120513-3 F4-120513-4

紹介してきたこれらのアナログカメラたち、 
今は実用的な役目を終え、ひっそりご隠居生活を送っています。

※ 開いて大きくして見た画像がほぼ実寸大です ・・・実寸より大きな画面で見ればですが。


さて、今日の所用とは、おばちゃん(母の姉)の一周忌とその旦那の27回忌法要。 県内外から親戚が集まり、短い時間ではありましたが、近況やなつかしい話し、今だから聞ける話しなど、話しに花が咲き、程良い所で解散。 血がつながってるって、ルーツが一緒って、ん~それだけでいいもんだなーと久しぶりに思いました。 おばちゃん、おじちゃん、ありがとうございました。 合掌。
おばちゃんの一回忌-120513



この記事に対するコメント

ついに出ましたか!
旗艦戦艦大和ばりの圧倒的存在感。
若い頃カメラの価格の差はどこにあるのか考えたことがありました。
その結果ではないけれど、こいつには手は出せないなと納得したことを思い出します。
せっかくの『F』使ってくださいよ。
【2012/05/14 09:55】 URL | taki #Td3YGNOs [ 編集]


♪takiさん
つ、ついにでましたv-218 空母F4
そうですか、takiさんあれこれ考え、手を出されなかったんですね、承知しました。

重いこと除けば、スペックに存在感、当時、他の追従許さない孤高の名機でした。
こいつにでっかいレンズ付け、蜃気楼撮りに良く出かけましたが、こうして見ると、
今も昔も、この50ミリが一番似合います。 品がありますね。

〉せっかくの『F』使ってくださいよ。
山以外なら使うことあるかも、です^^;

【2012/05/14 18:28】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


ついにF4登場ですね・・
素晴らしい、憧れの名機でしたが安月給の私には中古も買えませんでした。
いまでもほしいカメラですが・・今となれば使いこなせないし、フイルムと言うのが(>_<)

デジタル化に伴い、何度も撮影が可能となりました。
フイルム時代は連射機能があってもシャッター押す勇気が中々なかったなぁ~

今では携帯にスマホ何も考えずにシャッター切ってしまうので、この1枚に架けた写真が少なくなってきたような気がします。
便利になってありがたい反面、淋しい感じも少しあります。
たまにはフイルムでとも思いますが、現像したり写真の整理を考えると・・(>_<)
【2012/05/16 08:05】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


♪まめちゃん
ついに、で、でましたー ニコンF4 (笑) でもそんなたいそうなものじゃないですよ。 所詮、人が作ったもんです。 しっかしこの存在感、これをうわまわるカメラ、今だない様に思います(F4Eが頂点ですが)。 僕も実用することは、面倒だし高つくしがあり、頼まれるかor何かのイベントでもない限り無い様に思います^^;  そして、一球入魂じゃないですが、デジカメ花盛りな昨今、パシャパシャパシャパシャ、どなたも自分もシャッター切り過ぎ~(-_-;)  僕が写真覚えた頃は 「心が動いたらシャッター切る」 そんな感覚でした。 写真も、心・技術から、機械任せ・タイミング・偶然、に移行してることが、とてもさみしいです、と、自問自答の日々です。 

【2012/05/16 18:14】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/701-fbf7426f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)