旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



金剛堂山周遊スキーツアー(リハビリ最終山行) -2012.4.8(日)

金剛堂山山頂-120408
  金剛堂山(1637.9m)山頂。 青き空と360°の白き峰々に囲まれた別天地でした 2012.4.8(日)

今日は、takiさん企画、金剛堂山に、10名+現地同行者1名の計11名で行ってきました。 ルートは、利賀のスキー場Pを出立し、金剛堂山に至り、尾根上をスキー場のトップまで縦走(大小10回ほど登り返しがあったでしょうか)。 で、滑り込み、出立点に戻ろうと言う、天気も良かったので周遊ルートとなりました。 

今回山スキー同行するの初めてだった方が、7名おられたのですが、正に “男の山歩き”  みなさん殆ど休憩をされずにガンガン行かれます。 山頂までで言いますと、積雪期であり若干アップダウンある中、移動速度としては1時間に標高を400m以上上げるペースでした。 リハビリ中+途中腹痛抑える+どうしても催し^^;ウ○チしてたぼくでも、平均移動速度から割り出すに、結果山頂まで350m/1時間ペースで板進めましたから、今回同行の多くのメンバーのペースは久しぶりに目の当たりにしたハイペースと言えます。 先行組には時折待っていただき、またtakiさんにはしょっぱい登行地点で見守ってていただきありがとうございました。
登る-120408金剛堂山スキー登山 -by 太田雪舞さん
 
さて滑りですが、桜の花見ピークな地域も多いこの4/8にあって、雪国富山は雪量豊富雪質まぁまぁ。 登行時そして昼休憩地点までの雪質はGoodでした。 が、昼休憩後はよくある話で、あれっと思ったその瞬間からやはり徐々に重くなりまして、もう終わってるゲレンデに出てからの特に後半はかなり苦戦。 まぁそれが実力ですが。 1384Pへからスキー場上部までは、シール歩行&時折シール滑走(踵フリーのまま)というスタイル。 太田雪舞さんにtakiさんにラガーさん、そしてテレの方々の滑りが何故か気になりましてロックオン。ん~優雅だ~ みなさん上手い。 
 昼休憩の地に至る -120408 無事カエル-120408

ともあれ、シールつけずな微妙な登り返しの連続に久しぶりに体力使い果たし(大袈裟ですが)、そして、通してみても自分としては昨年の事故からの復帰以来では良く歩きました。 歩きについては十分な満腹感が残っています。 そして北アルプスに白山山系の眺望もよろしくで、結果すばらしい充実のスキー登山でした。 板に乗り思い切って滑り込む事はまだできませんが、今日の山スキーで「山」については完全復活を宣言することと致します(バイクはまだ)。 takiさん、参加されたみなさん、ありがとうございました。 

今日の
本日のログ-120408


帰りに利賀豆腐を買い、天竺の湯でさっぱり。 帰路は残雪期のピーカンならではの絶景な山並み拝みながら、のち魚津でしんきろうソフト食べて帰りました(冷たくて甘くておいしかった)。 
家に帰ってからワサビ醤油で利賀豆腐をいただいたが、品のある味でこれまたとても美味しかった。
 帰りの車窓より富山の北ア1-120408  帰りの車窓より富山の北ア2-120408  帰りの車窓より富山の北ア3-120408
 



この記事に対するコメント

昨日はお疲れさまでした。
遠路西方までおこし下さってありがとうございます。
『山スキーヤーは西へは動かない。』という定説をくつがえしていただいたこと感謝にたえません(笑)
詳細な記録ありがとうございます。
写真も素敵なシーンの切り取り方最高です!
ほんと感謝と感激の言葉だけですいません(笑)
次回はぜひ黒部方面で同行させてください。
【2012/04/09 08:48】 URL | taki #EBUSheBA [ 編集]

羨ましいです
スキー仲間の報告を読みました。
良い天気でしたね。
うらやましイッス。
【2012/04/09 09:46】 URL | トヨ #9t6TQUUo [ 編集]


復活オメデトウゴザイマス!
男の山歩きでしたか?
後ろから見るクライミングサポートを一切使わない登り方が男男しておられましたよ!(爆)
ゲレンデの荒行も、力を入れずスムーズにターンされていたのが印象的です。
『山スキーヤーは西へは動かない。』
遠い所「利賀エリア」に、良くぞお越しくださいました!(笑)
【2012/04/09 09:51】 URL | 太田雪舞 #puV7Bxxc [ 編集]


♪takiさん
『山スキーヤーは西へは動かない。』 という定説があるのですね、承知しました~  今回はガイド、ありがとうございました。 トップと最後尾を雪舞さんと交互に守備され、全員の安全確保されてましたね。 そして山頂からスキー場トップに至る登り返しの連続ではもう絶妙なルート取りでした。 雪舞さん共々あのエリアの地形に精通されてることが、滑り始めてすぐに分かりました。 人の世話をするというのはなかなか大変なものです。 感謝致します。 な~んも考えずにただただ楽しめました。 登行力、滑走技術、そして登山に対するリスクマネジメント、三拍子そろったtakiさんの登山スタイルは、今の山スキー界にあって、実力トップクラス間違いなしです。 近年、癒し系登山(スキーも)に傾倒してる自分を、覚醒させてくれたように感じました。 機会があればまたよろしくお願い致します。

♪トヨさん
トヨさ~ん! う、うらやましいでしょうー つーか、行きましょう行きましょう。
今年は例年より残雪が豊富です。 どんどん行きましょう。
そろそろ、立山に気が動く頃でしょうか。 
山スキー解禁しましたので、シーズン後半になりましたが、よろしくお願い致します。

♪太田雪舞さん
ありがとうございます。  「クライミングサポートを一切使わない登り方」 ・・・片折の先でぼくが腹痛&便意に苦しめられた頃でしょうか、ひと下りししばらく雪舞さんが後ろにつかれましたが、足元に視線感じてましたよ(笑)。 僕はアキレス腱伸びる感覚が好きで、ディアミール4段階の内、使っても3つめまで。今回は山頂直下穴だらけだった傾斜程度では、後ろがペタリ、ほんの少しだけアップな2段階めで十分OK(クトーも良く効くし)。 人それぞれですね。 
理論と技術に裏づけされた、蝶の様に華麗でリズミカル、その上に大鷲が地上の獲物に定めをつけて急降下してくるようなド迫力な雪舞さんの滑り、雪舞さんの滑りはおカネが取れますよ。 ん~生で見せていただき感動もんでした。 さんきゅう!! 機会があればまたよろしくお願い致します。  『山スキーヤーは西へは動かない。』 ・・・定説を覆し動いちまいました~(笑)


【2012/04/09 14:00】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


ホント、素晴らしい天気に恵まれ、そして仲間に・・・^-^
 良かったですね~♪

また、言ってもいい? 完全復活ですね0^^0

金剛堂山・・・2度行きましたが、山スキーでは
行った事なし!

3度目の正直は、スキーで・・・^^v
さぁ~次の日曜も v-278 マーク^^v
【2012/04/10 14:13】 URL | みい #- [ 編集]

おめでとうございます
先日はお疲れ様でした。

最高の天気、眺望で楽しかったですね~(^o^)

あのコースは初めてでしたが、

>リハビリ中+途中腹痛抑える+どうしても催し^^;ウ○チしてた

状況でしっかり登って来られたのは流石です。
正に‘山 完全復活’ですね(^_^)v

また酒、山共にご一緒しましょう!
【2012/04/10 18:59】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪みいさん
どなたの日頃の行いが良いのか~ ??!
・・・あーありがたやありがたやな一日でした!(^^)!

〉また、言ってもいい? 完全復活ですね0^^0
v-219いいとも~   みいさんありがとね。

金剛堂山、機会がありましたらぜひスキーでもおいで下さ~い。


♪ラガーマンマンさん
ラガーさん、ありがとうございます。 ご一緒でき楽しさ倍増でした。
や~それにしても、良い日に歩くことができたもんです。 

前夜柄にもなく極度の睡眠不足。 喉乾き冷蔵庫開けてはコーラ等飲んでたら
すっかり、グゥ~グゥ~のpi-pi-v-12 片折までは我慢できたのですが、
そのあと、とうとう行きつくとこキジ撃ちとあいなりました (+_+)後(*^_^*)後(^^)
平常心取り戻しレッツラゴーとなり、後は淡々と歩を進める事ができました。

それにしても “ラガー語録” はすばらしい。 面白さの中にちゃんと品があります。
なるほど! 街のおねえちゃんたちもほっとかないはずです!! 
今度また高岡におじゃましまーす。 息抜きしましょう。


【2012/04/10 21:28】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/678-35a4044b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)