旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



懐かしの山不連続シリーズ、ジャンダルム -2012.4.4(水)

ジャンダルム山頂の様子-070825
     ジャンダルム(標高3163m)にて  ・・・西穂高岳 → 奥穂高岳 縦走時  2007.8.25(土)

5年も経っていないのですが、山歩きなどと言うものは2,3年も経つと、遠き彼方の記憶の様に、時折ふと思い出し一人でニヤリ、懐かしくなるもので、これもその一つでしょう。 僕は黒部を、相棒シゲキちゃんは高岡をそれぞれ早朝出立。のちどっかで合流。 で、ロープウェイ乗り、西穂高口→西穂山荘→独標→ピラミッドピーク→西穂高岳→間ノ岳→天狗岳→ジャンダルム→ロバの耳→馬ノ背→奥穂高岳へと縦走し、その日は奥穂高岳山荘泊。 縦走路の中では取分けジャンの印象が強く残っています。 何故かと言うと、とにかくかわいい、エンゼルちゃんと言うかオブジェと言うか、がこの頃ジャンの頂にあったからです。 危ないゾーンにメルヘンチックなものが。 そのアンバランスさが妙に拍子抜けというか、心身共に一時癒され良かった訳です。 少しだけ元気になり奥穂高岳へのデスゾーンに入った憶えがあります。 翌日は白出沢下り、昼前に新穂Pに戻り、ひとっ風呂浴び帰りました。 

 西穂~間ノ岳間より間ノ岳-070825  ジャンダルム山頂にて-070825  越えてきたジャンダルムを振り返る-070825

私の住む黒部・富山は、雪国でありそして3000m級の山岳地帯も有しているわけですが、里山ではそろそろ花も楽しめる頃となりました。 が、人によっては残雪期登山シーズンの開幕でもあります。 そうなると、2500m超える無雪な夏道歩くのはまだ3ヶ月以上先の事でしょうが。 や~夏山にどっぷり浸るのもいいですね。



話し変わり、クイズダービーが20年ぶりに復活・・・と言ってもスペシャルで・・・するらしい。 4枠、三択の女王・竹下景子は、若さ違うが宮崎美子で十分カッコつくが、3枠、“最後はこの人に全部” な、はらたいらは東国原英夫では役不足。 と言うか、はらたいらはオンリーワン要素強いですから、本人が一番プレッシャー感じてるでしょう。 それと初期の大橋巨泉の、回答者とのややいい加減ぽいやり取り、少しは彷彿させ得るものでしょうか。 そんなあれこれちょっと楽しみです。

 ♪ 関連記事


で、またまた話し変わり、昨日の100平水泳。 北島さすが。 スタートすばらしかったものの、ターンとフィニッシュかなりぎこちなかったけど、それでも日本新。スッゲー どこまで伸びるの記録って感じ。 すごい! 自分でさすがだな! と言いきっても違和感ない実力。 個人的にはイチローと同格。 
さて、今宵は、人は良さそうだがへたっぴな亀田興毅がどれだけ上手くなったのか、今からボクシングを観る事にしようと思います。



この記事に対するコメント

こんばんは。

夏山、今年もよろしくお願いしま~す。今から楽しみで~す。
【2012/04/04 19:39】 URL | h美   #- [ 編集]


♪h美ちゃん
今年も高みを目指して登りましょう。
日が合えばこちらこそよろしくネ~


【2012/04/05 05:07】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/675-afc76b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)