旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



追想、大和直美さん ・・・2012.3.24(土)

5区直美ちゃん-071104
                         朝日町民駅伝で5区快走する直美ちゃん (2007.11.4)

今朝NHKの朝ドラ「カーネーション」で、病院に係わる人々・・・ナースに入院・通院患者さん達が、ファッションショーをやっているシーンがあったのですが、観てて思わず涙がこぼれました。 トリを務めた末期がん患者さんに、今は亡き山友、大和直美さんが重なったからです。

彼女が亡くなってもうすぐ1年。 天然なとこもあったが、純ですばらしい人だった。 後味のいい人だった。 終末期には、思い残すこと内心たくさんたくさんあったろうに、周囲には冷静に明るく接し、最期まで前を向き命を灯し続けておられた。 いい思い出をありがとう、直美ちゃん。 享年50歳、悔やんでも悔やみきれませんが、ぼくの心の中にはちゃんと生きてるんだよなー 今も彼女は。 そしてそれはこれからも変わらない様に思います。 合掌。





この記事に対するコメント

ほんと、なんにたいしてもひたむきで努力家で頑張りやさんでしたね。そして思いやりがあっていつもほがらかでした。
野菜作りとか料理とか絵とか音楽とか・・・通じるとこやお手本にしたいとこがいっぱいあったし・・・生き方としては師匠的存在でした。
今でも彼女のことはよく思い出すんですが、亡くなった人のことってこんなに思い出すもんなんかなぁ、って、不思議に感じます。
【2012/03/24 16:46】 URL | hシェフ #- [ 編集]


カーネーション、私も同じ思いでした。あの女優さんの笑顔が直美ちゃんの笑顔と重なりました。昨年の今頃、二人で過ごした時間を、言葉を、景色を、空気を・・・思い出しました。直美ちゃんがくれたたくさんの思い出、私もずっと忘れないと思います。

ドラマの中ですが、あの方、奇跡が起きて、ご主人や子供さんの元に戻れるといいな。

【2012/03/24 17:36】 URL | h美   #- [ 編集]


♪hシェフ
そう言えば直美ちゃん、野菜も熱心に作っておられましたね。
きっと愛情たっぷり、美味しいのがたくさんできてたでしょうね。 
彼女の生きざまから見習わなきゃならない事、僕にも沢山あります。

♪h美ちゃん
そうですか、同じ思いで観てましたか。 
思わず、ジーンときましたね。 
亡くなっても直美ちゃんの存在感、とても大きいです。 

【2012/03/26 12:49】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/669-7da6003a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)