旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



同窓会的山行2008 ・・・ハレルヤ始動山行
 
 山頂集合写真-950 
                山頂(1596m)集合写真オールメンバー(+カメラマンのおいら)


12/21(日)予定通り「元ちゃんの同窓会的山行」(もう正式名称)が行われました、
ハレルヤ顧問の元ちゃん中心の集まりですが、ハレルヤの今期始動山行でもあります。

当日誕生日の花じいの不参加は(ーー;)ちゃみちかったけど。。。
多くの方が集われての今年納め的な山歩き。
いくつか不測の事態がありましたものの、無事帰還。いかったいかった。
ちなみにさやか(だれ)もおんなじ誕生日なのだ~
えっ?何でそんなこと知ってるの?ストーカーじゃぁ~(-_-)/~~~ピシー!ピシー! って~
「祝う会」のときプロフィールもらったので憶えているのだぁ。。。。。

話しは戻り、この同窓会的山行歴史を紐解きますと、
  第1回 2002/(H14)12/23(月) 大辻山(1361m)
  第2回 2003/(H15)12/21(日) 大辻山(1361m)・・・城前峠先で終了された
  第3回 2004/(H16)12/19(日) 大辻山(1361m)
  第4回 2005/(H17)12/18(日) 尖山 (559m)
  第5回 2006/(H18)12/17(日) 白鳥山(1286.9m) 
  第6回 2007/(H19)12/24(月) 大辻山 ※高峰山を経由し北尾根1000mまで
  っで、今年
  第7回 2008/(H20)12/21(日) 白木峰(1596m) となるわけ。

こうみると、大辻山が定番。時季や雪の量アプローチ等からしてチョイスしやすいんだやっぱ。
そして自分は、第2回だけは確信犯で参加していない。あの年はどか雪で
行き先聞いて、20人位いないと届かんだろうと思い、、、、手を挙げれなかった。
そして当日は相棒とふたりで7時間掛けて千石城山の頂に立った事を思い出した、
彼らが大辻の山頂に立ってるかも?と思うと、何としてでも行かなきゃとがんばったわけ。
ふたりでラッセルし、山頂に到ったのは、日が傾き始めた、午後3時少し前だった
元ちゃんごめんね・・・この場を借り(そんなんでいいがけ(・へ・)、あんたら友達じゃないがけーですが)今になって。。。今だから、謝ります。お許しください。そして
自分は聞かれた時「どっちでもいいが~」と言いながら、実はピークハンターなのかも知れない。

でも、である。今回はえらい高みに至ったものである、とも言える
暖冬小雪予報に当日天気にまあまあ恵まれたから、行けたのです
バカとなんとかは、ではないが、いいじゃな~い、すばらしい。目標達成なんだから。                             


山頂から白木山荘方面 
今のところ雪はやはり少ない
昨日書いた記事トップの写真と
ほぼ同じ所から写してるのでその違いが分かると思います。
白木峰山頂よりの景色-950



思い思いに小屋へ向かう
しばらく新雪のない、重めの下り、かつトラバースぎみでは
スノーシューではかえって難しい難易度アップ
見る人見ないと分かんないけれど
真央ちゃんだったら確実にポイント上がるってとこでしょうか
それにしてもこうみると、結構みんな縦一直線的に歩いてるなぁ。こういう構図、結構好き。
山頂から小屋へ-750
                    あれっゆきちゃんなにしとるが~


堀シェフ作ティラミス 人型は「元ちゃんと山の神」
よー似とるな~と関心。。。。
ばかりしててもあれなので、おいしくいただきました
ティラミス-600
Yちゃんはもうパブロフの犬状態。"待て"が終わるのを心待ち。
箸じゃ一度にたくさん取りにくいなぁーと苦悩
コッヘルでさらえてった真っ黒ネコちゃんは、頭脳プレーだった
っで、絹ちゃん(だれ)がいたら、うばいあいだったかもよ~ん(*^_^*)

hちゃんnちゃんの鍋に、わんちゃん、金屋の料理長ほか
参加されたたくさんの方から美味しいものをたんといただきました
ありがとうございました。自分の食料はほぼそのまま持ち帰り夕食に^^;
みんな、さんきゅう!


そうこうしてたら、2年前の元旦山をご一緒した横田氏がウロコ板で単独来られた、
年齢もさることながら、ひとりで~?!と驚いた。世の中すごい人がいるもんだ。



外は、天候強風ホワイトアウトの急変状況下
山荘内は最高潮、同窓会的舞?も飛び出し、ひととき盛り上がりました
http://momo-mid.com/mu_title/i_alps_ichimanjaku.htm
S樹ちゃんとYちゃん、ここんとこで周波数ぴったり。また見た~い。
同窓会的舞-600

その初参戦のYちゃんも歌いましたぞ
とーちゃんゆずりの、なかなかいいキャラしてる
みなさんまた会う事があったら、仲良くしてやってください (←テテ親代わりのシュンりんより)
有紀子も歌う-600



兵どもが夢のあと
楽しいこと、物事には始めあれば終わりあり。これ世の常だね。
山荘は寒さ強風から僕たちを守ってくれた。
来た時よりもきれいにして帰りましょ(^^ゞ
兵どもが夢のあと-600
雪で山荘が押しつぶされない様にと、サポート柱が何本も立っていた
お世辞にもあまりきれいに掃除されているとは言えない小屋だけど
肝心なとこは、きっちりと管理されているところが、山ならでは。


多勢の林道組から3名だけが急斜面をカットしてきたら、待っていたのがここ
きわどい斜面に、(T_T)どないしょー?という感じのときかな
チャレンジャーたち-750
慎重に無事突破 ほっ(*^_^*)



帰りはいつもの白木峰山麓交流施設大長谷温泉でさっぱ~り
山を下りてすぐ入れる距離にあるのがうれしい
冬至らしく香りの良いゆず湯でお肌もつるつ~る、あー極楽ごくらく~
あったまる-600
あったかい湯に身を沈め、終えたばかりの今日の登山を振り返りながら
無事に帰れたことをいつもにも増し、ありがたくそして嬉しく思いました。
今回同行されたみな様、本当にありがとうございました、感謝致します。
相棒は「ありゃータオル忘れた~」と風呂でまだはしゃいでおりました~~

 



    老いも若きも 
    男も女も 
    いっしょにがんばり
    いっしょに語り
    いっしょに笑える

    ひとそれぞれ好きなこと
    しゅみしゅちょうあるけど
    おいおい、山ってのもいいぜ
    すばらしき 愛する我が世界 それが山である



この記事に対するコメント

老いも若きも---------
   
     エッ、「老い」はいなかったんでは-------?
【2008/12/22 19:11】 URL | 酒呑〇〇 #sADubaXA [ 編集]


♪酒呑〇〇さん
いうよね~~!って言いたいんだけれど、そうその通りそうなんですよー
人生の先輩方のほが、足がしっかりしてたなー今回
あぁ~~へたこいたぁ~~♪ずんずんずんずんて、ぁーこのネタもう古いよね~
【2008/12/22 19:28】 URL | 管理人 #- [ 編集]


今年も同窓会的山行楽しくやられたのですね。私は前日に職場の山仲間と大倉山に行ったため、欠席しました。○○なんでさすがに2日も山に行くことは適いません。来年はぜひ参加したいです。その前にまたどこかでお会いしましょう。
【2008/12/24 10:49】 URL | kyutyan #- [ 編集]


♪kyutyan
ごぶさたしてます、お変わりなでしょうか。
大倉山に出かけられたのですね、この時季は新鮮味が増すでしょうね~
○○さんがお山に行くと、やっと少ない雪がなおさら融けちまうよ~~
な~んて、山でお会いする日を楽しみにしておりま~すヽ(^。^)ノ
【2008/12/24 17:51】 URL | 管理人 #- [ 編集]


もぉ~ ほんっとに
楽しかったです!!

今年もよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

次はなに歌おうかな♪
【2009/01/02 19:48】 URL | ゆきこ #- [ 編集]


♪ゆきちゃん
丑年らしい書き出しに、モーかんげきぃ~!(^^)!
ゆきちゃんのおかげで僕らも楽しかったよ
またお誘いしますので、都合ついたら遊びにおいでやー
次なる出し物、楽しみにしてるぞ~
ほいじゃ、今年もよろしくね
【2009/01/02 23:37】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/66-696bd784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)