旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



アンリの頂上 (908m/リハビリ山行) ・・・2012.3.4(日)

800m付近をゆく-120304
    “アンリの頂上” に向け尾根道標高800m付近をゆく。 後方は富山平野  2012.3.4(日)

先月ハレルヤで行った大倉山から西方に延びる尾根上の908m無名峰ピーク。 何やら長ったらしく説明しにくい。 ので、最初行ったのが、hシェフと彼の奥さんのアンリさんの3人でだったので、「アンリの頂上」と呼ぶ事にしました。 ・・・シェフ及びご本人のご了解得ていないのですが、ご勘弁下さい(ダメけ?!)。 今日のメンバーは、馬場島街道、すっごい近くに住んでおられるDHご夫妻に、山ちゃん(何度も朝日小屋に来て下さっている)、シゲちゃん(赤谷友の会所属)、コウちゃん(早月小屋所属)の6名。 僕にとっては今日もつまりはリハビリ山行でした。

 460m付近-120304  535m付近をゆく-120304  565m林道直下-120304
 ぼく以外全員かんじき装着。 近年僕の周りでは珍しいので目がどうしても足元にいった^^;
  (僕はスノーシュー常用になって久しい)

 山頂にて1-120304  山頂にて2-120304  山頂集合写真-120304(日)
 好天に恵まれ、尾根手前で鍬崎山や大日岳が、尾根をゆくと尻高山に白倉山、濁谷山に大倉山、
 遠くに駒ケ岳、そしてお待たせしました、剱岳が姿を現した。あーいつ見ても絶景な場所です。
 道中に山頂では、DHさん、山ちゃんに美味しいもん沢山いただきました。 ありがとうございました。

 穏やかな山岳景色ながめ、腹膨らませ、四方山話しに花が咲き、では、下がりましょ。
 東屋も見えた-120304  ウサちゃんの足跡-120304  つぼで下がるこうちゃん-120304
コウちゃんが、尾根から左に下がり始め、程なくだったか、ツボで下り始めた。 下山時の腐り雪、かなりゴボるし足とられるのに、いったいどして? と思ったが、体重50㌔台な彼にとっては、かんじきの浮力ってそう意味がないのかも?  また、自らも花粉症なのに花粉症が好きだ、鼻水じゅるじゅるも好きだと言っていた。 それもあって、久しぶりに見るそのように歩く彼の姿はカッコ良かったのですが、僕から見れば、ん~「ドMなコウちゃん」って感じでした(失敬)。  今回新しい出会いもあった。 同行のみなさん、ありがとうございました。


さて、左股関節に違和感あるのは否めないものの、リハビリとしてはまぁ歩けたって感じ。 しかし急斜面ではやはり必ずと言って良い程、無意識に左脚をかばってしまっていた。 全体的な歩行バランス、まだまだ戻らない。 そしてそれが原因なのか? 近年筋肉痛って、出ても翌々日位からだったのが、昨日の山スキーもそうだが、当日夕刻からもう出る。 な~ぜ??




この記事に対するコメント

しゅんちゃん!今日スキーにいっとたんかと思いました!
私は、玉ちゃん先生と大辻にいっとりました。
しゅんちゃんはどこのスキー場にいったんかな、と話しておりました。
それにしても驚異的な回復力ということで、舌をまいとりました。
今日は天気がよくもうけもんの日でしたね。
なんかなつかしいお顔がそろって、おられます。
みんなとってもスリム、あこがれます!
アンリピーク、ヒマラヤの無名峰かと思いました。(笑)
いや~、でもその御仁。最近、強なって強なって・・・ま、どこもおんなじですかね・・・。
【2012/03/04 22:54】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
「アンリの頂上」に賛同ありがとう。 今日は大辻山でしたか。 おだやかで良い山日和でした。 ひと汗かき、そちらも良い山行になったものと思います。 驚異的な回復力というか、ともすると手抜きたくなる地味なリハビリ・・・院内にプールに風呂に自宅でなどなど・・・段階追ってコツコツやってきたのが良かったと今思っています。 まだまだリハ段階だけどね。 

強なって。それは人それぞれでしょうが、“その御仁” 以前から迫力ありましたからね~ でもシェフとの相性がいいのでしょうv-238  めぐり合わせてくれた神さまに乾杯ですv-222(えっ)。

【2012/03/05 05:37】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


シュンさん!嬉しそぉ~やっぱり笑顔はこぉ~でなくっちゃ(*^^)v

もぉ~大丈夫ですね!後は不安感を無くす為の回数をこなすだけでしょうか?
元々凄い方だから心配ないですね!

ホント驚異的な回復ぶりには頭が下がります!良かったね(^^)/
【2012/03/05 08:49】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


無名峰ピークに名前を付けるなんて素敵ですね。

でもこの名前は世界を見渡せば既に存在しております。
正式名称はワンリー チャンチョン というそうです。
8,851.8km、んん、km・・・???
総延長距離・・・???

スイマセン、万里の長城でした^m^
【2012/03/05 11:49】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪まめちゃん
や~やっぱ山の中っていいです。 山の中にいるだけで気分ルンルンです(^^♪  そして、そうですね。 山に入る回数を少しずつ増やし、経験値をあげてゆきたいと思います。 まめちゃん、ありがとう。

♪ラガーマンマンさん
ワンリーチャンチョン、やっぱそうきましたか~。  命名の由来は、登行時にDHさんが「最初はだれと行かれたの?」と聞かれたので「hシェフとその奥さんのアンリさんと」と。 「じゃ、アンリの頂上やー」 と、どちらからともなく出てきたわけです。 その時、ぼくの頭ん中には あの908mPに至るまでの尾根道が、短いながら案外up/down繰り返し+やや蛇行しながらなので、万里の長城が浮かんでました。 語呂も良く即決まった次第です(笑)。 さすがラガーさん、読んでますね~

【2012/03/05 19:45】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


剱西省アンリ雪山-------ちょっと無理があるかな?(笑)
【2012/03/06 20:32】 URL | 酒呑老子 #sADubaXA [ 編集]


♪酒呑老子さん
剱西省アンリ雪山 ・・・ ん~ “剱” がついちゃうとチト重いなぁ (笑)
名も知れず、ひっそりかわいいマイナーピークってとこが良いのではないかと (#^.^#)

【2012/03/07 06:32】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/658-9dcf2992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)