旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



今日は北ア屏風がみごとだった ・・・2012.1.12(木)

大日橋付近からの雪煙上げる剱岳-120112(木)
                    本峰、長次郎の頭から雪煙上げる剱岳(2999m)  2012.1.12

所用あり富山市内へ出かけた帰り、北アルプスがみごとな屏風と化していた。 
久しぶりにすばらしい富山の山岳風景に出会えた。 気持っち良かった。
ひらばから見ててもこれですから、山やスキー場から拝むと迫力さらにだったでしょう。

大日橋付近からの雄山-120112
                          中央が立山・雄山山頂 (3003m)


一眼レフを持って出かけなかったことを悔やんだが、後悔先に立たず(+_+)





この記事に対するコメント

ほんとに見事な眺めでした。
冬場のこれはまた格別です!
そうですか、
しゅんちゃんは剣を見たんですね。
う~~~ん、なんかうらやましぃ~!
・・・って、後立山もそれは見事でした。
特に僧ヶ岳、(あっ、これは立山連峰ですね)
小さい頃はこれが1番高い山だと思ってました。(笑)
いいところに生まれ育ったものですね!
【2012/01/12 19:33】 URL | hシェフ #- [ 編集]

ほんとに綺麗だったわ
婦中の仕事場からも絶景が見えました。

夕方には夕日が当たってピンク色に輝いてたよ(^ε^)♪

屏風のようにどっしり見える立山連峰を見る度に富山ちゃいいとこやーって思えます!

最高やわほんと
【2012/01/12 19:58】 URL | カトちゃん #- [ 編集]

凄いぞ富山
いやいや~♪ スッゴイとこですね(@@:) 富山って。。。
こんな景色が見える・・・^-^
 天下の剣~~♪

確かに北陸道を走るたびにドキドキします! 山が見えると・・・0^^0

山・・・見るだけで、心が穏やかになったり、頑張る気持ちや闘志が沸いたり、
また、優しくなったり・・・ マイ教祖です(笑)
【2012/01/12 20:39】 URL | みい #- [ 編集]


♪hシェフ
雪を頂いた冬の北アの山並みは格別、山岳国富山ならではの迫力だね、これ。
ぼくも小学生の頃、名前も知らずに僧ヶ岳が一番高いと思ってました(笑)

♪カトちゃん
おー久しぶり~ 今、婦中にお勤めでしたか。
夕方には、カトちゃんの好きなピンク色に染まってましたか、
今日の様なの見ると、なーんもないけど富山ちゃいいとこやって思うね(*^^)v

♪みいさん
長野も迫力バツグンですが、海から一気に3000m、天に突き上げるかのごときな
富山の山岳景色もなかなかです。そうですか、北陸道を走る時にドキドキですね。
あっ、僕も山岳宗教信仰者です (^^♪

【2012/01/13 06:16】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

入信
昨日のあの景色は本当に圧巻でしたね

ドーン
こんな擬音が聞こえてきそうな景色でしたね

以前、大学の先輩が富山市に転勤になった時にあのような景色を見て、「こういう所で育ったからお前みたいな奴がいるんだな」と云われました。
未だにその真意はわかりませんが素晴らしいところですね。

私も隠れ?信者です
【2012/01/13 12:53】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪ラガーマンマンさん
昨日の北アの峰々織り成す山岳屏風、ステキでしたね。

〉こういう所で育ったからお前みたいな奴がいるんだなと云われました。
能ある鷹は爪を隠す、ただの荒くれじゃなくて、pureで繊細な所もあるって事でしょう。
↑ 褒めすぎ?  ・・・ そういうことです、間違いな~い(^^)v

で、ラガーさんホントは何の信者なのかな~???(笑) 今度そっとお教え下さい。

【2012/01/13 18:01】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/629-704ed05b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)