旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



X'mas忘年会 ・・・2011.12.25(日)

この寒波の到来に今週末は沢山の方が雪と遊びに出かけられた事と思います。 山スキーも一気に解禁です。 足元深きパウダースノー&天からは雪降り止まぬという状況下で山スキーをどれだけ楽しめるかは、板の選択と視界の確保にかかりますね。 樹木のうるささにも寄りますが、長くてぶっ太くてロッカータイプの板に、ファン付・視界すっきりなゴーグルが最高でしょう。 さて僕はと言えばこの年末年始は、山にスキーに行く代わり、と言ってはなんだが、人事交流に旧交を温める、という事に力を注いでいる(・・・晩酌止めたので、外で飲みたいとも言う・笑)

という事で、週末は山友yたんちでのX'mas忘年会に参加させていただきました。 yたんとは2007年ハレルヤ山行、期せずしての春木山で、偶然向こう側から登って来られたパーティーの一メンバーとしてお会いしたのが始まりなのですが、歳が同じならさらに誕生日も近く、いわば同志(何の?笑)みたいなものでして、加えて面倒見の良いyたんの性分に甘え、以降なんだかんだと交流が続いている …世話になりっ放しと言った方が適切かも。
 春木山-070415 大毛無山-090321
                   春木山 2007.4.15                   大毛無山 2009.3.21

今回はそのyたん宅での山屋つながりの家飲み会。 3世代交流でもあった。 山話に四方山話に話しはエンドレスに続いた。 ぼくは知らぬ間にコタツで沈没。 一夜明けると、あらら雪はそんなに積もってないし、優しいご来光まで拝めた。 静かで実に落ちついたいい朝だった。 みんなで再びコタツ囲み、で程なく、起きがけから、、、またチビリチビリ飲みだす。 あーまったり、気分はもう正月だった。 外は白い世界なものの、タテジマな前線なのに、天気予報は見事に外れ、終いには青空まで見えだす始末。 時はゆったり流れ、ほとんどの皆さんが帰られた午後、風に当たりたく、yたんとイオンモールに出かけた。 スタバで、黒部じゃ見たことないよな人込み目の当たりにしながらぼーっと飲んだコーヒーが美味かった。 yたんちに帰り延長戦・2日目夜には、yamanoutaさんご夫妻もコルチナの帰りに顔を見せて下さった。  サンタ衣装のみっちゃんがかわいかった。 一人こういう小さな子供さんがいると、酒で十分に頭緩んでいるとは言え、そして24時間世話しなきゃならないママは大変ですが、場がいっそう柔らかく賑やかになり良いものですね。
みっちゃんち-111224  X'mas寒波-111225
           サンタさん衣装のみっちゃん               一年ぶりに雪の華が咲いた

ジャストな今回のX'mas寒波。 外は寒いが、新築されたばかりの暖かな家で、雪景色眺めながらぬくぬく極楽宴会を楽しませていただいた。 久しぶりに再会したメンバーがほとんどだったので、いい交流も持てた。 酔いに任せ迷惑もかけたと思います。 そして、yたんy香ちゃん、参加された皆さん世話になりました。 ありがとう。

黒部に帰り、午後から室温34℃水温30℃のいつものプールでリハビリ。 
午後からさらに気温下がり、今黒部は寒々とした細かな雪が降りしきっている。
※12/25(日)夕方、富山県内全域に今シーズン初めての大雪警報が出た。 





この記事に対するコメント
ありがとうございました。
シュンちゃん

yたんちのお陰で楽しい忘年会ができました。
久しぶりによく飲みました。
また、
翌朝、天気が良く、雲の合間に剱岳がカッコよく見えました。

新しい年が来た気分でした。

皆さま、ありがとうございました。

【2011/12/26 19:03】 URL | もりたん #LkZag.iM [ 編集]


♪もりたん
yたんちのおかげで、正しく夢の様な楽しいひとときでした。もりたんはまだ飲み足りないのでは?と思ってましたが、そうですか、よく飲みましたか。そして、楽しい時間はあっと言う間でしたね。もりたんが修ちゃんと帰る時は、寂しかったです。

翌朝は元旦思わせるよな静かな落ちついた朝でした。雲間から剱岳がきれいでしたか。

楽しかったのは、来れなかった人も含めみんなのおかげだね、感謝。また寄りましょう。

【2011/12/27 06:03】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/614-4fbaf086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)