旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



朝日小屋小屋閉め2011(H23)-9/28(水)

小屋閉め作業中-110927(火)
                                 小屋閉め、外作業中   2011.9.27(火)

先日速報的に挙げていた、朝日小屋の小屋閉め時の様子紹介です。 小屋閉め作業には、客室・厨房・ほか各施設設備等 小屋の中の事、水源に各施設設備等 小屋の外の事、建物自体の越冬準備の事。また角度変えて見れば、前述生命線である水関連の事に、燃料の事、通信機器設備の事、来シーズン小屋開けに入った一等最初の時のこと先読みした準備、そして事務処理に下界とのさまざまな調整ごとやら小屋閉めで背負って下がらねばならない物の準備等々・・・私の知らない事が他にも多々あるでしょう・・・つまり作業は大小多岐に渡りますので割愛。 先日とダブるものもありますが、サクッと写真で表面的な部分様子紹介です。

          いっぷくの用意-110927   いっぷく-110927
                作業の合間、陽の恵みの中、いっぷくです。

 好物、中華丼-110927昼メシ  最後の晩餐始まる-110927(水)  豪華な鍋-110927(水)夕食
   好物、中華丼がでた!(^^)!   今シーズン最後の晩餐始まる  海の幸山の幸に野菜たっぷり
         9/27(火)昼食            9/27(火)夕食      豪華鍋。美味しかった。

 小屋閉め最終下山部隊-110928(水)  小屋を後にする-110928(水)  最終下山部隊イブリ山頂にて-110928(水)
         最終下山部隊     小屋を後にする 9/28(水)        イブリ山頂で一息
                                          これで朝日岳とはおさらば

 小屋閉め終え北又小屋にてしばらく休憩-110928(水)  北又小屋休憩中-110928(水)  北又小屋を後にする-110928(水)
  北又小屋に下がり休憩。事情により今年はさらに1時間半前後歩かなければならなかった。

 今シーズン歩きの終着点-110928(水)
   今シーズン歩きの終着点


一度雪が降ったという朝日小屋を後にしイブリ尾根に入り、標高ぐんぐん下げると、強まる暑い陽射し。そんなことに違和感覚えながら北又に下がった。 そして例年と異なり、今年はここ北又小屋からさらに越道峠越えその先約1.2キロ歩いて下山。 こうして例年に比べ2週間早い朝日小屋小屋閉めは終了した。





この記事に対するコメント

お疲れ様でした。
いつもよりかなり早い小屋締め、かなり寂しい気がします。
ちょうどその頃は、今年の異常気象のおかげで平蔵谷出合下のスラブでお仕事でした。
朝日小屋も言ってみれば異常気象のせいで早めの小屋締め・・・
来シーズンは、普通の天候の年になれば良いですね・・・
【2011/10/02 20:37】 URL | gappa san #- [ 編集]


♪gappa san
朝日小屋の9月の小屋閉めなんて、とてもさみしいです。
そうですか、gappa san はその頃、平蔵谷出合下のスラブでお仕事を。
自然ってヤツはなにをしでかしてくれるかわかんないもんですね。逆らえないし。
今から来年の事をいうと “鬼が・・・” ですが、そう! 「普通」 って大切な事ですね!!

そういやぁ、今の所高所雪が早く降ってるみたい、
ならば、このまんま早よ初滑り~といきたいもんです^^;

【2011/10/03 05:42】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


お疲れ様でした。
普段何気なく小屋を簡単に利用していますが
こういう方達がたの努力があるから、安全に山を楽しむことが出来るんですね。

来年が良い年になりますように・・

【2011/10/03 09:41】 URL | まめちゃん #- [ 編集]


♪まめちゃん
立山室堂界隈の山小屋のように車がすぐそこまで入るなら別ですが、
一般的にはひらばと環境が違いますから、山小屋はあれこれ大変ですね。

たくさんの山小屋に八方美人的に邪魔しては山小屋の主人も良く思いませんが、
まめちゃんも一つか二つ、ご縁ある山小屋のお手伝いされてみてはいかがでしょう。
そこに集う岳人との濃ゆいつきあいに、いろんな話し聞けますので、勉強になります。
登山を角度変えて観ることにより、山への造詣、幅も深さも大いに広がります。 
とまぁ、これあくまで山に対する志向考え主張の違いがありますので自由ですが。

来年の事は鬼が笑うので、ここでは控えさせていただきまーす^^;

【2011/10/03 21:44】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/580-94fbf6f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)