旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



♪ 秋にはサックスの音色


                               「 As Time Goes By 」  Kenny G

楽器と言うと好きなのは最近はピアノにサックス。 山では、手軽なところではオカリナにハモニカあたりでしょうか。 残暑厳しい日が続きますが、陽が暮れ始め辺りが少し涼しくなる頃、ここのところ無性にジャズっぽいサックスの音が聴きたくなる。 秋の夜長にそんなサックスの音色、お気に入りです。 ジャズのことは分からないので、今度「White Rabbit」のイナリンにお聞きしてみよう。

As Time Goes Byと言えば、映画「カサブランカ」で、イルザ(僕の永遠のあこがれ、イングリッド・バーグマン)が、酒場カフェ・アメリカンで、昔馴染みな歌手サムに歌ってくれと懇願し歌わせた歌で、それがきっかけで元彼、リック(ハンフリー・ボガード)との再会に至る、という作品中大切な役割を果たした歌でもあります。 その辺りはこちらでどうぞ


続いて、小林香織。 いい。 若いのになかなかな奏者・才能だなと、なんとな~く (笑) 思うのであります。



サックスの音色、曲にも寄りますが、そして、ことばでは上手く表現できませんが、心がとてもおちつき、ちょっと深い世界に連れ込まれそうな、 結論・答えは出ないけれど癒されるごときな、そんな、大人で割り切れない感がいいのです。




この記事に対するコメント

高校生の時に富山の総川の裏通りに有ったジャズ喫茶。
道路側の壁にコーラの瓶がいっぱい埋め込まれてました。
ジャズを聞いた始めです。
あのサックスのピアノのけだるい感じが懐かしいです。
最近お気に入りは「クレオパトラドリーム」ピアノ曲です。
【2011/09/13 21:11】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪yamanoutaさん
総曲輪の裏通りのジャズ喫茶で、高校生の時にジャズと出会ったんですね
今のAKBを全否定するわけじゃないんですが、、、
昔の若者の音楽レベル高かったことを裏づける様な話です。
コーラの瓶が埋め込まれてたというのも “時代” というかアナログアートですね。

サックスのあの、乾いてて物悲しい音色いいですね~
さて、「クレオパトラドリーム」、ピアノ曲ですね。今夜にでもゆっくり聴いてみま~す。

【2011/09/14 06:35】 URL | 管理者 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/570-21559d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)