旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



“ライケン” 近まの打ち上げ

月見屋格天井-110720
                           実に風格のある月見屋の格天井  2011.7.20

昨日、富山雷鳥研究会の朝日岳周辺での調査でご一緒した大蓮華山保勝会の方々との打ち上げに行ってきました。場所はメンバーの在所多き朝日町は月見屋さんで。芸者さんも呼び賑やかにです。渋ちゃんに道島さんに世話役の西さん、そして朝日遭対協前隊長の谷邦さんというメンバー構成です。渋ちゃんは昔馴染みの芸者さんとの久方ぶりの再会叶う!という形。古の思い出蘇る月見屋かな、でした。

普段足繁くとはいかない「老舗料亭」に「芸者さん文化」。ん~それだけで非日常。とか言いながら、僕もいい歳なのでそれなりに対応、というか、楽しかったです。年取るとあれやこれや大胆になるものです。 しかし、老舗料亭に芸者さんという日本古来のこういう文化は、趣き、風情があり実にいいですね・・・どんどん少なくなり寂しい。 芸者さんには恥ずかしくてカメラ向けられず。雰囲気だけ紹介。

 月見屋おもて-110720         月見屋料理-110720
 八十路に入られた大女将が出迎え     岩魚はよく食するが、この鮎も絶品だった
                         伊藤咲子似の若女将が料理を運んでくださった


で、酔っ払った僕は、ゆきことかつのりちゃんを強制的に呼び出し3次会。つき合わせてごめんね。

と、昨日の今日。
舌の乾かぬ本日は隣のKINちゃんちで飲んでてそのまま街へ下がる、
先ほどやっとこさ家に帰りました。

気持ちのいい人とはいつでも飲める。





この記事に対するコメント

芸者を上げて宴会なんて夢のような世界ですょ~。
渋谷さんも昔馴染みの芸者さんなんて、なかなかやりますね。
【2011/07/22 12:23】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪yamanoutaさん
芸者あげて、なんて、まったく夢千代日記のよな話しですね~ ・・・意味不明~ (^^) 。 
昔馴染みの芸者さんがおられたとは、これまた全くと言うかさすが、渋ちゃんですね~。 ナチュラリストの草分け的存在でもある渋ちゃん先生、山と動植物、雷鳥の研究一筋かと思いきや、なかなか広範囲な研究をしとられると、改めて人生の先輩に感心した次第です。

【2011/07/22 17:41】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/541-0e6cf151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)