旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



Brown girl in the ring  という歌


                                    Boney m   Brown girl in the ring

これ2004年の映画、運命を分けたザイルの後半、生還遂げようと這うジョーの頭の中に廻りつづけた歌。彼は、「好きじゃないのに何故か頭ん中ぐるぐる廻った」とふり返っていたが、僕はこれ案外好きながです。 彼のことば通り何度も繰り返すこのリズムがいいのかもだし、時折現れるファルセットに、微妙なる変調にどこかがキュンと反応するからなのかも。 

そして僕も実はこの映画観たあと、ひと月ほどだったか、この曲が頭から放れなかった(笑) それは、歌がどうこうよりか、やっぱこのノンフィクションで壮絶な生還劇に強く印象づけられているのです。この曲は間違いなくあの壮絶な生還シーンと共に今もあるのです。観ておられない方はぜひ観てみましょう(山屋さん必見かな)。 「剱岳・点の記」や「岳」が日本で話題になりましたが、 「や~山岳映画ってのも、実にいいもんですね~」・・・3年前亡くなった水野晴郎さん風に

 

この記事に対するコメント

山屋さん、必見、まだ見てません。というか、ぜんぜん知りませんでした。
あらすじ読んだらすごい話ですね。・・・この曲がくり返しなっていた・・・。
どことなく分ります。一回聴いたら、全部じゃないけど、その部分だけエンドレスでなり続けますもん。映像みてても、草原にいたアウストラロピテクスがライオンに追っかけられて、木に登って間一髪助かった。・・・その時に頭の中になり続けてた呪文のようなもの。
そんな運良く生き延びたアウストラロピテクス達の遺伝子が凝縮されて、おおげさに言うといまの人がいるんかなと思いました。・・・なんかほんとず~っと頭ん中に残る曲ですね。
絶対的危機に瀕してもエンドレス(実際、どこを聴いても金太郎飴っぽい曲)で補助パワーが入る感じがします。これすごく好きです!!
【2011/06/16 08:03】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
映画「運命を分けたザイル」、映像のきれいさとか派手さはないけれど、ノンフィクションだけが持つ、大自然の迫力に怖さが伝わってきます。どうやって撮ったんだろう・・・というシーンも多いです。必見ですよ。 そして、分かりやすいシンプルなリズムがスパイラル状に延々とつづくこの歌。 ん~人類のルーツみるようですね。

【2011/06/16 20:24】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/514-9521aa8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)