旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



故 丸山警部 警察葬 (2011・平成23年、6/7火曜日)
          
警察葬-110607
                  黒部市国際文化センター・コラーレにて ( 2011.6.7 火曜 )

地元メディアでは昼には伝えられていましたが、故・丸山政寿警部(富山県警山岳警備隊員。今年2/28剱岳池ノ谷にて殉職)の富山県警察葬が、厳かで凛とした空気の中、本日6/7(火)午前中行われました。 朝日遭対協のメンバーとして、そして朝日小屋清水さんの計らいがあり、参列させていただきました。 彼が 4/7(木)に山から帰って来てから、弔い -4/8(金)、葬儀 -4/10(日)、送る会 -4/22(金)。そして彼が事故に遭い命落とした日から数えてちょうど100日めに当たる、今日の警察葬 -6/7(火)。 これで区切り。

ご家族ご親族元より、今回も職場関係者に山岳関係者はもちろん、各方面より多くの方々が彼を想い集まっておられました。 以前にも書きましたが、改めてすごい人脈だと思いました。 これだけ多くの人々に惜しまれながら逝った丸ちゃんの、山岳遭難救助現場での活躍ぶりは、正に心技体3拍子揃ったすばらしいものだったと、今回も口々に何度も話されていました。 彼に触れた老若男女はみな彼のファンになる。 山の実力に加え、人としてなんとも魅力のある男だった。ひとりひとりの心の中に、大なり小なりちゃんとあなたはしっかり入っていたんですね。 そして、これだけのことをしてもらって旅立てた人は、世の中にそう多くはいないと思います。 悔しいくらい、男冥利に尽きる男ですねぇ。

弔辞の中でどなたかもおっしゃっておられたが、「山で死んだらだめながよ」 といつも言っていた丸ちゃん。 立山・白鷹伝説の鷹になって、風になって、岩になって、たま~には花や山菜になって、僕らをずっとこれからも見守ってくれるのだろうとも。 そして僕は、ボケるまで、一生彼の事忘れる事ないだろう。 が、ただ、これで大きくひと段落。 朝日小屋の今年の小屋開けも今週末、秒読み段階に入っている。 逝った者は還らない。 生かされてる者もいつか逝くがもうしばらくこのシャバで生きていかなければならない。 いつまでも目がしら熱くばかりもしていられない。


今日までさよならは言わなかったが、ここらで一度だけ言っておこう。


 さよなら  丸ちゃん



≪ 関連記事 ≫

  ◆ NHK富山 殉職した山岳警備隊員の警察葬

  ◆ 北日本新聞 丸山警部の冥福祈る 黒部・警察葬





この記事に対するコメント

 今日だったんですね。
丸ちゃん、最高に素敵な男やったなぁ・・・・
【2011/06/07 20:56】 URL | gappa san #- [ 編集]


今日で100日
もうそんなにたつんですね…。

ブログコメントありがとうございます…。
きっといい小屋開けになると思います。
今年の登山会に参加はできないけど、またブログでおしえてくださいね。
【2011/06/07 21:02】 URL | naho #- [ 編集]


今朝、出勤する時にコラーレの横を通ったら複数の警察の方が交通整理にあたっていました。紺に赤の横縞のラガーシャツ、そして熊のワッペン、ベレー帽、警備隊の勇ましい姿もありました。そして横では白の制服を着た警察音楽隊が音だしの練習をしていました。
美しさ、尊さ、誇り高き精神、そして力強さの象徴のようなものを感じました。
人の心の中で生き続ける。そういう生き方ってなかなかできないなぁと思いました。
【2011/06/07 23:38】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪gappa san
丸ちゃん、人の気持ち分かる、本当にナイス・ガイ、でしたね。

♪nahoちゃん
数えて見れば、ちょうど100日でした。
また来れるときに富山に遊びにおいで。いつでも待ってるよ。

♪hシェフ
生で聞く音楽隊の音には、温かみと気高さ、両方感じました。
まるで、丸ちゃんそのものって感じで、とても良かったです。




【2011/06/08 05:46】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/513-307ff826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)