旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



酒場放浪記的、中新湊・はやし食堂

はやし食堂-110520
                                はやし食堂 5/21(土)午後2時半頃の様子
                    いつもは満席のこと多いと評判らしいが、この日は空いていた。
                           ・・・食べるに飲むにも、中途半端な時間やもんね

今日は休足日という事で、久しぶりにイングリッドと昼食に出かけました。僕のアウトドアのひとつ、酒場放浪記といった方が良いかもしれません。行き先は、射水市 新湊、万葉線 中新湊駅近くの、はやし食堂。食堂と名乗っているところがいい。

まずはお約束、途中道の駅新湊に寄り、白エビバーガー、自分でチンして半分個づついただく。
 道の駅新湊①-110520 道の駅新湊②-110520 道の駅新湊③-110520

それから日用消耗雑貨や食料などの買い物を済ませ、目的のはやし食堂さんへ。
 店構え-110520 店内①-110520 店内②-110520
外観は地味、というか普通の民家じゃない、という感じ。だが、一歩中に踏み入ると、ケースがあり、
一見ここ寿司屋さん?て思わせるし、清潔感がある。 隠れ家的な感じに満足

 ご主人と奥さん-110520  名物①-110520名物②-110520営業時間-110520
ご主人とおかみさんの似顔絵があった。良く似ている…おかみさん実物はもっとチャーミングです。
名物料理の紹介もあるが、ケースん中の一品ものだけ見てもどれも美味そう
「うちは珍味が主体やからね~ どれも美味いよ」とご主人。さすがこの道一筋50年だ。
また、さすが港町、真昼間から堂々と呑めるこの店の営業時間、雰囲気がうれしい。まずはから。

 料理①-110520 料理②-110520 料理③-110520
今日いただいた料理の数々。活きもいいししっかりした味付けでどれも美味い。鍋の頃にはに。
この日高岡の最高気温は30.7度を記録。今年初の真夏日となったが、でもこの鍋は美味かった。

         料理④-110520   シロエビ天丼食す-110520
         シロエビ天丼、サクッサク    美味しくいただきました
         おつゆでしめる。このおつゆいつまでも冷めないのには驚いた。
         麺類、ご飯もの等の食事メニューもしっかりしていた。

カウンター8席、1階奥に小座敷、2階に宴会場を備えていた。“食堂”を名乗るには、糸魚川近辺には今でもある、昔ながらの安価な4人掛けテーブルにパイプ椅子など備えてて欲しいところだが、それはない。そういう意味じゃ入っての印象は清潔感・料理屋の香が漂う。ご主人がそのお母さんと店始めて半世紀という、その長い料理人人生に裏付けされたしっかりした逸品に箸のばしながら、一人でふらっと来て飲んでも、呑めば誰でも友達って雰囲気の中で、心地良い時間の流れに身をおける一店かも知れない。四季折々それぞれの良さがあるのだろうが、雪深い寒い冬にまた訪れてみたい店だ。

はやし食堂さんの駐車場は、新湊タクシーさんのとこにありました。
4台停めれますし、満車なら親切なおかみさんが近くに案内して下さると思います。
・・・もちろん飲酒運転はいけませんよ。
 駐車場-110520




この記事に対するコメント

おいしそうですね!お魚大好きの私にはたまりません。
そして「酒場放浪記」私も好きです。
吉田類さんのアシスタントになりたい。なーんちゃって。
シュンさん足、お大事に…。
【2011/05/22 01:08】 URL | naho #- [ 編集]


♪ nahoちゃん
ん~ホント魚好きな人には、この港町・新湊(しんみなと)のこんな飾らない店、
もう、たまりませんね。魚は肉と違いやっぱ日本人に合ってるというか、
やさしい食材の様に思います。そして、珍味も多いよねー。
吉田類の酒場放浪記、毎週観てますが、さすが酒の強い高知の出だなー
なんて、感心しながら、楽しく拝見。アシスタントって手があったかー(笑)

足はぐんぐん快方に向かってます。 nahoちゃん、さんきゅう。

【2011/05/22 06:07】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


新湊に来てたんだ。
一言行ってくれれば・・
あ!お邪魔でしたね(^^ゞ
林食堂、有名ですが行ったこと有りません。
何処にあるのかも知らなかったのですが家内に店の写真を見せたら、さすが新湊出身すぐに何処にあるか教えてくれました。
ちなみに昨夜は自分も家でフグ鍋を食べてました。
【2011/05/22 08:17】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪yamanoutaさん
以前から気になってた、はやし食堂、諸条件整い(笑) 出かけました。
さすがはきぬちゃん、すぐ場所分かりましたか。 そして、はやし食堂、
有名なんですか~ でもそれだけのことはあると、一度で思いました。
味とは関係ないんですが、おかみさん砺波の出で、旧姓同じ「林」だそうです。
「結婚しても林ながですよー」って、笑って云っておられました。
おっ、鍋日和ですね、なんて。 高級なフグですね、承知しました~
昨日は、最高気温数値のわりには、建物の中でじっとしてれば、
そう暑く感じ無かった日の様に思います。湿度が低かったのかもしれませんね。 

【2011/05/22 18:29】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


美味しそう
本当に食堂という感じがしませんねぇ

中新湊ですねぇ

メモっておきますぅ
【2011/05/23 09:57】 URL | 初心者アルピニスト #- [ 編集]


♪ 初心者アルピニストさん
ぼくらが子供の頃は、ファミリーレストランなんて無い時代でしたから、
「食堂」ってのが巾を効かせてました。大和のでっかい食堂を筆頭に(笑)
そして、あの頃「食堂」は非日常の世界。特別な日・贅沢する日のものでした。
ラーメン丼、輪ゴムでぴしっとサランパップかけ出前されてきたのも懐かしいです。

あの頃の雰囲気求め、食堂や汚い酒場を徘徊するのが好きなのですが、
ここは歴史は長いが、小料理屋みたいな雰囲気。でも料金はリーズナブルでしたよ。
また行きたくなりました。そちらからは近いでしょうから、羨ましいです。
あっ、お勧め昭和レトロな食堂・飲み屋あれば教えて下さ~い(ペコリン)。

【2011/05/23 12:48】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/497-328944cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)