旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



丸ちゃん送る会

しおり表紙-110422
                    高価な山服の胸にマジックで「丸」と書かれている
                           気取らない彼らしさが良く出てると思う。


今日4/22(金)、丸ちゃんを送る会が行われました。

平日の開催ということもあり、来れなかった方もおられたと思いますが

心熱き、岳人達、山小屋関係者達、山岳ガイド達に

ご家族ご親族、友人、同級生、等々ご縁のあった方々がたくさんご参加下さいました。


彼はエンドレスな魅力もつ男だった 語り尽しても語り尽しても つくせない

今むこうで沢山の山仲間と再会してるだろうし、皆後からいくからちょっと待っててね

だから お別れ、さようならは言わない  丸ちゃん ありがとう。 

写真-110422


打ち合わせの様子-110422
                               打ち合わせの様子

       お土産-110422
       参加者に、お花と共にお持ちいただいたお土産
 いずれも値の張るものじゃないが、彼がこよなく好きだったものばかり
       まぁその量は普通の人の3倍以上とすごかったが。
   ここにも、彼の庶民性、人のおおらかさが出てるように思います。




裏方の僕は今会の表を見ていないのですが、みなさんいかがだったでしょう。奥さんの希望でもあった「泣いて・笑って・賑やかに・盛大に」 彼を送り出してあげれたでしょうか。実行委員のスタッフは、全員が何らかの形で山と係わって生きてる者たちでした。そんな有志による完全手作りの会でした。特に、委員長・阿曾原温泉小屋佐々木さん、副委員長・朝日小屋清水さんの、この日までのご苦労は大変だったと思います。すばらしい会を、ありがとう。 朝日小屋ファミリーのみんなもありがとう(県外からも沢山来てくれてました)。今回は、山友・ねぎちゃんがスタッフ参加。プロが通して写真撮って下さいました、ありがとうございました。また、れいちゃん連れたチャッキー(誰)にも久しぶりに会った。





この記事に対するコメント

丸ちゃん、どんな映画スターにも負けない、いい顔、かっこいいですね!
憧れの心をそのまま映したような目のかがやきが、ほんと、きれいです。
昨日は、おしまいのほう、ほんのちょこっとのぞかせてもらいましたが、もう感動、感動で。熱いものが胸にどんどんこみ上げてきました。
佐々木泉さん、ほんとかっこよかった。あらためて、丸ちゃん、みんなから愛されていたんだなぁ、彼が残した財産って、今は、みんなの心の財産となって、生き続けているんだなぁと、つくづく思いました。
【2011/04/23 07:29】 URL | hシェフ #- [ 編集]


昨夜はご苦労様でした。
いろいろ大変だったでしょう。
あまりの人の多さに誰が誰だか分からなくなってしまうくらいでした。
帰りにシュンちゃんの横にいた綺麗な人はネギちゃんだったん?
適当に挨拶してしまって失礼なことをしたと思ってます。

丸ちゃんも沢山の人に送られて天国に行ったでしょう。
ちょっとほっとした気がしました。
【2011/04/23 08:28】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪hシェフ
人にはそれぞれの立ち位置、居場所ってあるんだと思うんですが、丸ちゃんのそれが「山」だったんですね、きっと。山に深く深く魅せられた男、ん~実にいい顔されてますね。 そうですか、会場内、感動ものでしたか、それはそれは嬉しいです。泉さん今回は、ゴッドファーザーの映画から抜け出してきたよな、いつもに増して迫力あるイイ山男でした。丸ちゃんは、僕らのこころん中でずっとずっと生き続けてゆきますね。

♪yamanoutaさん
本当に沢山の方が、お別れに来ておられました。Dr.早川も来ておられましたね。また、真っ黒く・ガ体のでかい・厳ついメンズも多く、ぱっと見何かあっち系(どっち系?)の集まりの様にも見えましたが(笑) 綺麗な人?たくさんおられました。でかい三脚持ってたらねぎちゃんでしょう。気持ちがないと来られないものです。ねぎちゃんには大いに感謝です。丸ちゃん、あっちから「や~わたしもv-218 ひとつ何か手伝いますよ」って言ってるよに思い「あんた今日はいいがんよ、主役なんやから。休んどられ」って、僕は心の中でつぶやいてました。

【2011/04/23 10:14】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


しゅんちゃん、昨日はお疲れさまでした。
裏方に徹しておられ、優しい気配りはピカ一でした。
押しかけカメラマンを快く受け入れてくださった、ゆかりさんにも感謝です。

一人一人の思いが詰まった、胸を打つとても素晴らしいお別れ会でした。
ずっとこらえていたのに、最後のゆかりさんの言葉で涙でファインダーが
見えなくなりました。

壇上の丸山さんはとても輝いていました。そして奥様も立派でした。
こんな最高のご両親を持つ子供たちに、心の片隅に残るアルバムを届けられる
様に一枚一枚丁寧に仕上げたいと思います。(ちょっと時間がかかるけど
ゴメンネ。)
yamanoutaさん、hシェフさん、一目でしたがお会いできうれしかったです♪
【2011/04/23 18:43】 URL | ねぎ #qsvP4ThM [ 編集]


 昨日は、本当にご苦労様でした。
素晴らしい、送る会で、感激しました。
丸ちゃん・・・
やっぱり、凄い・・・!!
そして、送る会皆様の熱い気持・・・
しっかり、感じ取る事が出来ました。

これからも・・・
これからも・・・・

丸山スピリッツを、心の中に・・・ですね。。。
【2011/04/23 20:36】 URL | gappa san #- [ 編集]


♪ねぎちゃん
僕は表舞台は苦手。裏方、総務的なことに向いているようです^^;
そうですか、心打ついい会でしたか。裏方も嬉しいです(ニコッ)
ねぎちゃん、本当にありがとうございました
仕上げ、大変でしょうがひとつよろしくね。

♪gappa san
すばらしい送る会と言っていただき裏方も嬉しいです、
と言っても、丸ちゃん本人や奥さまがすばらしいのですが。
ヒマラヤ経験もある丸ちゃん、とてつもなくすんごい一流の登山技術持ちながら
全く自慢話しなどしない。日頃はとてもおだやかで、本当にすんごい人でした。
誰の心の中にも「丸ちゃん」入り込んで、そこでずっと生き続けますね。
gappa san 忙しい中遠くから、ありがとうございました。

【2011/04/24 15:38】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/481-26dac211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)