旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



あなたのとりこ
 

                                 '70 シルヴィ・バルタン 「あなたのとりこ」

yamanoutaさんとこでシルヴィ・バルタン「アイドルを探せ」がとり上げられてたので、ひと世代若い僕の、シルヴィ・バルタン思い出の曲アップです。 以前載せていますが、好きなのは何度でもです

小学校4.5年の頃、真空管使ってmyラジオ作り、密かに一人楽しんでいたのですが、すぐにトランジスタ、そしてLSI(IC)へと時代は急速に移り変わっていった。中学に入り個室与えられた僕にとって、ラジオは唯一の楽しみでもあった ・・・テレビは一家に一台,4本足の時代・・・そしてうちは取分け白黒時代が、長かった~

ラジオからあの頃一時、この歌がバンバン流れていたこと思い出します。訳も分からんのに、ませたタイトルの歌聞いてたもんだ (#^.^#)。 そして、ビートルズはレコードで聞くことが多かったのですが、この歌はラジオの記憶と共にある。そういえば、ヘドバとダビデ「ナオミの夢」もこの頃だった様に思う。




この記事に対するコメント

「あなたのとりこ」題名は覚えているもののどんな曲だったかな?と思ったのですが
ああこれだ懐かしい~。
「アイドルを探せ」があまりにも強烈な印象だったので、その後の曲を忘れてました。
シルビーバルタンは今66歳だと思いますが今でもフランスでは人気らしいです。
【2011/04/01 20:05】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪yamanoutaさん
やはり彼女と言えば、まず「アイドルを探せ」なのでしょうね。
そうですか、彼女今も現役で歌ってるんですか、それも人気とは、すごい!です。
話しちょっとそれますが、僕はあの頃、シルヴィ・バルタンとバルタン星人って、
関係あるのか・ないのか・・・とても気になってました。関係ないよねーきっと (笑)


【2011/04/01 20:12】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

懐かしすぎです。
シュンちゃん、yamanoutaさん 今晩は。懐かしいです。
僕が聞いてた頃は、かなり幼少の頃ですね・・・(笑)
でも、あの頃、小さなトランジスタラジオで洋楽を聴いてた覚えがあります。
良いですよね~!!
【2011/04/01 21:31】 URL | gappa san #- [ 編集]


♪gappa san
〉僕が聞いてた頃は、かなり幼少の頃ですね・・・(笑)
あれ~ gappa san 僕とほとんど歳、一緒やないですか~
小さなトランジスタラジオ布団の中で抱え込み聞いた、オールナイトニッポンも懐かしいし、
そういえば南佳孝「憧れのラジオ・ガール」ってのは、今も好きな曲です。

ひとつ世界が広がり、色気づき始める中学、そして高校の頃に聞いた音楽って、
結構、自分のルーツ、ベースな世界として、いつまでも残るものの様です。

【2011/04/01 23:22】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


ほんと、おふとんかぶって聴いたあの頃のサウンドそのものですね!
親にNHKのラジオ講座で勉強するからと言って、ラジオを買ってもらって、講座はまったく聞かなくて、ヒットチャートとかオールナイト日本とか、そんなんばっか聴いてました。
シルビーバルタンとバルタン星人・・・このての思い込みとか勘違いってけっこうありますよね。自分もビートルズのレットイットビーが流行った時、♪エルピー、エルピィ~・・・って聴こえたんで、LPレコードのコマーシャルかなって思ってました!(たしかオーディオのCMだったですね。)
【2011/04/02 10:32】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
〉親にNHKのラジオ講座で勉強するからと言って、ラジオを買ってもらって・・・
な~るほど~そういう手があったんだ~ と今関心。
ビートルズのレットイットビーが流行った時・・・ も今は笑えますが、
当時は真剣にあれこれ考えてたんだろーねーきっとです(笑)
間違いないのは、今時々聞くラジオやアナログな音源には、どこか癒されますね。

僕らの20代~30代はテレビ全盛期でしたが、音楽という分野で僕らの目を世界に向けさせてくれたのはラジオでした。今思うとラジオって僕らにとって文明開化の香りの文化だったのです。そして、情報源は、ラジオ → テレビ → インターネットへと、次々に大きな黒船がやってきた訳ですが、こうして書いてるインターネットの恩恵と言うのは、すごいもんですね。前述を例え変えるなら、回覧板 → 黒電話 → 携帯電話 みたいなもんでしょうか。今でもいっぱいいっぱい、次世代にはもうついてゆけませんが、有効に使いたいもんです。

【2011/04/02 12:16】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

なちゅかちぃ~
おいらがまだ若き中学の頃、三つ上のいがぐり頭の兄貴がアルバム抱えて聴いていたのを思い出したなりよ

なんか洋モノで英語じゃないしゃれた歌だなぁと思ったよ


そう言えば、その頃だったかどうか定かじゃないけど「栗田ひろみ」の写真を兄貴の部屋で見つけて「なんて可愛いかねぇちゃんやろ!」ってときめいたのを思い出しました!

【2011/04/02 17:49】 URL | kurumeの3144 #- [ 編集]


♪kurumeの3144 ちゃん
三つ上のいがぐり頭の兄貴・・・東京時代に一度だけ僕も会ったことのある、v-12あっち系(どっち系?)のルックスとは真逆、動物こよなく愛する獣医先生の兄貴ですね。 10代の頃って3つ違うと、りっぱな大人じゃんな人。もう世界ちがってたもんねー、分かります分かります。

今思うと、洋楽は、坊主頭のあの頃僕には似合わんなーとは思うけど、あこがれあったよねー なつかしぃちゃ~ です。

栗田ひろみ、コメントもらって何十年振りかに思い出しました^^; さんきゅう。 かわいかったよねー ・・・って、今の奥さんクリスティーナの方が、ずっとべっぴんさんじゃない。

話しそれますが、いいシャンソンバーがあったら今度福岡に行きたかーです。久留米でも博多でも北九州でもOK。そん時はよろしくね。



【2011/04/02 20:58】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/470-60845c47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)