旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



冬山通信2011・11 - 白鳥山(1286.9m)・・・新潟県糸魚川市、栂海新道上

正面尾根1140m付近から-110226
                    白鳥山 正面尾根、標高1140m付近より山頂方面 (2011.2.26)
                       標高差はもうさほどないのだが、、、先まだ長げぇ~(+_+)

白鳥山(標高1286.9m)に出かけました。昨年は3月に大勢で訪れているのですが、今日は単独行。この処リゾートなスキーが続いていたし、朝日遭対協の末席に名を連ねてはいるが、寄る年波・衰える体力、知識と経験でカバーできればでもあり、&この時期、大地・初雪同様、ここの地形把握も大切だと考えての、兼・自主訓練山行。コソ練とも言います。

ルートは、昨年が北西尾根ピストン一泊二日に対し、今日は、正面尾根から山頂(小屋)に至り、下山は北北西尾根。ぐるっと日帰り周遊。正面尾根は久し振りだったのですが、アップダウン多く、標高1000m超えてからは幾重にも折り重なる山稜の複雑さ。距離も比較的長くでやはりなかなかなコース。単独だったのでいろいろ学習しながら歩け良かったは良かったのですが、今日は「晴れ」の予報だったのに、途中からガスってきて、一時こりゃヤベーって状況でした。山って行ってみなきゃ分からないもんだも再確認。まぁ“単独訓練山行”な訳ですから、これでいかったんですね ^^; 先行トレースあり使わせてもいただいたが、だだっ広くなってからは自分の考えるルートを、久し振りに五感研ぎ澄まし工作。

 ありゃ、ガスってきた-110226  うっすら山頂確認-110226  山頂小屋-110226
       ありゃガスってきた      山頂がちょっと顔だした         今日の山頂小屋

犬ヶ岳と初雪山がちょっと顔見せてくれたが、ほぼガスん中だった
さほど寒くはなかったのですが、さっさと帰りましょう。。。滑りはばたばたでした(>_<)

一瞬でしたが、この様な景色もありました。
 一瞬の景色①-110226  一瞬の景色②-110226  還る-110226
                                            ひとり訓練、終了(ホッ)

白鳥山ルート考察図   ※ myGPSログより
白鳥、ルート考察-110226
登山道があるのは、坂田峠からの栂海新道上と山姥・鳥居杉ルートのみ。後は雪に乗ってのもの。特に積雪期は思いのままにルート工作出来るわけですし、スキー滑降なら、正面尾根だと山姥林道と交差(標高740m)してから下はアップダウンと藪に悩まされます(+後が長い)。それよりは、半ばから下のコース取り要注意ですが、山頂から中央左寄りに広がるオープンバーンが良さそうです。とまぁあれこれ書きましたが、あくまで自己責任で入山しましょう。結果はほとんど自分の考え方、行動からのものですから。


さて、ワイワイ楽しいのももちろんいいが、山は時折一人で歩かなければいけない(個人的な意見ですが)。そうすることによって、自然をより感じれるし、自然はそっと自分だけに語りかけてくれます。何と言っても感覚が研ぎ澄まされるのがいい。自分もそうですが、みなさん装備怠らず、下調べして、人様頼りになり過ぎず入山しましょう。また、現場での行動は、細心の注意・ノミの心臓を持って、状況を冷静に判断し動きましょう。 何かあってからでは・・・・・・遅いのです。

さて、暦ももうすぐ3月。今シーズンの冬山はこれで終わった。北アルプスの山々に雪はまだまだあるものの、春山のスタートである。まぶしい陽射しに肌やられないようにしよう ←おやぢにゃー要らん余計な心配か、かな(笑)




この記事に対するコメント

今晩は。
単独・・・・・
いいですね・・・
あこがれます。
【2011/02/26 22:09】 URL | gappa san #- [ 編集]


お疲れ様でした。
今日も午前中は、カリカリで歩きやすかったですね。

自分は、白木峰に行って来ました。
さすが風雪地帯、標高こそ1596mですが。
ワンランク上の雪山の雰囲気を味わえた気がします。
仁王山の氷の急斜面、ワカンでは心許無かったですね。
同行者が、デッカイ落とし穴に落ちる等。
雪山単独行の危険性を、再認識させられました。
【2011/02/26 22:20】 URL | クマ #- [ 編集]


♪gappa san
たまの単独行、原点に戻れる感じがいいです、
僕は、gappa sanのスキーの上手さに、あこがれま~す。

♪クマさん
そちらは白木峰でしたか。神々しく、すばらしかったでしょう。
少し新雪あったかもですが、10-20㌢下はガリガリ・ツルッツルの氷だったでしょう、
ピッケル・アイゼンは持っていかなかったのかな?
そして、同行者が、デカい穴に! 結果オーライだったわけですが、
雪山には、「装備」と「五感」、よりしっかりして、入りましょうね。特に単独ん時は。


【2011/02/27 05:11】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

わいわいと行きた~い
 先週白鳥山に行って来ました。
下山後糸魚川の道の駅でテント宴会でした。
メンバーは僕以外スキーヤーでぶっちぎられてしまいましたが、1人での下山を
満喫できました。

 陽に焼けて顔はヒリヒリしました。
日焼け止がそろそろ必要ですね。
【2011/02/28 14:39】 URL | nakamura #lVjAIwTo [ 編集]


♪nakamuraさん
先週スノーシューで北西尾根ピストンされたのですね。トヨさんとこで拝見。で、下りて道の駅でテント宴会ですね、承知しました。 下りはともかく、登り、スキーについてく脚力、すばらしいです。雪山の紫外線は、やったら強力。病に繋がらぬよう予防必要ですね。また、装備と心構えみんながしっかりしていれば、わいわいは時に楽しいです。どこかでお会いしましたら、よろしくお願い致しま~す。

【2011/02/28 17:08】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/454-3998f49b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)