旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



冬山通信2011Ⅹ - 妙高・前山、滝沢尾根

妙高、前山-110219
                                妙高・前山(1932m)滝沢尾根 (2011.2.19)

赤倉観光リゾートスキー場ゲレンデトップから前山に登り、隣りの滝沢尾根を滑ってきた。好天に誘われ、標高差1170mに及ぶすばらしいパウダーランに酔いしれた。

大駐車場(標高760m)はその昔ゲレンデだったそうで、着いた時は凍ってる上にナナメってた(+_+)。足元要注意だった。ゆっくり支度済ませ、少しゲレンデ滑りゴンドラ乗り場へ。そこからゴンドラとリフト1本乗りついでゲレンデトップ(標高1500m)に到着。では、シール付けてさぁ歩きましょう。
 駐車場-110219 ゲレンデトップ-110219

出だしほんのしばらくガスってたが、見る見るうちに青空が広がってきた。先頭行くiナリさんは先行者のトレースを外し我が道をガンガン登ります。すばらしい脚力です。上部一ヶ所底がガリっと来て雪崩そうな所があったので、そこからは忠実に尾根を登り上げた。ともあれ、白と青のコントラストがそれは見事だった。
 登る①-110219 登る②-110219 登る③-110219

前山ピーク(標高1932m)に到着。
おっとー、滑りこむとこ、まだノートラックじゃないか。うはうは~だったが、私のWAX雪質に合わずですぐゲタになる(-_-;)、ヒロシ(はっぱさん)の固形をお借りし準備してる内に、別パーティーが先行して行かれた。ん~残念。そして同行の二人には迷惑をかけた。ごめんなさい。
 山頂に至る-110219 山頂からの景色-110219 山頂集合-110219

 滑り出し斜面-110219 山頂直下からの眺め-110219
          滑り出し斜面         左下がスキー場

標高差140m位滑り昼休憩。日向ぼっこしながら男3人、ゆっくりまったりまどろんだ。のち、気にならない程度の疎林のツリーラン満喫しながらさらに400m弱下がった所で、登行時ご一緒だった休憩中の名古屋からというお二人に再会。巾の広いこの場所ではレア。ご縁感じ、少しお話しさせていただいた。今日は山頂直下から30-40㌢で極深ではないものの、軽い一定の雪質がゲレンデまで続いた。こんなこと珍しいですね。みんなかっ飛ばした(^^♪ 久し振りに快感、昇天しそうだった(笑)
 昼休憩-110219 お会いした方々と-110219 ヒロシ果敢に滑りこむ-110219

無事駐車場横に滑りこんだ。すぐ車がある、全く無駄のないコースだ。
 無事帰る-110219
で、最寄りのランドマークでさっぱりし帰路に就いた。朝6時半に朝日ICを出、夕方5時前には戻った。妙高・赤倉も自分の若い頃に比べずいぶんと近くなったもんだ。

今回のログ
 myトラックログ-110219





この記事に対するコメント

快適な前山でしたね。

雪は一週前がさらに上等でしたが、予定のルートを通せて喜んでいます。

ぼくらのカメラに写った画像データを別便でお届けします。楽しいひと時、ありがとうございました。
【2011/02/22 15:24】 URL | T@名古屋 #- [ 編集]


♪T@名古屋さん
前山、快適でした(^^♪
そうですか、一週前はさらに雪質良かったのですね!
写真も、ありがとうございます、
や~山に入ってる時ってどうしてみんなこんないい顔になるんでしょうね^^;
どこかで再会の際は、またよろしくお願いしま~す。

【2011/02/22 18:41】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/450-02530b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)