旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



初雪2008

 冬山物資入る2008.11.18(火)


平地に白いプレゼントが舞い降りた
昨年より1日遅く平年より9日早い、富山の初雪である(11/19・水)
今夜は会合から帰って、それから家内の車のタイヤ交換でした(-_-;)

際どいタイミングで、馬場島(ばんばじま)に物資が運び入れられた様である
剱岳一帯の山岳遭難に備えての、富山県警山岳警備隊の越冬物資である。

地元紙で報じられたその記事
だいこん持ってる警備隊の若き獅子、たまたま二人の知り合いが紙面に出ていた
K隊員(茨城県出身)は剣山荘で、T也隊員(東京都出身)は朝日小屋で知り合った。
当時は小屋のバイトだった。二人とは別々に知り合った。そんな彼らはいつの日か
北アルプス北部一帯を縦横無尽に駆け回り尊い命を守り救う、富山県警山岳警備隊に憧れた。
強靭な体力に卓越した登山技術、加えて強いぶれない使命感、精神力
そして、何よりも山を愛する心を持ち合わせなければ務まらない、きびしい世界にである。
そして、彼らはその夢をみごとに実現させた。正直ちょっと驚きであった。がんばったのである。
「想い続ける」ってだいじなことなんだね。若いもんから教えられる、おいちゃんなのれす^_^;

山では、山じゃなくても、生きてりゃそりゃたくさんの人に会うけれど
一期一会と思った出会いが
その後の人生を形づくっていく、左右することってあるんだよね
その逆もあるけど。。。まず出会わなきゃ何にも始まらないんだけれど
出会ってもそのままそれっきりの人、出会ってその後なんやかやと係わってゆく人
どこに、その分かれ道があるのだろう  どこで、それが決まるんだろう
朝ドラじゃないけど、人の縁って不思議なもんだね


        そして、そのT也はこんどの日曜、結婚する

        次なるピークに到達、夢をまたしても実現するのである

        純白の雪は花嫁によく似合う

        おめでとう 月並みだけれど ・・・ 心から、おめでとう






        しかし

















          ・・・ これからが本当の愛なのかもしれない       




この記事に対するコメント

次なるピークかぁ。

かっこいいなぁ。


「人生のルートファインディング」。

ある時、おちゃらけM山警備隊員に言われた言葉です。

そうかそうか。

人生は常にルートファインディングし続けるのだ。

たまに思い出しては、肝に銘じています。
【2008/11/20 15:04】 URL | しもだ #- [ 編集]


♪しもちゃん
おいらなどはもう下る一方、一杯一杯(ToT)/~~~ですが
しもちゃんの人生、これからいっぱいいっぱい楽しい事あるよ
じんせいまだまだ 仕事もまだまだ 山もスキーもいっぱい

○ちゃんからいいことばもらったねー
人生ってやつ、ただただ走り続けるだけでなく
時には立ち止まって、そこいらを眺めながら方向を決め、それから動きましょうね。

【2008/11/20 19:08】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/45-b2226c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)