旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最近ドキッとした短編

最近、ある所である文章を目にした。以下の文章だ。

人の人生というのは運で決まる。例えば、生まれたときに貧乏な家に生まれるか、金持ちの家に生まれるかで、もうすでに人生の可能性が変わってくる。(どちらがいいのかは人によって感じ方は違うと思うので、ここでは違うということだけを述べておく)その他にも、容姿の良し悪しでも変わるだろうし、どれだけ勉強を頑張っても、頭の悪い人はいるし、勉強しなくてもそれなりに頭のいい人はいる。好きこそ物の上手なれなんて言葉もあるが、それが全員に当てはまったら、高校球児の八割はプロ野球選手になれるだろう。つまり何が言いたいのかというと、どれだけ努力したところで人間には、それぞれ自分の指定席があるということだ。野球が下手なのにプロ野球選手を目指しても、それは無理なことだし、音痴なのに歌手を目指しても、それもまた無理なのである。その結果、多くの凡人達は凡人達の中で優劣をつけられることになり、そんな戦いなら参加しなくていいや、と思っている私は、現在高校三年生の受験生である。しかし、私は勉強の面倒くささから前述のような理屈を並べ立てて自室のベッドで絶賛サボタージュ中である。かといって、就職はまだしたくない。そして、今頃どれだけ頑張っても、苦手科目を偏差値五十に乗せられる気はせず、両親待望の公立大学はかなり厳しいらしい。そんな気分で何気なくテレビを見ていると、同年代または年下の人が、芸能人として、また、スポーツ選手として活躍しているのが目に入って、やけに劣等感を感じてしまう。その翌日に学校へ行き、私と同じように勉強をしていないらしい友人に会うと、やっと向こうがおかしくて、こちらが普通なんだと確認できる。


とまぁどこかの甘っちょろい高校3年生が書いた文章だとは分かったし、ゆえに自分から見りゃー甘いなーという部分あるものの、客観的に世の中観ておりまた正直さ素直さも出ているし、迷える受験生の、心細さぬぐい去ろうという心模様も読み取れる。文章としてもなかなか読みやすいじゃん、などと感心。ところがだ。タイトルを見てぎょっとした。「○○的名作匂」とあったのだが、○○には私の名字が入っているではないか。おっとー、これうちの2階の居候・長男が書いたものだったのだ。子供の書いたもの目にするなんて小学校の卒業文集以来じゃないだろうか(笑) 読み終わり、ヤツの心の中のぞき見、いつまでも子供だと思っていたのが大人になったものだなぁと思い、そんなこと知らないのはきっと家族で父親の自分だけなんだろうと思った。またどことなく自分の文章と似てる節ありに嬉しくもあり、でもとてもすっきりしててオレよりずっと上手いなぁとも思った。あっ「ある所」とは長男の部屋ではありません。居間にある我が家みんなの共有PC(オープンな場)です。

今回息子の作文目にすることにより彼の成長を文字で確認したが、まだまだ金も手もかかる。が、大人への階段登りあらゆる面で自分とフィフティ・フィフティに近づいてる事も確か。なので、それは同時に、もう自分の健康をきちんと考え、子供らに迷惑かけないよにしなきゃという、つまり自分に“老い”をはっきりと意識させてくれた事件?でもあった訳だ。

親子の関係と言えば、ごく最近とてもステキな娘さん息子さんに会った(親が私の知人)。二人とも20代だったが、世の中斜に構えず真っ直ぐに見、自分の立ち位置理解し、前向いて生きている。親のサポートもしている。柔らかさ、しなやかさを感じさる若者達だった。自分の息子娘らもこんな若者になればいいなと、お二人と話しながらそんなこと思った。




この記事に対するコメント

いやぁ~、すごい面白い文章ですね!なんかみんなしてベルトコンベアーのっかって、センサーでポンポン振り分けられていく感じが出てて面白いです。
将来、作家の指定席がまってるんじゃないですかぁ!!
【2011/02/15 23:13】 URL | hシェフ #- [ 編集]


思わずにやりと笑ってしまいましたwww。

お久しぶりです。赤禿山でご一緒させていただきました。OOです。
家にも一匹高校受験生が居ります。
勉強しているかと部屋を覗いてみると惰眠をむさぼりつくしております。
真夜中には活動しているみたいですが、先を案ずる親の気は知る由もなし!
と言うのは、どこも、今も(我が子)、昔も(私自身)、同じかと改めて思いました。

とにかく本人には、山登りと同じで、志無き者は山頂に至らず!とだけ言い聞かせております。

その親(私自身)は、暇があれば、山頂に至る口実に使っております。 その志!www
(単に登りたいだけですが・・・。)


【2011/02/15 23:30】 URL | ひろりん? #- [ 編集]


♪hシェフ
親の自分が言うのもなんですが、理路整然の中にリズム感ある文章に驚きました。まぁ本人こんなこと書いてる日々ですので、進路はそれなりにですし、その先のことも何も見えない(笑)。あっ息子の作文、まだまだありますよ、その内掲載かもです。

♪ひろりん?さん
赤禿山のモグラーさんですね(笑) あの時は楽しかったです、ありがとうございました。そうですか、ひろりんさんとこにも受験生が。インフルエンザも要注意だし、それはあれこれ気を遣いますねぇ。って、だいたいどこのうちも母親がきりきり心配でしょうか。「志無き者は山頂に至らず」・・・ん~いいことばです。それ僕も口実に、いただき!です。

【2011/02/16 06:03】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/447-a34f379d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)