旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



GPSとハサミは・・・

 西笠山へのログ


カシミールにログを落とし込みあれこれやってたら偶然分かった事がある。落とし込んだログ上にポイント持っていき、右クリック→トラックの操作→GPS再生→開始を選択すると、ありゃりゃ、記録再生が始まる。歩いた軌跡をなぞって歩いてくれるじゃありませんか。再生速度は歩いた距離と時間によりますが、結構速めの50倍とか100倍200倍位が快適。風景の設定や対地高度を状況に応じて設定するとリアリティーが出ます。上手くいろいろ設定すればもっと臨場感が出るのしょうが、分かりません。つーか、今は居ながらログが見てる間にどんどんにょきにょきと延びてくのが楽しいだけ。

GPSは元々遭難対策装備と考えて購入したので現場重視。目的地に辿り着きそして無事に帰る。その為に必要な何通りしか使い方は知らなかったし覚えもしなかった。それで目的は果たされてきてたんだから、それはそれでいいんだけど。だけどPCとのやりとりも入り込むと結構面白い。そして自分が知らないことってすごくたくさんあるんだね。6年も使っててこれかよーって感じ。買った値段の半分も使ってないよな(意味不明)。北ちゃん(だれ)にもっとしっかり習っておけば良かった。宝の持ち腐れ、ネコに小判、馬の耳に念仏ってやつ、電池入ったまんまぐっちゃぐちゃってことにならんように気をつけよう^_^;。小学校入った子が卒業するまでの6年間に覚える知識の量ってのは、それからすると天文学的だなぁなどと変に感心。。。。してる場合じゃないか(ToT)/~~~。


話は変わり、人生という旅にGPSってないものだろうか
そうなりたいという目的地にルート作っておけばしぜ~んに行ける
目的地までの途中に不測の事態を楽しみたければ、ポイントだけ入れとくとか…
ある訳きゃないよね。それじゃわくわく感なくなるよなぁ、精進精進(-_-;)
でも50過ぎた今は欲しいと思ってたりしてー^_^;

登山の真のGPS、それってもしかしたら「神」ってものなのかもしれない
雪山で疲労困憊、疲れ果ててやっとやっとの思いで山頂直下に到ったその時
たまに感じる、ことばでは言い表せない、あの表現のしようのない神々しさ
あれは、よ~来たね~、疲れたろう~と、神様がご褒美に微笑んでくれてるのかもしれない
そんな、アナログの世界が本来の山歩きなんだよ






夜9時以降に家に帰ると、うちのカミさんには
「あんたまさか今からご飯食べんよねー」と微妙な笑みを浮かべながら言われます。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/43-f4845515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)