旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



冬山通信2011Ⅱ - 元さんの同窓会的山行/白木峰(1596m)

白木峰875m地点-101219
                                  白木峰、標高875m地点にて (2010.12.19)

元ちゃん主宰の「同窓会的山行」・・・兼今季のハレルヤ始動となる山歩きが、2年振りに白木峰周辺で行われました。青空駐車でガラスバリバリの車走らせまずは第一集合地黒部ICへ。後、魚津で初参加mくんを乗せ、集合地八尾へ。そこからさらに今回のアプローチの最終地つまり登山開始となる杉ヶ平キャンプ場管理棟へ車連ね皆で向かった。冷え込んだ早朝のまだらアイスバーンに+ガードレールの無いダム湖を縫っての早朝・夕刻の走行は、冬タイヤ履いてるとは言え運転今期初に近く、ハンドル握ってても横に座っててもビビりっぱなしだった(笑)
 集合地-101219 駐車地-101219 駐車地の風景-101219
         八尾、集合地           杉ヶ平駐車地           P地点の景色

今山行は「旧交を温める」が一番の趣旨であり「新しい出会い」を楽しもうが目的ですので、できるだけ上は目指すものの、ピークハントに拘るものではありませんでした。
 出発の頃-101219 林道をゆく-101219 ちょっと一服-101219
        出発(標高660m)       X'masツリーみたい       一服入れる(820m)
                    僕のクリスマスはこれにて終了だ

粛々あれやこれや会話楽しみながら進み、トップの写真の所で、当初よりそこまでという酒呑老子ご夫妻が戻られるので、先行部隊が沸かしてくれてたコーヒーを何処からとも出てきたビスケットで楽しんだ。朝の山の澄んだ空気と共に、ん~まいう~。 と、Mmコンビがスキーで上がって来られ先行して行かれた。軽いが急坂、ラッセルありがとうございました。25分程の休憩の後、酒呑老子ご夫妻に見えなくなるまで見送っていただき、次の林道まで標高差300mの急登に僕らも取りついた。
 林道に出る,標高1170m-101219 Mm別動隊-101219 激ラッセル始まる-101219
 標高差300m詰め1170m地点    Mmスキー別動隊(1330m)  激ラッセル後激ラッセル(1430m)
                                        初参戦のm君とワンちゃん

一息登り切り、さらに進みますが、風避けれる場所がないので、戻り食事することに。
 白木峰、リターン地点-101219 リターンする-101219 林道テラス1430mにて-101219
     リターン地点(1504m)    振り向けばこれまた絶景    林道テラス(1430m地点)

さらに100mの急斜面、時折ズボッと深みにはまりそうになりながら下がり・・・n子さん一時首まではまったらしい(怖)・・・雪の即席テーブル囲み80分食事タイム楽しむ。またまた皆さんにゴチになりました、ありがとうございました。そしてy子&刺激ちゃんの指導の下食後の運動で体覚醒させ、下がる。この時期陽は短い。影法師もすぐに長くなります。良い子は早めに帰りましょ。
         食後の運動-101219   仲良く帰りましょ-101219
  食事休憩の時、h恵ちゃんn子さんお手製のかぶら寿し頂いた、
  どちらも甲乙つけ難き美味さ、いずれ劣らぬ逸品だった。

余裕持って下山し、hシェフのティラミス楽しむ。そしてお別れの挨拶をし、解散。 
          ティラミス-101219 yamanoutaさんティラミス食す-101219

今、同窓会的山行、元ちゃん夫妻始めハレルヤの面々に酒呑老子さん、そして花じいとは久し振りにゆっくり話せたし、酒呑老子氏夫人y子さんとは久し振りに山を歩いた。もっと久し振りの方がおられれば初めて山をご一緒した方もおられた。が、この岳人たちの山への情熱熱く協調性も高く、老若男女の気持ちはまとまっていた様に思う(…老はいないか)。

そして師走としては異例な位天気に恵まれ、シーズン始めまだ落ち着きを見せていない軽い雪は上部では木々やササと共同作業で落とし穴をあちこちに形成しており、難儀するシーンもあったものの、それ以上にその存在を忘れる位取分け軽いさらっさらの粉雪を踏みながらの山歩きは文句なく楽しかった。参加されたみなさん、そして世話してくださった元ちゃん、ありがとうございました。

今回は登行時の写真少なく、様子は参加された方々のHPやブログでどうぞ。
 ♪ 元さんの山歩き
 ♪ yamanoutaの日記
 ♪ 山沿いは一時晴れ・・・ワンちゃん
 ♪ 如月の詩・・・スキー別動隊M師匠


○ 標高値はmy GPSより



この記事に対するコメント

う~楽しそう。行きたかったな~。

まーちゃんと伸ちゃんが並んでるの、かわいいですね。
刺激ちゃんはまたもや発光してますね。
すごい…。
後ろに隠れてるのはだ~れ?と思ったらhシェフww
 
【2010/12/20 00:42】 URL | nozomirre #- [ 編集]


♪nozomirre
元ちゃん主宰今回の山行、趣旨通り、みんながみんな、
ちょっとまどろんだゆったり感感じる集合写真だねぇ(^^♪
↑ってこれから急登が始まるんだけれどね^^;
まーちゃんスノーシュー忘れさすが難儀、伸ちゃんのかんじき途中から借り、その直後激ラッセル!
すごかったぜ。様子はこれからおいおい(オイオイ!)アップしますね(笑)
nozomirreも来ればいかったんに~ 

【2010/12/20 05:12】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


同窓会的山行、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
もっとゆっくりと話がしたかったと、冬の日の短さをうらめしくも思いましたが
後ろ髪引かれるくらいのほうが丁度なのかもしれないですね。
今回、若くて活きのいい人たちが、その勢いゆえ少し体を痛めてましたが
しゅんちゃんの言うとおり長く山を楽しめる体作りって大切ですね!

Nみちゃんがこれなかったのが残念でしたぁ。刺激ちゃん、またまた発光してましたが
バンダナに”寿”の文字、切り抜いておけばお祝いのりんごみたいになること請け合い!御目出度いかも!!
(なんてゴメンナサイ~)
【2010/12/21 23:09】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
そうですね、同窓会的山行、冬の落日のごときで、あっと言う間だったね~
若い人達、早くに致命的にならない様、体回復させ大事にしてほしいです。

まぁともあれ、今山行、凝縮された楽しさに魅力あり!だね、
また、たまちゃん共々、遊びましょ (^^♪

【2010/12/22 05:45】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/423-9f791785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)