旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



秋山通信2010Ⅶ - 黒部下ノ廊下・前編
 
 黒部・紅葉-101024
                                         内蔵助出合いにて

9年振りに、黒部下ノ廊下歩いてきた。長野側扇沢から入り黒部ダムへ。ダム底でダム見上げスタート。同行者は、はっぱさんと仙人池のばあちゃんの孫のマサヒロくん。今日は、黒部ダムから阿曾原温泉小屋着の頃までの様子の紹介です。

 ダム底-101024 紅葉①-101024  紅葉②-101024
              ダム底        歩き始めて程なく    黒部別山谷が近づいてきた
                    黒部峡谷・紅葉ショーが始まる

 道①-101024 道②-101024 道③-101024
  所々、かなり大きく高巻く。高度感・緊張感の連続。同時にこれを付けた苦労を思う。

  道⑤-101024   道④-101024   一輪差し的紅葉-101024
   緊張感ある道がこれでもかと続くが、一輪差し的紅葉にふっと癒される

         今日の昼メシ-101024    十字峡にて-101024 
    今日のお昼は、幕の内弁当(by セブンイレブン)
                             そして、十字峡に着き、一息入れた。

再び、足元に細心の注意を払い峡谷美楽しみながら、仙人ダム通過し、阿曾原温泉小屋に到着。
 峡谷の様子-101024 仙人ダムに至る-101024 阿曾原で憩う-101024
              S字峡             仙人ダム        山岳ガイド諸氏と

テント張り、小屋のご主人佐々木氏の好意により、小屋の中で放心状態的に寛ぐことに。そしてお客さん案内して来られてた居合わせた山岳ガイドのみなさんと、まずはぐびっと。あーうめーだ。懇親の輪・和は広がり、楽しいひとときだった。

着いた時小降りだった雨は、酒盛りの勢いある声をもかき消すかの様に、本降りに変わっていった。と言っても山のこと。午後9時前にはシュラフにもぐり込み、と、同時に僕は高いびきだったらしい。



黒部下ノ廊下、参考映像 




 ・・・つづく




この記事に対するコメント

秋山満喫ですね。
羨ましい~~~
後編期待です♪
【2010/10/26 09:25】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪yamanoutaさん
歩ける事行ける事に感謝感謝
行ける時に歩くようにしてます。
今年の秋山、余は満足じゃで~す(^^)

雪降ったら立山へ初滑りといきましょう。

【2010/10/26 12:53】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


こんな恐いところに限って、下を絶対見たらだめ、と思いながらもつい見ちゃうんでしょうね。自分はどっちかというと高所恐怖系で、北又の橋なんか股の下が、ス~~、って感じなんですけど。(もちろん縮み上がっちゃって、”下見ればぁ~見るほど~頭の垂れるししとうかな”です。)でもそんなの比較にならないでしょうね。ししとうどころか、読んで字のごとく”チン没”です。
【2010/10/26 21:12】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
いやいや元U高山岳部ならば、恐るるに足らず、ノープロブレムでしょう、
ただ、走ってもだめ、たじろいでばかりでもだめ、淡々と、しかない世界ですね。
下はたまに見ましたが、高度感は阿曾原から下の方があります、
難度の種類が違います。いっぺんどうぞです(^^ゞ

【2010/10/27 00:53】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/395-40fa14c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)