旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



秋山通信2010Ⅰ-白馬鑓温泉②

テン場撤収の頃-1009
             テン場撤収の頃  設営・撤収時は風雨の影響がないと助かる捗る^^

過ぎてみれば時の経つのは、速い。歳を重ねるごとに速く感じるから不思議ですね、
ご来光付天然かけ流し露天風呂楽しみ、朝メシ済ませ、帰り支度し下山に入ります。

                   ご来光-1009 
                                ご来光
          火打山~妙高山~高妻山~戸隠山の峰々が連なって見えた
            手前中央やや左が、小日向山(おびなたやま・1907m)

ゆっくりな僕らの朝メシ中に、小屋泊まりのパーティーの方々がどんどん出立して行かれた。比較的高年齢とお見受けしたが、遠方から来ておられる事もあってなのか、モチベーション・登行意欲は総じて高い。「みんな気合い入っとるなー」と、ボーッとしながらそう思い、見送った。
 正面受付付近-1009 出立パーティー-1009 白馬鑓温泉全景-1009 

僕たちも出立です。食料と酒類で僕のザックは7~8㎏軽くなった
 ガレ場-1009 崩壊地-1009 小日向のコル目指し-1009
登って来た時はほとんど辺り見えなかったが、帰りは視界良好、前半は陽射しまであった。ガレ場・崩壊地をトラバースぎみに進み、最後の大きな尾根を一つ廻り込むと、小日向山とその手前にこれから通過して行く小日向のコル(標高1825m)が見えた。とびっきり冷たいうんまい水場で一本立て、コルに登りつめた。

コルを過ぎると浮石に注意しながら下がる。山歩きは「登り体力下り技術」とは良くいうことばだが、この下り全く文字通り。足さばき(石さばき)力 試される難度の比較的高い登山道だった。荷が軽くなったとは言えまだ14,5kgはある。その事考え合わせゆっくりめに下がる。そして、急坂こなしてから後は、傾斜は緩いのだが距離が長が~い。時間はそんなに経過してないが、ヤんなってどの位歩いただろうか・・・尾根が細くなって来たので林道までそう遠くない事分かるんだけど、これがなかなか着かない。まだかよー、そう思いながら歩いてるとバジリからの林道にひょっこり出た。おっとーやっと着いたぜって感じ。 積雪期スキーだとあっと言う間に滑り下りてるのにね。
 林道に帰る-1009

程なく猿倉に帰還。最寄りの白馬八方温泉おびなたの湯で汗流しさっぱりし、帰路についた。


今山行での食事たち ・・・野菜中心としたものの、油もんばっかで、反省。
 食事1-1009 食事2-1009 食事3-1009
 食事4-1009 食事5-1009 食事6-1009
 食事8-1009

無雪期ルート(夏道)とスキールート比較 ※ my GPSより
スキーと夏道の比較-1009


こうして、今年も秋山が始まった。歩けることに、そして、仲間と家族に感謝し、気をつけて山に入ろうと思う。尚、山岳雑誌は季節柄、紅葉と温泉の特集の多い頃です。どうやら山渓PEAKSの10月号にもこの白馬鑓温泉が紹介されている様です。興味のある方はご覧になって見てはいかがでしょう。


・・・おわり




この記事に対するコメント
あっというまに!
自分も無雪期の下りは嫌いです!
滑ればあっという間だし、ぐらぐらな膝への負担も少ないです。
ありえない話ですが、夏山で降りはスキーが最高です!
【2010/09/20 21:12】 URL | 太田雪舞 #puV7Bxxc [ 編集]


♪太田雪舞さん
通い慣れた山道ならロングでもポイントポイント押さえてて、単調で同じよな下りもそれなりにモチベーション保ちながら下がれるものですが、地図上でしかイメージできておらず加えて眺望効かない今回の様な道だと、我慢我慢ただただケガしないよに我慢ですね。 そうですね、一発事故のリスクはあるもののスキーは夏道に比べれば膝への負担少なく、オラのよに下手っぴスキーヤーでも、雪のある時がなつかしかったで~す^^

【2010/09/21 05:55】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


しゅんちゃん 楽しんでますねー
 いつもながら画像が綺麗!
「ご来光」デスクの背景に戴いていきます。ぺこ
飽きる頃に、またいい奴お願いいたします。

同じ頃 
 竜王東尾根・大日岳縦走をやってました。
牛首辺りの崩壊凄いことになってますねー
雨でも降ったら非常に危険な状態でした。
あれじゃー小屋の運営しばらく大変だわー
登山道直してあげて! 
【2010/09/21 06:27】 URL | あらちゃん #3fIBvpkA [ 編集]


♪あらちゃん
だらだら書き綴ったブログ見ていただいてる上に、ちっちゃいカメラで撮ってる拙い写真まで褒めていただき、ありがとうございます。 同じ頃、竜王東尾根・大日縦走でしたか~ 変わらずパワーありますね~ さすがです。牛首辺りの崩壊、そんなにすごいんや。登山道整備・安全確保はgappaさん(誰)にお願いしましょう(笑)  あっ、ふかふかパウダースキーにまたお連れ下さ~い。

【2010/09/21 06:43】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


ゆったり温泉につかって・・・目からウロコ的、こんなしゃれた山旅もあるんですね!
これからはこんな感じの山登りもしていきたいな、と思いました。
【2010/09/21 07:16】 URL | hシェフ #- [ 編集]

湯治山行すてきです。
重~いテントと食料担いで温泉で2泊…シュンちゃんならではのアイディアですね!
ミニ池ノ谷ガリーって杓子沢横断地点ですか?
いろんな人のブログで崩壊の状態見てましたが、myGPSより、のルート見るとスキーのルートが安全そうに見えます。(実際そんな怖くなかったです)
夏道は地図を見ても危険そう…
実際はどんな感じか見たことないのでわかりませんが夏道も行ってみたいです。
まずはブログで楽しませていただきありがとうございます!
【2010/09/21 08:58】 URL | hoochie #2VTvj2FE [ 編集]


♪hシェフ
山歩きにも・・・ん~ いろいろ、いろいろあるね~
テント+食料担いでだと、まあまあ歩けるし、安上がり。
着けばあそこには、癒しワールドが広がってますよ~ !(^^)!

♪hoochieさん
ある程度負荷かけて歩きたいし、だども、ゆっくりもした~い。そんな処からの発想。天気も雨で味方してくれて思い通りに、なんて^^; ミニ池ノ谷ガリーって、そうそう、杓子沢横断地点です。僕らの後に到着されたご婦人はガラガラ~っと谷にもってかれそうになったと言っておられました。あそこはモチ!残雪期ルート、雪上の方が、ただ歩くだけでも楽ですね。 でも、夏道も歩いてみんにゃーです。



【2010/09/21 20:40】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

温泉登山いいですねー♪
お久しぶりです。
登山の後の温泉は最高ですが、温泉の為の登山も良いですねー!
うらやましいです!!!
自分は同じ頃五色が原山荘の湯船争奪戦で四苦八苦していました、、、
次は温泉目当てにしてみましょうかね~!!
【2010/09/22 19:51】 URL | 滋賀の陽三 #- [ 編集]


♪滋賀の陽三さん
お元気ですか~
今回の相棒は見られた通り、陽三さんにお会いした剱の時と同んなじタク先輩でした。
そうですか、同じ頃、五色の小屋で湯船争奪戦でしたか、そりゃー大変でしたね、
僕は露天風呂の解放感に、思わず泳いで遊びましたよv-31
っで、今回はどのようなコース採りだったのでしょう、またお聞かせください。
さて、歩いて来た者にしか味わえない秘境の温泉でまったり、たまにはいいですね~
これからの紅葉シーズンは特にですね。 ともあれ、お互い懲りずに山に入りましょう^^

【2010/09/23 05:25】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

僕も行って来ました
僕も白馬鑓温泉に行って来ました。
ビール大、と入浴料払うと1100円。
風呂は適温なのに腹の中は冷たくぶっ倒れそうでした。
でも、良い天気で最高でした。
近々にHP報告します。

今度は念願の朝日岳行きたいです。
楽しみが一杯とか・・・。
【2010/09/27 15:55】 URL | トヨ #9t6TQUUo [ 編集]


♪トヨさん
そうですか、出かけられましたか、白馬鑓温泉
好天の下での大露天風呂にビール、ん~もう最高ですね
山行録アップ楽しみにしてまーす^^
朝日岳、朝日小屋すばらしいところです。ぜひ!お出かけください。

【2010/09/28 07:04】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/382-dccbe816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)