旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



秋山通信2010Ⅰ-白馬鑓温泉①

夜明けの白馬鑓温泉
                                          夜明けの白馬鑓温泉
                 ご来光直前、大自然の目覚めを感じながら  すばらしかった

暑く長かった記録的な夏がようやく終わり、白馬鑓温泉に出かけた。秋山の始まりだ。同行は高校の2年先輩タクちゃん。猿倉(標高1250m)を終始点に時計回りに白馬三山を周遊しようと言うのが当初の計画だったのですが、天気に恵まれず・・・を強い味方に・・・に後押しされ・・・はたまた未必の故意が成立するのかも(笑)・・・つまり理由づけにして、中年コンビ・白馬鑓温泉2泊(テン泊)という、超癒しのまったり山旅となったのであります(おいおい)。今山行の様子2回に分けて紹介です。

白馬エリアはどちらかと言えば最近スキー山行が多く、白馬鑓温泉にも去年のGWに日帰りで訪れている。が、この鑓温泉への夏道を歩いたのは初めてだったので新鮮でした。上山日はしっかりめの雨。上下雨具を着け静かに登ります。印象としては出足ハイキング道、後、中っ位の浮石も多くそして崩壊地に大きなガレのデブリ通過点も現れる。登るに連れ疲れも手伝い、難易度は精神的な意味合いからも尻上がり。総じて言うと、予想してたより、玄人ぽい登山道だった。
 歩き始めの登山道の様子  小日向のコルに着いた  この先崩壊地の様子
     最初の登山道の様子       小日向のコルに到着     先の崩壊地目にしあ然
                                        えーっ、あこ歩くが~って印象 
                                          ミニ池の谷ガリーって感じ
                     白馬鑓温泉に到着~ 
                      白馬鑓温泉(標高2100m)着
                      すんごい湯量が目に入った

 宿設営完了  さっそく露天風呂へ  あ~極楽ごくらく
   オラたちの宿、設営完了      さっそく露天風呂へ~       あー極楽ごくらくー
   雪の無いときはこうなっとるんやーと興味津々、僕だけキョロキョロ・キトキトだった

今回はテン泊山行。小屋泊には小屋泊のメリット・楽しみ・出会いがありますが、大自然の感覚ダイレクトにより感じれるテント泊という過ごし方を選択した。テン場と小屋(=温泉)は隣接、というか小屋にテン場併設というスタイル、一体化している。テン泊装備に食料・酒と、登りは特に重たかったが、がんばれば、そこはテン場代500円+風呂代300円、〆て1日800円也。2泊3日居て1,600円(誰でもすぐ計算できる)も嬉しい。加えてそこは正に極上な湯治場でもあるから、24時間天然かけ流しの温泉にぶくぶくし放題だ。 また小屋の軒先が広く、雨宿り・自炊エリアが広がっており、「テントですが使っていいのでしょうか」と聞くと、即答快くOK。サンダルまでご自由にとおっしゃりそのことばに甘えた。柔らかく気持ちの良いスタッフに感謝し、ゆったり使わせていただいた。
           小屋の軒先  くつろぐ         
             屋根付きの広いスペース    今回のリビングダイニング   
      夕食-100916             温泉で燗
             5食の内の一品              どこもここも温泉。酒の燗はた易い
                                     逆にビールを冷やす処がな~い

黙々と雨ん中結構な山道歩き、雲上の極楽とも言える温泉(宿)で、とても気持ち良くゆっくり過ごすことができた。漆黒の闇の中、星空眺めながら露天風呂での長湯。ことば不要。静かに時が流れた。タクちゃんとも久しぶりにいろいろな話しができた。


・・・つづく




この記事に対するコメント

こんにちは、朝日ではお世話になりました。
ご無沙汰しております。
私も8月の後半に白馬を目指しましたが、健康状態の悪化により直前にまさかのリタイア・・・。
本当に残念でした…。人生初リタイアです(笑)
今年の猛暑にやられたようで
1人ガタゴト大糸線に揺られて帰って病院送りとなりました。
俊さんのブログを拝読して、そんな8月を懐かしくおもいだしました。
また山いきませう!




【2010/09/19 20:26】 URL | naho #- [ 編集]


♪nahoちゃん
 えええええーーーっ
 nahoちゃんが白馬でリタイヤ~
 その上に、京都帰って病院送りーー
 信じれん、です。
 ともあれまた、山行きましょう~

【2010/09/19 21:09】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/381-44c0d6ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)